アメリカ労働総同盟・産業別組合会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカ労働総同盟・産業別組合会議
(AFL―CIO)
設立年月日 1886年
組合員数 11,013,317 (2008)[1]
国籍 アメリカ合衆国
本部所在地 ワシントンD.C.
加盟組織 ITUC

アメリカ労働総同盟・産業別組合会議(英語:American Federation of Labor and Congress of Industrial Organizations、アメリカン・フェデレーション・オブ・レーバー・アンド・コングレス・オブ・インダストリアル・オーガニゼーションズ)は、アメリカ合衆国労働組合ナショナルセンター。略称 AFL-CIO

1955年アメリカ労働総同盟(AFL)と産業別組合会議CIO)が合同。現在アメリカ・カナダの53単産が加盟し、組合員は900万人を超える。但し、近年正規雇用非正規雇用の待遇をめぐって内部対立が表面化、非正規雇用による労働者が多く加盟している全米運輸労働組合(チームスターズ)・国際サービス従業員労働組合(SEIU)・国際食品=商業労働組合(UFCW)が脱退している。

国際的には国際労働組合総連合(ITUC)の中心的なメンバーとして参画している。

脚注[編集]

外部リンク[編集]