アライドテレシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アライドテレシス株式会社
Allied Telesis K.K.
Allied Telesis HQ.JPG
本社が所在する第2TOCビル
種類 株式会社
略称 ATKK
本社所在地

日本の旗 日本
郵便番号:141-0031
東京都品川区西五反田7-21-11

第2TOCビル
設立 2004年平成16年)7月1日
事業内容 ネットワーク機器の企画・販売及び保守
代表者 代表取締役社長 大嶋章禎(たかよし)[1]
資本金 19億8700万円 (2011年12月31日現在)
従業員数 718名 (2011年12月31日現在)
決算期 12月末日
主要株主 アライドテレシスホールディングス(株) 100%
外部リンク http://www.allied-telesis.co.jp/
テンプレートを表示

アライドテレシス株式会社は、グループ全てを統括する純粋持株会社アライドテレシスホールディングス株式会社の設立に伴い、2004年平成16年)7月1日、日本国内向け販売・サービスを主要事業に設立されたアライドテレシスホールディングスの国内事業子会社である。本社は持株会社と同じ東京都品川区に置く。

概要[編集]

  • 事業内容は、ネットワーク機器の企画、販売、施工、保守、運用サービス事業である。
  • アライドテレシスグループが開発、製造、又はOEM供給を受けているハードウェア製品には、SwitchBlade、CentreCOM(センターコム)というブランド名、ソフトウェア製品には、CentreNet(センターネット)というブランド名で販売されている。
  • 自社製品の初期ログイン・パスワードは、ユーザー名:manager(マネージャー)、パスワード:friend(フレンド)に統一されている。[要出典]

沿革[編集]

  • 2004年(平成16年)7月 - 現アライドテレシス株式会社設立
  • 2004年(平成16年)11月 - Aethra社テレビ会議システムの取扱開始、四国営業所(現四国支社)開設
  • 2004年(平成16年)12月 - アラクサラネットワークスと業務提携
  • 2005年(平成17年)3月 - 西関東営業所(現西関東支社)開設
  • 2007年(平成19年)9月 - L3スイッチ X900シリーズをリリース
  • 2008年(平成20年)5月 - Extricomと販売代理店契約を締結
  • 2009年(平成21年)1月 - アライドテレシスネットワークス株式会社を吸収合併
  • 2009年(平成21年)7月 - 株式会社コレガを吸収合併
  • 2009年(平成21年)10月 - 大分営業所、岐阜営業所を開設
  • 2010年(平成22年)2月 - 茨城営業所を開設

事業所[編集]

支社
北海道支社、東北支社、北関東支社、西関東支社、北陸支社、名古屋支社、関西支社、中国支社、四国支社、九州支社
営業所
豊田営業所、岐阜営業所、大分営業所、沖縄営業所、熊本営業所
ロジスティックセンター
藤沢事業所、商品センター、サービスステーション
サポート&サービスセンター
横浜カスタマー・センター

製品[編集]

L3/L2スイッチ、ルーター、無線LAN、SSL-VPN
SwitchBlade シャーシ型スイッチ
製品:SwitchBlade x8100、7800R、7800S、5400S、6700S、6600S、6300S、4000、x3100
一部は業務提携先のアラクサラネットワークスからOEM供給を受け、アライドテレシスブランドで販売しているシャーシ型L3スイッチ。
4000、x8100、x3100シリーズのみアライドテレシスグループ開発/製造製品
SwitchBlade x908(ボックス型ギガビット対応L3スイッチ)
製品:AT-SBx908(保守バンドル製品:AT-SBx908-Z1、AT-SBx908-Z3、AT-SBx908-Z5 ※末尾Zの後の数字が年数を示す)
ボックス型 L3スイッチ
製品:CentreCOM x900シリーズ、x600シリーズ、9900シリーズ、8700シリーズ
ボックス型 L2スイッチ
製品:CentreCOM x200シリーズ、9400シリーズ、8400シリーズ、8300シリーズ、GSシリーズ、FSシリーズ
ブロードバンド/ISDN/VPNルーター
製品:CentreCOM AR570S、AR560S、AR550S、AR450S、AR415S、AR300 V2、AR260S V2
無線LAN
製品:TenQ AT-TQ2403、AT-TQ2403EX、AT-TQ2401、AT-TQ2450、CentreCOM WR540APS、WR540CB V2
SSL-VPN
製品:CentreCOM SSL-VPN-Plus
Extreme Networks
1次代理店として、BlackDiamond/Alpine/Summitシリーズの取扱を行う。
無線IPルーター
ルート株式会社 [2]
1次代理店として、AT-TQシリーズの取扱を行う。
無線LANスイッチ
Extricom
1次代理店として、EXSWシリーズを取扱を行う。
Firewall/UTM、IDP、SSL-VPN
Juniper Networks
取扱販売店として、SSG/IDP/SAシリーズの取扱を行う。
ネットワーク認証・検疫アプライアンス
CentreNet Swim Radius
RADIUS及びIEEE 802.1X認証を行うソフトウェア製品。SwimLog Reporterと連係させ、アカウント、ログイン情報等の管理も可能。
ソリトンシステムズ
1次代理店として、NetAttest EPSシリーズの取扱を行う。
アイビーソリューション
1次代理店として、ネットワーク認証、検疫アプライアンスのiBAQSシリーズの取扱を行う。
ネットワークマネジメントソフト、システム監視機器
CentreNetシリーズ
ICMP、SNMPでのネットワーク管理ソフトウェア。
製品:Swim Manager、Swim LogReporter、Swim AdminCentral、AlliedView NMS
アイビーシー [3]
1次代理店として、System Answerシリーズの取扱を行う。
テレビ会議システム
Aethra
取扱販売店として、Vega Pro/Maia Star/Theseusシリーズの取扱を行う。
Polycom
ポリコム社のテレビ会議システム、HDXシリーズ、RMXシリーズの取り扱いを開始(2012年)。
ワイヤリング
光ケーブル、LANケーブル、LAN配線工事
機器保護用SPD(避雷器
エスアールエス [2]
1次代理店として、エスアールエス社のコンボタイプ/19インチラックタイプのSPDを取扱を行う。
サーバー・ストレージ
IBM
IBM社のSystem x サーバー、System Storageシリーズの取り扱いを開始(2012年)。
NetApp
2次代理店として、NetApp社のNetApp FAS2000シリーズの取り扱い開始(2012年2月)。
コンシューマ向けネットワーク関連製品
コレガ

代理店及び製品取扱企業[編集]

代理店
ソフトバンクBBダイワボウ情報システム、ネットワールド、丸紅インフォテック
製品取扱企業
NEC富士通日立製作所東芝ソリューションNTT東日本NTT西日本NTTコミュニケーションズNTTデータKDDI

展示会[編集]

Allied Telesis RoadShow
2001年 - 2006年まで毎年、全国主要都市で、Allied Telesis RoadShowというソリューション展示会を開催していた。
2011年は、RoadShowに戻った。
x900 Day
2008年 - 2010年は、Allied Telesis RoadShowに代わり、全国主要都市で、x900 Dayという展示会を開催している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1982年アンガマンバス日本法人を設立し、社長に就任。1987年アライドテレシス(現アライドテレシスホールディングス)を設立した。
  2. ^ 2005年5月、株式交換によりアライドテレシスホールディングスの100%子会社になる。[1]
  3. ^ アイビーシーの創業者、代表取締役の加藤裕之は、1992年アライドテレシスへ入社し、1997年から退職する2001年まで営業部長を務めた。

外部リンク[編集]