アメリカ組曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アメリカ組曲(Suita) 作品98B B.190は、アントニン・ドヴォルザークが作曲した管弦楽のための組曲

概要[編集]

1892年の9月に、ドヴォルザークはニューヨーク・ナショナル音楽院を創設したジャネット・サーバーからの勧誘に応じてアメリカへ渡り、音楽院の校長に就任した。アメリカへの滞在は2年半に及んだが、同地で交響曲第9番「新世界より」や、チェロ協奏曲弦楽四重奏曲第12番「アメリカ」などの名作が誕生した。

この「アメリカ組曲」は、1894年の3月に「ピアノのための組曲」作品98として作曲されたものを、翌年の1895年の2月に管弦楽に編曲したものである。ドヴォルザークの生前には演奏されず、死後6年を経た1910年プラハで初演された。

構成[編集]

全5曲からなり、交響曲第9番と同様、アメリカ的なニュアンスが聴かれる。演奏時間は約20分。

  • 第1曲 モルト・ヴィヴァーチェ
  • 第2曲 アレグロ
  • 第3曲 モデラート(アラ・ポラッカ)
  • 第4曲 アンダンテ
  • 第5曲 アレグロ

関連作品[編集]