アメリカン・ライフ (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカン・ライフ
マドンナシングル
収録アルバム アメリカン・ライフ
リリース 2003年4月8日(全米)
2003年4月14日(欧州)
2003年4月23日(日本)
ジャンル ポップス
時間 4分58秒
レーベル ワーナー・ブラザーズ(欧米)
ワーナーミュージック・ジャパン(日本)
作詞・作曲 マドンナ、ミルウェイズ・アマッザイ
プロデュース マドンナ、ミルウェイズ・アマッザイ
チャート最高順位
  • 37位(ビルボード)
マドンナ シングル 年表
ダイ・アナザー・デイ
2002年
アメリカン・ライフ
2003年
ハリウッド
2003年
テンプレートを表示

アメリカン・ライフは、マドンナの10枚目のアルバム『アメリカン・ライフ』からの1枚目のシングル

解説[編集]

  • 2005年、イギリスのQ誌にて「偉大なアーティストによるひどいレコード10曲リスト」に入る。
  • リミックスには米人気ラッパー歌手、ミッシー・エリオットも参加。他にピーター・ローファー (Peter Rauhofer)やポール・オークンフォールド (Paul Oakenfold)などの有名リミキサーが参加している。

プロモーション・ビデオ[編集]

監督:ジョナス・アカーランド (Jonas Åkerlund)。 2003年4月に公開された同曲のPVは、ミリタリールックのマドンナや戦争をイメージしたビデオで話題となった。しかし、公開されたのがちょうどイラク戦争開戦の時期にあたったため、それを考慮しアメリカでの公開を中止した。マドンナは後に「このビデオのために、何ヶ月もかけて準備していたんだけど、(最初の段階では)世界で起こる全てのことを理解していなかったの」とコメントしている。このため異例の再編集を余儀なくされ、世界各国の国旗をバックに軍服姿のマドンナが歌うという非常にシンプルなPVに仕上がった。

公式ヴァージョン[編集]

オリジナル・ヴァージョン[編集]

  1. アルバム・ヴァージョン
  2. ラジオ・エディット(検閲なし)
  3. ラジオ・エディット(検閲あり)
  4. ラジオ・エディット(ラップなし)
  5. ビデオ・ヴァージョン

リミックス・ヴァージョン[編集]

  1. フェリックス・ダ・ハウスキャット・デヴィン・ダズル・クラブ・ミックス
  2. フェリックス・ダ・ハウスキャット・デヴィン・ダズル・ラジオ・ミックス
  3. フェリックス・ダ・ハウスキャット・デヴィン・ダズル・ラジオ・ミックス(ラップなし)
  4. ヘッドクリーナー・ロック・ミックス
  5. ミッシー・エリオッツ・アメリカン・ドリーム・ミックス
  6. ミッシー・エリオッツ・アメリカン・ドリーム・ミックス(クリーン・ヴァージョン)
  7. ミッシー・エリオッツ・アメリカン・ドリーム・インストゥルメンタル・リミックス
  8. オークンフォールド・ダウンテンポ・ミックス
  9. オークンフォールド・ラジオ・エディット
  10. オークンフォールド・ラジオ・エディット(ラップなし)
  11. ピーター・ローファー・アメリカン・アンセム(パート1)
  12. ピーター・ローファー・アメリカン・アンセム(パート2)
  13. ローファー・ラジオ・ミックス