アメリカ合衆国の銃規制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
銃規制 > アメリカ合衆国の銃規制

アメリカ合衆国の銃規制ではアメリカ合衆国における火器所有の規制事項を記す。

目次

概要[編集]

法律[編集]

規律ある民兵は、自由国家の安全にとって必要であるから、人民が武器を保有しまた携帯する権利は、これを侵してはならない。

アメリカ合衆国憲法修正第2条

本条項がアメリカにおける銃規制反対の根拠になっている。この権利を、民兵を組織するためのの権利であって個人に銃所持を認めたものではないとしてみる集団的権利説と、個人が武装する権利であるとしてみる個人的権利説がある。2008年7月、連邦最高裁判所は個人的権利説を採用する判決を示した。権利章典(アメリカ合衆国憲法修正第1条~第10条)は1787年に制定された憲法には国家の統治の形態や方法だけしか規定が無く、国家や国家権力と市民の関係に関する規定がないことを問題提起されて、1789年に制定されたものであり、修正第1条~第10条の規定は、標準的な解釈で読解すれば国家や国家権力に対する市民の権利である。

アメリカではすべての拳銃が登録されており、犯罪者の迅速な逮捕が可能だと思われるが、実際には製造から100年以上たっている銃や所持してから50年以上たっている銃、所持者が死亡してから10年以上たっている銃はガンスミスを通さず何の申請や許可も必要なしに譲渡、販売が可能である。また、上記の銃を譲渡、販売し、犯罪が起きた場合は、前の持ち主が警察に取調べを受けることになる。犯人が見つからない、または誰に売ったか覚えていないと言う場合は前の持ち主が罪を着させられることがあるので、銃を他人に譲渡する場合は売主はその事実を警察に届け、データベース上記録される必要がある。また譲渡が第三者によって確認されるガンショップに売り払うことが推奨されている。 ライフルは州によって登録の有無が決まっており、登録の必要がなければ買ったその日に持ち帰りが可能という州も存在する。 ちなみにライフルは18歳以上、拳銃は21歳以上から購入ができる。これは連邦法で決まっており、所持が可能かは州によってさまざまである。

歴史[編集]

アメリカの銃所持は1970年代に増加した。同時期に殺人件数も増え、殺人の大部分が銃によるものであった。

1980年代後半から銃規制運動が高まりはじめ、1993年にブレイディ拳銃管理法(ブレイディ法)が制定された。法の名は、1981年レーガン大統領暗殺未遂事件で負傷し、半身不随となった大統領補佐官ジェームズ・ブレイディにちなむ。内容は、販売店に銃の購入者の身元調査期間を定め、重罪の前科がある者、精神病者、麻薬中毒者、未成年者などへの販売を禁止するものである。ブレイディ法は販売店に対する規制にすぎず、携行・所持などについては州法が規制する。個人所有の銃を規制する州は多いが、禁止する州はない。ブレイディ法の成立後、銃の所持率と殺人はともに低下したが、その原因を銃規制に求めるかどうかについては、なお国内で議論が戦わされている。連邦法としては、他に半自動小銃の販売を禁止する10年間の時限立法アサルト・ウエポン規制法」が1994年に成立したが、2004年に更新されず、失効した。地方法としては、カリフォルニア州で、市民の自動小銃・機関銃保有を禁じた「ストックトン条例」[1]が知られている。

条例レベルでは、シカゴ市では許可制であるものの認可されることはなく事実上禁止の状態であったが、2010年6月28日に憲法違反であるという司法判断が下されている[2]

家を間違えて敷地内に入った16歳の日本人留学生を撃ち殺した男性が無罪(ただし、民事訴訟では正当防衛ではないとして損害賠償を命じられる)となった1992年バトンルージュ市の日本人留学生射殺事件を受け、日本でもアメリカの銃規制問題に関心が集まり、日本側からアメリカに対し銃規制を求める声が上がった。

2013年に発生したサンディフック小学校銃乱射事件を受けて、ニューヨーク州コロラド州コネティカット州が銃規制強化した[3]が、事件後1年間に、アメリカの学校内で発生した銃乱射事件は25件を数えた[4]

研究[編集]

2013年5月7日、アメリカ合衆国司法省が過去20年間の銃犯罪を調査したところ、2011年の銃による殺人は1993年から39%減少し、死亡に至らなかった事件の件数も69%減少するなど、現在のアメリカの銃犯罪は減少傾向にある。一方で、ピュー・リサーチ・センターによるアメリカの世論調査では、国民の約56%が、銃犯罪が増加していると回答するなど、実態と人々の体感にずれが出ている[5]

2013年9月14日、銃の所持と殺人の間には、確実な統計的関連性があるとする研究報告が、米国医師会雑誌に発表された。研究は30年間、全米50州を対象に行われたもので、銃の所持率が1%上がるごとに、殺人率が0.9%上がるとされている[6]

各州の規制事項[編集]

連邦制をとるアメリカにおいてはによってその法律が異なる為、本項では州毎(ABC順)に規制事項を簡潔に示す。 規制がある場合は 『YES』。規制が無い場合は 『NO』 と記される。従って規制が厳しい州ほどYES(緑色)が多くなり、緩い州ほどNo(ピンク色)が多くなる。『火器による』と記載される場合は特定の種類の火器についてはなんらかの規制・措置が取られている場合。『N/A』と記載される場合は規制が不明。

ただし、各州の銃器関連法は毎年のように改正になっており、米国内の情報でも1年古いと当てにならないと言われているので注意が必要。

長銃とはライフルショットガンなど大型の銃を指す。主に狩猟やスポーツを目的とする。 Longgunの最短銃身はライフルで16インチ、ショットガンで16インチと規制されている。銃身を切り詰めたショットガンなどは所有するだけで犯罪になる。

拳銃は片手で操作可能な小型の銃を指す。主に自己防衛・護身を目的とする。 ストック(肩当て)が付くと、Longgunと見なされる為、拳銃にストックを付けると『最短16インチの銃身の規定を満たさないライフル』と見なされ所持するだけで犯罪になる。

一般的に長銃は狩猟・スポーツといったレクリエーション目的で販売・使用される為、自己防衛・護身を目的とし携帯性の高い小型拳銃よりも規制が緩い傾向にある。また法律は州単位で定められているとはいえ、都市部(例:ニューヨーク市など)を管轄する地方自治体やその市警によって条例等でさらなる規制がかけられている場合が多い。一般的に都市部の規制は郊外に比べ厳しい。

州による許可
State Permit to Purchase:州から許可を貰わなければ武器を購入できないのか否か。(例:Noであれば州の許可無しに購入が可能)ただし、所持許可がそのまま購入許可になる場合もあるので(所持許可があれば購入毎に毎回許可が必要ではない)一概には言えない。
火器登録
Firearm Registration:火器を所有している旨を報告し、それを公式に登録しなければならないか否か。ただし審査を経た上で発行される許可証及び免許証を火器登録と見なしている場合もあるため本項がNo回答になっているからといって規制が緩いということにはならない。(例:Noであれば登録の必要は無い)
Assault Weapon法
Assault Weapon Law:大型ライフルなど殺傷能力が高く、護身用というよりむしろ攻撃用武器に属する銃の所有に関しての規制や特別法の有無。(例:Noであれば攻撃用武器に対しての特別措置は無い)
免許
Owner License:銃を所有するのに適切なライセンス(免許や資格)の保持が必要か否か。(例:Noであればライセンス無しで銃が所有できる)
携帯許可
Carry Permits:銃を携帯する(家から持ち出す)のに許可証などが必要か否か。ただしケースに入れた場合、装填している場合、自動車の場合、歩行の場合など非常に細分化された項目であるため詳細は州の公式サイト等を参照されたい(例:Noであれば許可無く携帯することが可能)。連邦法により、各州・市・郡・連邦で公式に認められた警察官が警察官の身分証明書とバッジを携帯している場合は携帯方式のいかんを問わず全米50州内での銃の携帯が認められている。
携帯許可は州発行の免許なので効力は基本的に発行州内に限られる。ただし、各州がそれぞれ相互認知をしていて例えばネバダ州発行の携帯免許を所有している者は他の20余州でも合法に携帯する事が出来る。同様に、相互認知している他州の携帯免許所持者はネバダ州内で合法に銃器を携帯する事が出来る。銃の携帯は基本的に、
  • Open carry(ホルスターあるいは生身など他人に見える状態で携帯)
  • Concealed Carry(衣服の下やかばんの中など他人に見えない状態での携帯)
の二つに分けられるが、下記表にはOpen CarryとConcealed carryの別での情報は表示されていない。
現在、多くの州では、Open Carryは免許不要でConcealed Carryには要免許の規定が取られている州が大半であるが約半数の州は公共の場におけるOpen carryも禁止している。
なお、Open Carry、Concealed Carryいずれの場合にも、Loaded(装填済)とUnloaded(弾は銃と別に所持)との区別があり、違反した場合には一項目ずつ罪が加算される。
例えば規制の有る州で、かばんの中(あるいは衣服の下)に弾を装填済みで州に未登録の銃を所持して道を歩いていたとすると、1 Carrying Loaded firearm, 2 Carrying concealed weapon,3 Possessing unregistered firearm のそれぞれ3項目の別々の罪状で訴追される可能性がある。
カリフォルニア州では、車のグラブボックスでも同様の罪になるが、自動車内を私有地内とみなすか公共の場とみなすかは各州法でマチマチである。
また、州の携帯免許を所持していても、学校敷地内や連邦政府施設内(含む郵便局)、空港敷地内など、連邦法で携帯を禁止されている場所などでは連邦法違反になる。
多くの州では、免許の有無や携帯の方式に関わらず、飲食店(特に酒類を提供するバーやクラブなど)における携帯を禁止している州が多く、多くの店では入り口に『No Firearm』の表示を掲げている、もしくは施設所有者や係員に『銃器持ち込みお断り』と告げられたにも関わらず退去しない場合は、銃の携帯免許の有無に関わらず『住居侵入罪』が適用される。
州の専占権
State Preemption of Local Restrictions:州政府が銃の販売数や流通量などをコントロールできるか否か。(例:Noであれば州政府はマーケットに干渉することができない)
NFA武器の規制
NFA Weapons Restriction:NFA(National Firearms Act)で括られた武器の種類(フルーオートウェポン(マシンガン)やサウンドサプレッサー(サイレンサー)など軍や政府でも使用される高性能武器で、いずれも政府に登録されている)が規制されているか否か。Noであればフルオートウェポンの場合は1986年以前に登録された物は民間人の間で流通、所持が許可されていて、200ドルの税金を納める、指紋捺印等の手続きを踏めば購入可能である。それ以降のものはフェデラルファイアーアームズライセンス保有者(銃砲店等)のみが所持できる。サウンドサプレッサーは最新のものも200ドルの税金を納める、指紋捺印等の手続きを踏めば購入可能である。
Peaceable Journey法
Peaceable Journey Law:直訳すれば「平和な旅の法律」。在住地とは異なる法律を適用している州に越境して移動する際、弾丸が装填されていた場合などに違法行為となるか否か。(Noであれば本法律は適用されないため違法行為にはならない。Yesである場合は本法律が適用されている州でありたとえ所有者が他州にて合法で所有している銃であっても装填済みの場合、違法行為となり逮捕される)

アラバマ-Alabama[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No No No No No No No
拳銃 No No No No Yes Yes No No

アラスカ-Alaska[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 Yes No No No No Yes No No
拳銃 No No No No Yes No No No

アリゾナ-Arizona[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No 火器による No No Yes 火器による 火器による No
拳銃 No 火器による No No No 火器による 火器による No
  • 近年、Concealed Carryも免許不要に法改正された。
  • 酒類を販売する飲食店(含むビールやワインを提供するファミレスなど)は、銃器の携帯禁止

アーカンソー-Arkansas[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No No No No Yes N/A N/A
拳銃 No No No No Yes Yes N/A Yes

カリフォルニア-California[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No Yes No N/A Yes Yes No
拳銃 Yes
{{{1}}}
Yes No Yes N/A Yes No
  • 購入には州法務局発行のHSC(Handgun Safety Certificate)が必要だが、購入時に銃砲店でテストを受けその場で発行してもらう事も可能。
  • 短銃の登録は現在任意であるが、法に違反して所持していた場合など、未登録の銃の場合は重加算される。
  • Loaded、Unloaded ともに免許無くOpen carry(見える状態での携帯)は許可されていない。
  • Conceled carryの免許は各郡のシェリフが権限を持つが、許可が下りるケースは申請者の0.1%に満たず、一般市民のConcealed carry許可は相当な理由が無ければ降りない。
  • 14歳以下の子供が同居している住宅では、私有地内であっても銃の保管方法に規定と罰則がある。

コロラド-Colorado[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No No Yes No Yes No Yes
拳銃 No No No Yes No Yes No Yes
  • 自動車車内に保管する場合は装填してはいけない。

コネチカット-Connecticut[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No Yes N/A No Yes N/A No
拳銃 Yes Yes Yes N/A Yes Yes N/A No

デラウエア-Delaware[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No No No No N/A No No
拳銃 No No No No Yes N/A No No

ワシントンDC-District of Columbia[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 Yes Yes N/A Yes Yes N/A N/A N/A
拳銃 Yes Yes N/A Yes Yes N/A N/A N/A
  • 政府機関や各国の大使館が集中しているため、かなり厳しいガンコントロールを敷いている。また装填の有無にかかわらず銃器を持ち込めないエリアや建物が多数存在し、特にアメリカ合衆国三権機関(ホワイトハウス議会議事堂連邦最高裁判所)の付近では、空のホルスターなど紛らわしい物を身につけていると場合によっては逮捕・射殺の可能性がある。
  • 所持の許可は非常に厳しく拳銃の所持は原則禁止、許可が必要ない競技用の空気銃でも弾とは別に鍵付きケースに入れる必要がある。また銃器だけでなく殺傷能力が高いと判断された武器も禁止されており、各所で抜き打ちのボディチェックが実施されている[7]
  • 2008年6月26日、連邦最高裁判所は、ワシントンD.C.が1976年に行った拳銃の所持禁止は、アメリカ合衆国憲法修正第2条で定められた銃所持の権利を侵すものだと判示したが、現在でも州法は緩和されていない[8]

フロリダ-Florida[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No No No No Yes No No
拳銃 No No No No Yes Yes No No
  • アメリカの中で、最もに対する規制が甘い州と言われている。危険な地域においては、市民の銃の携帯は常識となっており、発砲事件が連日のように発生している[9]

ジョージア-Georgia[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No No No No Yes No No
拳銃 No No No No Yes Yes No No
  • 装填済みの銃を屋外に持ち出す場合はGFL(Georgia Firearm License)か有効な他州の銃免許が必要。

ハワイ-Hawaii[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 Yes Yes N/A No No N/A N/A N/A
拳銃 Yes Yes N/A No Yes N/A N/A N/A

アイダホ-Idaho[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No N/A No No N/A N/A N/A
拳銃 No No N/A No Yes N/A N/A N/A

イリノイ-Illinois[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 Yes No No Yes No No Yes No
拳銃 Yes No No Yes No No Yes No
  • 全米で最も厳しい銃規制がある州とされる。
  • 銃を購入する場合は州警より発行されたFOID(Firearm Owner's Identification)カードが必要で全ての銃はこのFOIDの発行によって完全規制されている。その為、火器登録は必要ない。なおFOIDの審査は犯罪歴、精神疾患歴がなければ簡単に通る。発行され手元に届くまで3週間〜2ヶ月かかる。

インディアナ-Indiana[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No N/A No No N/A N/A N/A
拳銃 No No N/A No Yes N/A N/A N/A

アイオワ-Iowa[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No N/A No No N/A N/A N/A
拳銃 No No N/A No Yes N/A N/A N/A

カンザス-Kansas[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No N/A No No N/A N/A N/A
拳銃 No No N/A No Yes N/A N/A N/A

ケンタッキー-Kentucky[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No No No No Yes No No
拳銃 No No No No Yes Yes No No

ルイジアナ-Louisiana[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No N/A No No N/A N/A N/A
拳銃 No No N/A No Yes N/A N/A N/A

メーン-Maine[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No N/A No No N/A N/A N/A
拳銃 No No N/A No Yes N/A N/A N/A

メリーランド-Maryland[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No N/A No No N/A N/A N/A
拳銃 No Yes N/A No Yes N/A N/A N/A

マサチューセッツ-Massachusetts[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 Yes No N/A Yes Yes N/A N/A N/A
拳銃 Yes No N/A Yes Yes N/A N/A N/A
  • FID(Firearm Identification License)が必要でステータスに応じて階級があり所有できる武器の種類に規制がかけられている。FIDによって管理されるため火器登録の必要は無い。有効期間は6年間。

ミシガン-Michigan[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No N/A No No N/A N/A N/A
拳銃 Yes Yes N/A No Yes N/A N/A N/A
  • ショットガンやライフルは18歳以上で犯罪歴、精神異常が無ければ誰でも購入が可能。

ミネソタ-Minnesota[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No Yes No No Yes Yes No
拳銃 Yes No Yes No Yes Yes Yes No

ミシシッピ-Mississippi[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No N/A No No N/A N/A N/A
拳銃 No No N/A No Yes N/A N/A N/A

ミズーリ-Missouri[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No N/A No No N/A N/A Yes
拳銃 No No N/A No Yes N/A N/A Yes

モンタナ-Montana[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No N/A No No Yes N/A N/A
拳銃 No No N/A No Yes Yes N/A N/A
  • 銃の携帯は市街地では規制されるが、郊外ではケース無しで銃を携帯しても問題ない。

ネブラスカ-Nebraska[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No N/A No No N/A N/A N/A
拳銃 Yes No N/A No Yes N/A N/A N/A

ネヴァダ-Nevada[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No N/A No No N/A N/A N/A
拳銃 No
{{{1}}}
N/A No Yes N/A N/A N/A
  • 同州クラーク郡在住者のみ所有登録が必要。
  • 州としては、免許不要でOpen Carry(含むLoaded)を認めているが、州内いくつかの市ではOpen carryを禁止しているので、例を挙げるとラスベガス市を走っていてノース・ラスベガス市の境界を越えた途端に銃砲不法所持(携帯)で検挙される可能性はある。

携帯免許を持っている場合はその限りにあらず。

ニューハンプシャー-New Hampshire[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No N/A No No N/A N/A N/A
拳銃 No No N/A No Yes N/A N/A N/A

ニュージャージー-New Jersey[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 Yes No N/A Yes Yes N/A N/A N/A
拳銃 Yes No N/A Yes Yes N/A N/A N/A
  • 州警発行のFirearm Perchaserカードが必要で、拳銃購入の場合は一丁に付きさらに市警で別途の手続きが必要。この許可証は90日で失効する。このため火器登録は必要ない。
  • 2010年1月1日より購入できる銃の数は30日に1丁まで、という法律が執行される。

ニューメキシコ-New Mexico[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No N/A No No Yes N/A N/A
拳銃 No No N/A No Yes Yes N/A N/A
  • 自動車車内は家の一部という法的解釈に基づき車内ではケース無しの装填済みの銃も合法。ただし、装填済みの銃を携帯して歩行することは違法。

ニューヨーク-New York[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No Yes No No N/A Yes Yes
拳銃 Yes Yes Yes Yes Yes N/A Yes Yes
  • 最も厳しい規制がある州。
  • 州外出身の在住者は拳銃免許が発行されない。また他州在住の人間が自動車などでNY州を通過する場合、たとえ装填無しでケース付であっても規制の対象となり、ニューヨーク市内にいたっては連行・逮捕の可能性がある。
  • ニューヨーク市内では長銃・拳銃共に登録が必要で携帯許可は一切下りない。
  • 州全域で装填済みの銃を保管することは自己防衛目的でも違法。
  • 2013年1月18日、サンディフック小学校銃乱射事件を受け全米で初めて銃規制強化を実現させた[10]

ノースカロライナ-North Carolina[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No N/A No No N/A N/A N/A
拳銃 Yes No N/A No Yes N/A N/A N/A

ノースダコタ-North Dakota[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 Yes No N/A No No N/A Yes N/A
拳銃 Yes No N/A No Yes N/A Yes N/A
  • 銃を所有する為には筆記試験にパスし許可を貰う必要がある。有効期間は3年。

オハイオ-Ohio[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No N/A No No N/A N/A N/A
拳銃 No No N/A No Yes N/A N/A N/A

オクラホマ-Oklahoma[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No N/A No No N/A N/A N/A
拳銃 No No N/A No Yes N/A N/A N/A
  • 45口径以上の拳銃の携帯は違法。

オレゴン-Oregon[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No N/A No No Yes N/A N/A
拳銃 No No N/A No Yes Yes N/A N/A
  • 装填済みの銃器を携帯することは違法。

ペンシルヴェニア-Pennsylvania[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No No No No Yes No N/A
拳銃 No No No No Yes Yes No N/A

ロードアイランド-Rhode Island[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No N/A No No N/A N/A N/A
拳銃 No No N/A No Yes N/A N/A N/A
  • 銃を購入する場合は州主催の講習会への参加が義務付けられている。

サウスカロライナ-South Carolina[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No N/A No No N/A N/A N/A
拳銃 No No N/A No Yes N/A N/A N/A
  • 自己防衛目的の発砲は合法。

サウスダコタ-South Dakota[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No N/A No No Yes N/A N/A
拳銃 No No N/A No Yes Yes N/A N/A

テネシー-Tennessee[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No No No No Yes No No
拳銃 No No No No Yes Yes No No

テキサス-Texas[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No No No No Yes No Yes
拳銃 No No No No Yes Yes No Yes
  • 自己防衛目的の発砲は合法。

ユタ-Utah[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No No No Yes Yes No Yes
拳銃 No No No No Yes Yes No Yes
  • 自己防衛目的の発砲は合法だが、相手を殺害もしくは重傷を負わせた場合にはその必要性が問われる。

ヴァーモント-Vermont[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No N/A No No N/A N/A N/A
拳銃 No No N/A No No N/A N/A N/A
  • 最も規制が緩い州とされる。銃器販売店は購入者の記録を取るだけで良い。ただし学校や裁判所などに持ち込むことは違法。

ヴァージニア-Virginia[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No N/A No No N/A N/A N/A
拳銃 No No N/A No Yes N/A N/A N/A

ワシントン-Washington[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No N/A No No N/A N/A N/A
拳銃 No No N/A No Yes N/A N/A N/A

ウェストヴァージニア-West Virginia[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No No No No Yes No No
拳銃 No No No No Yes Yes No No

ウィスコンシン-Wisconsin[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No N/A No No N/A N/A N/A
拳銃 No No N/A No No N/A N/A N/A

ワイオミング-Wyoming[編集]

銃種 州による許可 火器登録 Assault Weapon法 免許 携帯許可 州の専占権 NFA武器の規制 Peaceable Journey法
長銃 No No N/A No No N/A N/A N/A
拳銃 No No N/A No Yes N/A N/A N/A

フェデラルファイアーアームズライセンス[編集]

アメリカでは、国家資格に定められている。 AOWとは、"any other weapon"(その他の銃器)を指し、仕込み銃、ペンガン、ナイフガン等が含まれる。

  • Class I : Importer of firearms - 海外から銃器を輸入するためのライセンス。
  • Class II : Manufacturer of firearms - 銃器を製造するためのライセンス。マシンガンやサプレッサーを製造する場合はClass IIIも必要。
  • Class III : Dealer in firearms - フルオートウェポン等を扱うディーラーのライセンスで、マシンガン・ディーラー・ライセンスとも呼ばれる。ディーラーとなるための資格であり、1986年以前のフルオートウェポンを購入するだけなら、条件が揃えば申請と200ドルの税金のみで可能。ディーラーにはガンスミスも含まれると法的に解釈されている。
  • Class IV : Importer only of weapons classified as "AOW" - AOWを海外から輸入するのに必要なライセンス。
  • Class V : Manufacturer only of weapons classified as "AOW" - AOWを製造するのに必要なライセンス。
  • Class VI : Dealer only in weapons classified as "AOW" - AOWを扱うディーラーのためのライセンス。

参考項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 軽機関銃による無差別乱射事件があった町の名に由来する。
  2. ^ 米最高裁、シカゴ市の銃規制に違憲判断 - 2010年6月29日 AFPBB News
  3. ^ “コネティカット州の銃規制法が成立、小学校での乱射受け”. (2013年4月5日). http://www.cnn.co.jp/usa/35030450.html 2013年4月11日閲覧。 
  4. ^ “米コロラド州の高校で銃乱射、2人負傷 容疑者は死亡”. AFP (フランス通信社). (2013年12月14日). http://www.afpbb.com/articles/-/3005071 2013年12月15日閲覧。 
  5. ^ “米国の銃犯罪は過去20年で急減、国民の認識とギャップ”. ロイター. (2013年5月7日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE94704N20130508 2013年5月8日閲覧。 
  6. ^ “銃所持率と殺人率に統計的関連性、米研究”. AFPBB News. (2013年9月13日). http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2968025/11340935 2013年9月13日閲覧。 
  7. ^ Nakamura, David (2008年6月26日). “D.C. Attorney General: All Guns Must Be Registered” (英語). ワシントン・ポスト. http://blog.washingtonpost.com/dc/2008/06/dc_attorney_general_all_guns_m.html 2008年6月26日閲覧。 
  8. ^ Barnes, Robert (2008年6月26日). “Supreme Court Strikes Down D.C. Ban on Handguns” (英語). ワシントン・ポスト. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/06/26/AR2008062600615.html 2008年6月27日閲覧。 
  9. ^ “「フロリダに行くな」銃に大甘な“無法地帯”でまた悲劇 6人死亡、犯人射殺”. 産経新聞. (2013年7月29日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/130729/amr13072911450002-n1.htm 2013年8月4日閲覧。 
  10. ^ “NY州で銃規制強化法が成立、小学校乱射事件受け全米初”. (2013年1月16日). http://www.cnn.co.jp/usa/35026917.html 2013年1月18日閲覧。