アラゴーの円板

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
物理学
ウィキポータル 物理学
執筆依頼加筆依頼
物理学
カテゴリ
物理学 - (画像
ウィキプロジェクト 物理学

アラゴーの円板(アラゴーのえんばん)とは、物理学者フランソワ・アラゴーが1824年に発見した、磁石と非磁性物質の金属板(アルミ等)との間に起きる現象である。

円形の磁石と円形の金属板が隣接してならんでいて、磁石が回転すると、金属板も磁気を帯びていないにもかかわらず、磁石と同方向に回転するというもの。

原理[編集]

磁石が回転すると、電磁誘導により金属板の中に渦電流が生じ、それが磁石と作用し合い電磁推進によって回転する。

滑り[編集]

磁石の回転速度を同期速度Nsといい、同期速度と金属板の回転速度 N (rpm) との差を相対速度という。相対速度は金属板からみた磁石の回転速度でもある。相対速度と同期速度との比を滑りという。量記号はs。

  • s = \frac{N_s - N}{N_s}

滑りが0に近づくと、金属板の渦電流が小さくなりトルクも小さくなる。

用途[編集]

磁石を実際に回転させるのではなく、電気的に磁場を回転させて利用するものが多い。

など。

関連項目[編集]