アラビアヒヨドリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アラビアヒヨドリ
アラビアヒヨドリ
アラビアヒヨドリ Pycnonotus xanthopygos
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: ヒヨドリ科 Pycnonotidae
: シロガシラ属 Pycnonotus
: アラビアヒヨドリ P. xanthopygos
学名
Pycnonotus xanthopygos
(Hemprich & Ehrenberg, 1833)
和名
アラビアヒヨドリ
英名
White-spectacled Bulbul

アラビアヒヨドリ(アラビア鵯、Pycnonotus xanthopygos)は、スズメ目ヒヨドリ科に属するスズメより少し大きい小型の鳥類。英名ではメグロヒヨドリ (Pycnonotus goiavier) と同じ Yellow-vented Bulbul の別名でも知られる[1]

形態[編集]

全長19cm[2](19-21cm)、翼開長26–31cm、体重31-43g[2]。雌雄同色。上面は灰褐色で、頭部が暗黒色。眼の周りに白いアイリングがある。下面は淡灰色で、下腹から下尾筒が淡黄色である。尾は長めで暗褐色。幼鳥は頭部が褐色で成鳥よりアイリングは不明瞭。

分布[編集]

イスラエルやレバノンではヒヨドリ科で最も一般的な種である。トルコでは、主に地中海沿岸地域に生息するが、その範囲は西のカシュ (Kaş) に近い パタラ 、ゲレミシュ(Gelemiş) から東のターコルー (Türkoğlu) まで広がる[3]。繁殖個体群は、トルコ中南部からシリア、レバノン、ヨルダン西部、パレスチナ、シナイ半島およびアラビア半島の中南部まで見られる[2]

生態[編集]

果物農園、都市の庭などに留鳥として生息する。

巣は、細い小枝、草の茎、葉、苔による小さな碗形で、通常低木に造られ、細く刻まれた樹皮や細かい根で裏打ちされる。

Pycnonotus xanthopygos

寿命は8年とされる[2]

参考文献[編集]

  1. ^ R. F. Porter, S. Christensen, P. Schiermacker-Hansen, Birds of the Middle East (Princeton Field Guides) (Paperback, 2004) pp. 146-147, 356.
  2. ^ a b c d White-spectacled Bulbul - Pycnonotus xanthopygos
  3. ^ Zoology in the
  • Lars Svensson, Killian Mullarney, Dan Zetterstrom, Collins Bird Guide 2nd Edition (Paperback, 2010) p. 358. ISBN 978-0-00-726814-6.

外部リンク[編集]