アメリカ連合国議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカ連合国の国章

アメリカ連合国議会(アメリカれんごうこくぎかい、Congress of the Confederate States)は、南北戦争期の1861年から1865年まで存在したアメリカ連合国立法機関

連合国議会は合衆国議会と同様に、上院および下院両院制によって構成された。上院はアメリカ連合国元老院 (Confederate Senate) と称され、各州の議会により選出された代表によって構成された。また下院はアメリカ連合国代議院 (Confederate House of Representatives) と称され、各州の住民による一般投票で選出された代表により構成された。

会期[編集]

アメリカ連合国を結成した7州(サウスカロライナ州ミシシッピ州フロリダ州アラバマ州ジョージア州ルイジアナ州テキサス州)は、アラバマ州モンゴメリーにおいて臨時議会を開催し、連合国憲法の起草、ジェファーソン・デイヴィスの大統領選出、および最初のアメリカ連合国の国旗の設計を行った。

サムター要塞の戦い後の1861年4月にはヴァージニア州アーカンソー州テネシー州ノースカロライナ州ミズーリ州ケンタッキー州、およびアリゾナ準州も連合国に参加し、臨時議会の開催地を連合国の首都バージニア州リッチモンド (バージニア州)へ移した。

第1回連合国議会のための選挙は、1861年11月6日に実施された。合衆国での議会選挙は偶数年に実施されていたが、連合国では奇数年に議会選挙が実施された。第1回連合国議会は、首都リッチモンドにおいて4つの会期に分けて開催された。

1865年に連合国が崩壊したため、最終的に議会選挙は2回しか実施されなかった。また第2回連合国議会も2年の任期のうち、わずか1年しか全うすることができなかった。連合国の最後の会期は、1865年3月18日に終了した。

文書[編集]

関連文献[編集]

関連項目[編集]