アメリカ優生学協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アメリカ優生学協会(アメリカゆうせいがくきょうかい、American Eugenics Society)は、1922年に設立されたアメリカ合衆国において、優生学に基づいた優生活動を推進する団体である。

マディソン・グラントen:Madison Grant)、アーヴィング・フィッシャー(Irving Fisher)、ハリー・ハミルトン・ローリンen:Harry H. Laughlin)、ヘンリー・フェアフィールド・オスボーンen:Henrry Fairfield Osborn)、ヘンリー・クランプトンen:Henrry Crampton)などが設立した。

1932年まで、同協会はアメリカの26州において、強制的な避妊手術を許可する法案を通過させ、彼らの考える“不適切な”人間は生殖できないように手術を行なってきた。対象者は精神薄弱児アフリカ系アメリカ人などであった[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ William FaulknerのThe Wild PalmsとRichard Wrightの"Down by the Riverside"における1927年のミシシッピ川大洪水中地幸、都留文科大学研究紀要 64, 67-81, 2006

関連項目[編集]

外部リンク[編集]