アメリカ合衆国食品局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
"Member of the United States Food Administration. Please Hang This Card In Your Front Window.", ca. 1917 - ca. 1919 - NARA - 512510.jpg
"Sugar means Ships...Every Spoonful -Every Sip- Means less for a Fighter.", ca. 1918 - ca. 1918.tif
"Will you help the Women of France^ Save Wheat. They are struggling against starvation and trying to feed not only... - NARA - 512574.tif
"Member of U.S. Food Administration. Food will win the war. We observe Meatless days, Wheatless days- Porkless days and - NARA - 512516.tif
"Prices charged in this store will not exceed those indicated in the most recent list of Fair Prices applicable to this - NARA - 512556.jpg

アメリカ合衆国食品局 (United States Food Administration) は、アメリカ合衆国第一次世界大戦に参戦していた間、連合国の食料備蓄の管理を担った機関である。同局の重要任務の1つは、米国市場における小麦価格の安定化であった。食品燃料管理法英語版の規定に従い、1917年8月10日の大統領令第2679-A号により設立された。

ハーバート・フーバー政権下にて食品局は食料の購入・販売のための機関として、食料管理法(Food Control Act、1917年8月10日制定)の規定に基づき、穀物公社 (Grain Corporation) を組織した。事業規模は70億ドルにのぼったが、欧州における休戦によって時代遅れとなった。ウッドロウ・ウィルソン大統領は欧州再建を支援すべく、同局の改組を進めた。同局はアメリカ救済局英語版となり、1919年2月25日に法的認可を得た(公法第274号、第65議会)。

食品局穀物公社は、1919年5月14日の大統領令第3087号によりアメリカ合衆国穀物公社 (United States Grain Corporation) となった。

参考文献[編集]

  • Frank M. Surface / Raymond L. Bland: American Food in the World War and Reconstruction Period. Operations of the Organizations Under the Direction of Herbert Hoover 1914 to 1924, Stanford, CA: Stanford University Press, 1931

外部リンク[編集]