アラオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Insert image here.svg
艦歴
建造者 韓進重工業 影島造船所
運用者 Flag of South Korea.svg海洋研究院 極地研究所
就役 2009年11月6日
主要諸元
艦種 砕氷船
排水量 6,950t
全長 109,5m
全幅 19.0m
深さ 9.9m
機関 アジマススラスター × 2基(10,000kW
トンネルスラスター × 2基(2,400kW)
発電機 × 4基(13,600kW)
速力 最大速 16ノット
航続距離 3万7000キロメートル(70
乗員 85名(うち研究員60名)
兵装 無し
艦載機 深海探査艇ヘミレ(海未来)」、ヘリコプター
飛行甲板 ヘリコプターの着艦可能
その他 深海探査艇
砕氷速度: 氷の厚さ1メートルで5.5キロメートル毎時
テンプレートを表示

アラオン朝鮮語아라온 , Araon)は、大韓民国砕氷研究船極地調査船韓国極地研究所が運用する。

「アラ」は「」、「オン」は「全て」を意味し、「アラオン」は「全ての海」を意味する。

南極大陸沖のキングジョージ島にある韓国の南極基地世宗基地(セジョンきち)との物資輸送用に使われる。そのほか、極地の科学調査や資源探査、北極航路の開発などが構想されている。

建造事業は2003年から開始。設計は韓国海洋研究院・極地研究所・サムスン重工業STX造船韓国海事技術が、建造は釜山港にある韓進重工業影島造船所が行い、2009年に完成した。総建造費は1,040億ウォン[1]

船歴[編集]

「アラオン」は、船体が韓進重工業影島造船所で建造され、2009年11月6日に仁川にて海洋研究院極地研究所に引渡され、命名式が挙行された。

この先の予定として、2009年12月19日に南極に向かい、砕氷能力試験と第2基地候補地の調査を行い、2010年3月12日に仁川に帰港する予定[2]

脚注[編集]