アラスカの拳銃使い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アラスカの拳銃使い』(原題:The Shooting Of Dan McGoo)は、アメリカ合衆国の映画会社メトロ・ゴールドウィン・メイヤー (MGM) 社に所属していたアニメーターのテックス・アヴェリーによる作品のひとつ。公開は1945年4月14日。

スタッフ[編集]

内容[編集]

極寒の地で、米国最後のフロンティアであるアラスカのある町は無政府状態で、ガンマン達が撃ち合いを繰り返し、日々人口が減少していた。その町の、ある酒場に荒くれ者のオオカミが現われ文字どおりの狼藉をはたらき、酒場で歌う美女にちょっかいを出す。そこで酒場に居合わせたドルーピーとの決闘となる。

登場するキャラクター[編集]

ドルーピー
今回はガンマン役。原作ではダン・マグー(Dan McGoo)という犬を連想させる名前。
オオカミ
つかまるのはごめん(Dumb Hounded)」に登場してきたオオカミに似た悪役。残酷で、女好きである。また、かなりの下戸でもある。
美女
初期のドルーピー作品でたびたび登場する歌手。第二次世界大戦中の世相を反映してか、戦場を慰問するような歌詞になっている。

DVD[編集]

残酷なシーンが目立つため、TBS系『トムとジェリー』や『新トムとジェリー』の真ん中では放送されず、再放送等が難しい作品の一つと思われたが、タイムワーナーエンタテイメントジャパンからDVD「ドルーピー 迷探偵ドルーピーの大追跡編」が発売され、収録作品の一つとなっている。「トムとジェリー通常版DVDの3」にも特典として収録。