アラバマ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アラバマ川
Alabama River.jpg
モンゴメリーにて。2004年
延長 512 km
水源 タラプーサ川とクーサ川の合流部
河口・合流先 モービル川
テンプレートを表示
実質的にはひとつの河川であるモビール川、アラバマ川、クーサ川は、大きな川と合流するごとにその名を変える

アラバマ川: Alabama River)は、アメリカ合衆国アラバマ州にある川。モンゴメリーの北約10kmで、タラプーサ川とクーサ川が合流して生まれる[1]

セルマの西を通った先、モービルの北約72kmでトンビグビー川と合流し、モービル川とテンソー川となってモービル湾にそそぐ[1]

概要[編集]

アラバマ川の流路は、かなり曲がりくねっている[2]。川幅は50mから180m、水深は1mから12mのあいだで開きがある。全長はアメリカ地質調査所の測量で512.6km[3]、蒸気船による測量では680km[要出典]

アラバマ州の最も豊かな穀倉地帯と森林を流れる。鉄道が、この地域と州北中部の鉱山地帯を連絡している。

主な支流にはクーサ川とタラプーサ川のほかに、セルマの下流約10kmで合流する、全長312km[3]のカハバ川がある。クーサ川はアラバマ州の鉱山地帯を流れる川で、喫水の浅い船ではジョージア州ロームからウェタンプカの上流約188km地点(ロームの下流約164km、グリーンズポートの下流42km)までと、ウェタンプカからタラプーサ川との合流点まで航行できる。連邦政府によって、川床はかなり改善された。

ジョージア州ポールディング郡に水源がある、全長426km[3]のタラプーサ川は、クーサ川との合流点の数キロ北のタラッシーに高さ18mの滝と砂州があるため、航行できない。アラバマ川は年間を通して航行できる。

19世紀、アラバマ川は物流の大動脈として、この地方の経済発展に重要な役割を果たした。現在も川を利用した農産物の輸送は行われているが、道路や鉄道の建設でかつてに比べれば重要性を失っている。

1712年にアラバマ川、クーサ川、タラプーサ川が発見された当時は、クリーク族のなわばりの中心地であったが、1830年代にインディアン居留地に強制移住された。

モンゴメリーからモービル川にかけてのアラバマ川で、ダムは3箇所ある。236.2マイル地点のロバート・F・ヘンリー・ダムと、133.0マイル地点のミラーズ・フェリー・ダム、72.5マイル地点のクレイボーン・ダムである[4]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b http://www.britannica.com/EBchecked/topic/11995/Alabama-River
  2. ^ http://www.caria.org/navigation.html
  3. ^ a b c U.S. Geological Survey. National Hydrography Dataset high-resolution flowline data. The National Map, accessed April 27, 2011
  4. ^ Courtesy U.S. Army Corps of Engineers Mobile District

外部リンク[編集]

座標: 北緯31度8分11秒 西経87度56分39秒 / 北緯31.13639度 西経87.94417度 / 31.13639; -87.94417