アメリカ合衆国第80議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカ合衆国第80議会
USCapitol1956.jpg
アメリカ合衆国議会議事堂 (1956年)

期間: 1947年1月3日 – 1949年1月3日

上院議長: 空席
上院仮議長: アーサー・H・ヴァンデンバーグ
下院議長: ジョーゼフ・W・マーティン
議員: 上院議員 96名
下院議員 435名
準議員 3名
上院多数党: 共和党
下院多数党: 共和党

会期
第1会期: 1947年1月3日 – 1947年12月19日
特別会期: 1947年11月17日 – 1947年12月19日
第2会期: 1948年1月6日 – 1948年12月31日
特別会期: 1948年7月26日 – 1948年8月7日
<第79議会 第81議会>

アメリカ合衆国第80議会 (80th United States Congress) は、アメリカ合衆国連邦政府の立法部門の議会であり、上院下院から構成された。ワシントンD.C.にて1947年1月3日から1949年1月3日まで開会された。これは、ハリー・S・トルーマン大統領の任期のうち、3年目及び4年目に相当する。今回の下院の議席配分は、1940年の第16回米国国勢調査に基づく。共和党は上下両院で過半数を占めた。共和党前の議会で過半数を占めており、次の議会で過半数を奪回した。

ハリー・S・トルーマン大統領は、第80議会を「何もしない議会 (Do Nothing Congress) 」と呼んだ。議会は、フランクリン・ローズヴェルト政権時に通過した法律の多くに反対した。彼らは、トルーマンのフェア・ディール関連諸法案の大半に反対した。その一方で、企業を優遇する法案の多くを通過させた。1948年の選挙の際、トルーマンは対立候補のトマス・デューイに対してと同様に、「何もしない議会」に対しても攻撃を加えた。

主な出来事[編集]

主な立法[編集]

憲法の条項[編集]

党派概要[編集]

1947年の第80議会開会時の祈祷を行う下院付き牧師バーナード・ブラスカンプ

上院[編集]

当議会の開会時から閉会時まで、党勢に変化はなかった。

所属 政党
(色付きの欄は、多数党であることを示す)
合計
共和党 民主党 進歩党 空席
第79議会閉会時 38 57 1 96 0
開会時 51 45 0 96 0
閉会時
最終的勢力比 53.1% 46.9% 0.0%
第81議会開会時 42 54 0 96 0

下院[編集]

民主党は1議席を失った。この議席は第81議会まで空席のままであった。

所属 政党
(色付きの欄は、多数党であることを示す)
合計
共和党 民主党 労働党 進歩党 空席
第79議会閉会時 191 242 1 1 435 0
開会時 248 185 1 0 434 1
閉会時 244 184 2 430 5
最終的勢力比 56.7% 43.1% 0.2% 0.0%
第81議会開会時 171 263 1 0 435 0

指導部[編集]

[目次: 上院: 多数党(R)少数党(D)下院: 多数党(R)少数党(D) ]

上院[編集]

多数党(共和党)指導部[編集]

少数党(民主党)指導部[編集]

下院[編集]

多数党(共和党)指導部[編集]

少数党(民主党)指導部[編集]

議員[編集]

上院[編集]

上院議員の3分の1は、議会が改まる2年ごとに州規模で改選される。任期は6年。下表に掲載された議員名の前にある数字は上院における部類であり、議員の選出周期を示している。

アラバマ州

アリゾナ州

アーカンソー州

カリフォルニア州

コロラド州

コネチカット州

デラウェア州

フロリダ州

ジョージア州

アイダホ州

イリノイ州

インディアナ州

アイオワ州

カンザス州

ケンタッキー州

ルイジアナ州

メイン州

メリーランド州

マサチューセッツ州

ミシガン州

ミネソタ州

ミシシッピ州

ミズーリ州

モンタナ州

ネブラスカ州

ネバダ州

ニューハンプシャー州

ニュージャージー州

ニューメキシコ州

ニューヨーク州

ノースカロライナ州

ノースダコタ州

オハイオ州

オクラホマ州

オレゴン州

ペンシルベニア州

ロードアイランド州

サウスカロライナ州

サウスダコタ州

テネシー州

テキサス州

ユタ州

バーモント州

バージニア州

ワシントン州

ウェストバージニア州

ウィスコンシン州

ワイオミング州

第80議会開会時の下院における、各党選出の議員の割合。青が濃いほど民主党が優勢、赤が濃いほど共和党が優勢であることを示す

下院[編集]

全州規模の大選挙区から選出された下院議員の氏名の前には、「At-Large」の表示がある。また、各選挙区からから選出された議員の氏名の前には、選挙区の番号が付されている。

下院選挙区の番号は、当該選挙区の項目にリンクされている。なお、選挙区の区割りはしばしば大幅に変更されている。リンク先の項目はあくまで今日存在する選挙区についての項目であり、第80議会当時のそれではない場合がある。

アラバマ州

アリゾナ州

アーカンソー州

カリフォルニア州

コロラド州

コネチカット州

デラウェア州

フロリダ州

ジョージア州

アイダホ州

イリノイ州

インディアナ州

アイオワ州

カンザス州

ケンタッキー州

ルイジアナ州

メイン州

メリーランド州

マサチューセッツ州

ミシガン州

ミネソタ州

ミシシッピ州

ミズーリ州

モンタナ州

ネブラスカ州

ネバダ州

ニューハンプシャー州

ニュージャージー州

ニューメキシコ州

ニューヨーク州

ノースカロライナ州

ノースダコタ州

オハイオ州

オクラホマ州

オレゴン州

ペンシルベニア州

ロードアイランド州

サウスカロライナ州

サウスダコタ州

テネシー州

テキサス州

ユタ州

バーモント州

バージニア州

ワシントン州

ウェストバージニア州

ウィスコンシン州

ワイオミング州

準議員(投票権なき議員)

議員の交代[編集]

下表は、第80議会第1会期の開会以降の交代を反映している。

上院[編集]

3人が死去し、2人が引退し、1人が中間選挙で落選した。

選出州
(部)
退職者 退職理由 後継者 後継者の就任日
ミシシッピ州
第1部
セオドア・G・ビルボー (D) 1947年8月21日死去。
後継候補が当選し、任期を満了
ジョン・C・ステニス (D) 1947年11月17日就任
ルイジアナ州
第3部
ジョン・H・オーヴァートン (D) 1948年5月14日死去。
後継者が指名され、補欠選挙まで在任
ウィリアム・C・フィーゼル (D) 1948年5月18日就任
サウスダコタ州
第2部
ハーラン・J・ブッシュフィールド (R) 1948年9月27日死去。
後継者が指名され、補欠選挙まで在任
ヴェラ・ブッシュフィールド (R) 1948年10月6日就任
サウスダコタ州
第2部
ヴェラ・C・ブッシュフィールド (R) 1948年12月26日引退。
後継候補が当選し、任期を満了
カール・アール・マント (R) 1948年12月31日就任
ルイジアナ州
第3部
ウィリアム・C・フィーゼル (D) 1948年12月30日引退。
後継候補が当選し、任期を満了
ラッセル・B・ロング (D) 1948年12月31日就任
ノースカロライナ州
第2部
ウィリアム・B・アンステッド (D) 落選。1948年12月30日退任。
後継候補が当選し、任期を満了
J・メルヴィル・ブロートン (D) 中間選挙で当選。1948年12月31日就任

下院[編集]

9人が死去し、7人が引退した。

選出選挙区 退職者 退職理由 後継者 後継者の就任日
アラバマ州
第8
空席 ジョン・スパークマン上院議員選に当選した後、前議会中に引退した ロバート・E・ジョーンズ Jr. (D) 1947年1月28日就任
ウィスコンシン州
第2
空席 ロバート・K・ヘンリーは前議会中に死去した グレン・R・デーヴィス (R) 1947年4月22日就任
ワシントン州
第3
フレッド・B・ノーマン (R) 1947年4月18日死去 ラッセル・V・マック (R) 1947年6月7日就任
ペンシルベニア州
第8
チャールズ・L・ガーラック (R) 1947年5月5日死去 フランクリン・H・リクテンウォルター (R) 1947年9月9日就任
メリーランド州
第3
トマス・ダレッサンドロ Jr. (D) 1947年5月16日引退。ボルティモア市長に選出される エドワード・ガーマッツ (D) 1947年7月15日就任
ミシガン州
第11
フレッド・ブラッドリー (R) 1947年5月24日死去 チャールズ・ポッター (R) 1947年8月26日就任
テキサス州
第9
ジョーゼフ・J・マンズフィールド (D) 1947年7月12日死去 クラーク・W・トンプソン (D) 1947年8月23日就任
テキサス州
第16
R・ユーイング・トマソン (D) 1947年7月31日引退。テキサス州西部地区裁判所判事に任命される ケネス・M・リーガン (D) 1947年8月23日就任
マサチューセッツ州
第9
チャールズ・ギフォード (R) 1947年8月23日死去 ドナルド・ニコルソン (R) 1947年11月18日就任
インディアナ州
第10
レイモンド・S・スプリンガー (R) 1947年8月28日死去 ラルフ・ハーヴィー (R) 1947年11月4日就任
オハイオ州
第4
ロバート・F・ジョーンズ (R) 1947年9月2日引退。連邦通信委員会委員に就任 ウィリアム・M・マカロック (R) 1947年11月4日就任
ニューヨーク州
第14
レオ・F・レイフィール (D) 1947年9月13日引退。ニューヨーク州東部地区裁判所判事に任命される エイブラハム・J・マルター (D) 1947年11月4日就任
イリノイ州
第21
ジョージ・E・ハウエル (R) 連邦請求裁判所判事に任命された後の1947年10月5日引退 第81議会まで空席
バージニア州
第4
パトリック・H・ドルーリー (D) 1947年12月21日死去 ワトキンズ・M・アビット (D) 1948年2月17日就任
ニューヨーク州
第24
ベンジャミン・J・ラビーン (D) 1947年12月31日引退 レオ・アイザクソン (AL) 1948年2月17日就任
ケンタッキー州
第2
アール・C・クレメンツ (D) 1948年1月6日引退。ケンタッキー州知事に就任 ジョン・A・ウィテカー (D) 1948年4月17日就任
ケンタッキー州
第9
ジョン・M・ロブション (R) 1948年2月17日死去 ウィリアム・ルイス (R) 1948年4月24日就任
ミズーリ州
第10
オーヴィル・ズィマーマン (D) 1948年4月7日死去 ポール・C・ジョーンズ (D) 1948年11月2日就任
バージニア州
第6
J・リンジー・アーモンド Jr. (D) 1948年4月17日引退。ヴァージニア州検事総長に選出された クラレンス・G・バートン (D) 1948年11月2日就任
イリノイ州
第7
トマス・L・オーウェンズ (R) 1948年6月7日死去 次の議会まで空席
インディアナ州
第6
ノーブル・J・ジョンソン (R) 関税および特許審判裁判所判事に任命された後の1948年7月1日引退 次の議会まで空席
テキサス州
第15
ミルトン・H・ウェスト (D) 1948年10月28日死去 ロイド・ベンツェン (D) 1948年12月4日就任
ニューヨーク州
第7
ジョン・J・デラニー (D) 1948年11月18日死去 次の議会まで空席
サウスダコタ州
第1
カール・E・マント (R) 上院議員に指名された後の1948年12月30日引退 次の議会まで空席

職員[編集]

上院[編集]

下院[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Truman, Harry S. (1956). Memoirs by Harry S. Truman. Vol. II: Years of Trial & Hope. New York: Doubleday & Co.. , p. 105-106. ハリー・S・トルーマン 『トルーマン回顧録』(2 試練と希望の年月)、加瀬俊一監修、堀江芳孝訳、恒文社、1966年:88頁。
    演説の原文及び音声はハリー・S・トルーマン大統領図書館・博物館(以下「トルーマン図書館」)内資料を、邦訳はウィキソースを参照。