アメリカ労働総同盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アメリカ労働総同盟(英語:American Federation of Laborアメリカン・フェデレーション・オブ・レーバー)は、1886年に結成されたアメリカの労働組合。略称の「AFL」もよく用いられる。

歴史[編集]

1881年インディアナ州テレホートで結成されたアメリカ合衆国・カナダ職能労働組合連盟(FOTLU)を起源とする。1886年12月8日にユダヤ人サミュエル・ゴンパーズを会長として、同組合を改組して成立した。構成員は熟練労働者が中心であり、革命を目指さない穏健的な労働組合であった。第一次世界大戦勃発時には約200万人の組合員を有するまでに成長した。

1935年世界恐慌下で労働者の諸権利を保障するワグナー法が制定された。これを機にAFL改組の動きが起こったが、同年10月に熟練労働者と不熟練労働者の間での対立などから、ジョン・ルイスデイヴィッド・ドゥビンスキーらを中心とした産業別組織委員会、のち産業別組合会議CIO)がAFLより分離した。第二次世界大戦終結時には、AFL・CIOともに約600万人ほどの組合員を有した。

1955年12月4日、AFLとCIOは合同してAFL-CIOとなり現在へと至る。