アメリカン航空587便墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカン航空 587便
Airbus A300B4-605R, American Airlines AN0201220.jpg
事故機のN14053(1989年撮影)
概要
日付 2001年11月12日
原因 後方乱気流遭遇時の方向舵過剰操作による垂直尾翼の折損
場所 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ジョン・F・ケネディ国際空港近くの住宅街(ニューヨーク市クイーンズ区
死者 265(地上5)
負傷者 1(地上)
航空機
機体 エアバスA300B4-605R
運用者 Flag of the United States.svgアメリカン航空
機体記号 N14053
乗客数 251
乗員数 9
生存者 0
テンプレートを表示

アメリカン航空587便墜落事故(アメリカンこうくう587びんついらくじこ)とは、2001年アメリカン航空エアバスA300ジョン・F・ケネディ国際空港を離陸直後に墜落した航空事故。事故原因は直前に離陸したボーイング747後方乱気流に587便が遭遇した際、587便の副操縦士ラダーを過剰操縦したことによって垂直尾翼がこれに耐え切れずに折れたためである。

航空機と乗務員[編集]

  • 機体:エアバスA300-600機体記号N14053, 1987年製造)
  • 機長:エド・ステイツ
  • 副操縦士:ステン・モーリン
  • 客室乗務員:7名

事故の概要[編集]

2001年11月12日、アメリカン航空587便(ジョン・F・ケネディ国際空港ドミニカサントドミンゴラス・アメリカス国際空港行き)はケネディ空港を午前9時15分頃に離陸した。乗客251人のうち226人がドミニカ人やドミニカからアメリカへの移民であった。

しかし、587便は墜落の約28秒前に1回目の乱気流に、約8秒前に2回目の乱気流に巻き込まれた。この乱気流は、587便の直前に離陸した日本航空ジャンボ機(JFK発成田行きの47便)の後方乱気流であった。乱気流に遭遇した際、離陸を担当していた副操縦士がラダー(方向舵)を過剰に操作したため、垂直尾翼が折損した。

垂直尾翼を失った機体は機体制御を失い、2回目の乱気流の直後、パイロットが機体を右に傾けようとしたのにもかかわらず、機体は左に傾いて急旋回しながら高度が下がり、9時17分頃ケネディ空港近くの住宅街(ニューヨーク市クイーンズ区)に墜落した。乗客乗員260人は全員死亡。また、墜落地点周辺では大規模な火災が発生し住宅4棟が全焼、周辺の住民5人が死亡し、1人が負傷した。

墜落地点

2013年現在、この事故はアメリカの民間航空会社が起こした事故では2番目に多い死者を出した事故である。(最多の死者を出した事故はアメリカン航空191便墜落事故

事故原因[編集]

事故機の垂直尾翼を調査するNTSBのメンバー。右から3番目の女性はNTSBの会長であるマリオン・ブレイキー氏

2010年10月26日NTSB(国家運輸安全委員会)は事故原因について、「後方乱気流遭遇時のラダーの過剰操作による垂直尾翼の折損」とした。副操縦士はラダーを必死に操作して、機体の安定を取り戻そうとしていたが、副操縦士の"不必要で過剰な"方向舵操作に耐え切れず、垂直尾翼は折れてしまった。またNTSBは「もし副操縦士がラダーの過剰操作を行わなければ機体は安定していただろう」と述べた。

副操縦士がラダーを操作した理由であるが、アメリカン航空では後方乱気流に遭遇した際はラダー操作で安定させる訓練を行っていた。だが、エアバスA300型のラダーペダルはワイヤー式だが操作した際の感触がとても軽く、副操縦士はそれまで重いペダルを持つ機体を多く操縦していたため、少しだけ一方へ傾けたつもりがペダルを踏み過ぎ、これを直そうと逆方向に少し踏んだつもりがまた今度は反対側まで踏む、という操作を乱気流の中で瞬時に行った。そのため、垂直尾翼に設計限界を大きく超えた空気力学的負荷がかかり、垂直尾翼が脱落。離陸後上昇中で速度もあまりなく、高度も低かったため左に傾いた機体を立て直すことができず墜落した。

また事故後、エアバスとアメリカン航空で意見が対立した。アメリカン航空は「エアバスA300のラダーコントロールは敏感すぎたため、原因はエアバス側にある」と主張した。一般的な航空機はラダーペダルに倍力装置で増大した圧力を与えて、ペダルを重くしている。A300のラダーは倍力装置がついておらず、かなり過敏に反応した。NTSBは"A300-600ラダー制御システムは、高感度のため、瞬時にラダーペダルを入力すると危険である"と判断した。

一方エアバスはラダーの特性について「適切に訓練をしていなかったアメリカン航空側に責任がある」と主張した。航空機の尾翼はどちらか一方向にラダーを限界まで操舵しても耐えられるように設計されているが、右に振り切れた状態から左に振り切る、もしくは左に振り切れた状態から右に振り切るというような、一方向から他方​​への舵の急激なシフトに耐えるように設計されていなかった。しかしアメリカン航空のパイロットは、ラダーペダルを急激に操作しても垂直尾翼は耐えきれると考えていた。

NTSBは、アメリカン航空の訓練は大型航空機の後方乱気流の影響を過大視する傾向があったと発表した。 そのためアメリカン航空のパイロットは積極的に、必要以上にラダー操作を行うように訓練されていた。

犠牲者[編集]

飛行機に乗っていた乗客246人と切符を持っていない乳幼児5人、乗員9人、合計260人と地上にいた5人の住民が死亡した。

事故後[編集]

追悼碑

ロッカウェイ·パークの商業通りの南端に追悼碑が建てられてる。事故から5年たった2006年11月12日、ニューヨーク市長マイケル・ブルームバーグはここで式典を行った。 事故犠牲者の多くを占めていたドミニカ共和国でも、追悼碑が建てられている。 2007年5月6日の祭典では、ウッドローン墓地には身元の分からなかった犠牲者の遺体は4つのグループに分けられ、地下聖堂に埋葬されている。

事故の影響[編集]

この事故は9/11テロのわずか2か月後に起こったため、またテロに襲われたのではないかとニューヨーク市は一時騒然となった。

マンハッタンから半径約40kmには飛行制限が敷かれ、ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社が管轄する空港とリンカーントンネルホランドトンネルジョージワシントン橋、およびエンパイアステートビルなどの「標的になる可能性がある施設」や、年次総会が開かれていた国際連合本部ビルも閉鎖された。こうした閉鎖は一部を除いて事故発生の日の夜までに解除されたが、ニューヨーク市はまさに戒厳令下におかれたような物々しい雰囲気に包まれた。

また、日本でもこの事故は大きく取り上げられ、報道機関特番態勢を取った。

事故後、587便は欠番となり、JFK発サントドミンゴ行きは619便となった。アメリカン航空は2013年4月1日、JFK発サントドミンゴ行きの便を廃止すると発表した。

運命の悪戯[編集]

  • 犠牲者の一人、ヒルダ・ヨランダ・マヨルは、母国ドミニカ共和国での休暇でアメリカに来た26歳の女性で、2か月前に9/11テロで燃えさかる 世界貿易センタービルのレストランを辛くも脱出し、九死に一生を得た。事件で職場を失ったことから、「これを機に物騒なニューヨークからしばらく離れて、故郷に帰って家族を安心させよう」と搭乗した機で事故に遭遇した。
  • アメリカでは多くの州で州が運営する番号選択式の宝くじが毎日行われているが、事故のあったニューヨーク州に隣接するニュージャージー州ではこの日の “Pick 3”(3桁の番号を選択する宝くじ)の当せん番号が奇しくも 5-8-7 だった。ところがテレビやラジオの報道で「587便」のニュースを一日中耳にしていた購入者の多くが 5-8-7 を選択していたため当せん者多数となり、それぞれに賞金が分配された結果一人当たりの当せん金額はわずか16ドル(2000円弱)という小額だった。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]