アメリカン・ヒストリーX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカン・ヒストリーX
American History X
監督 トニー・ケイ
脚本 デイヴィッド・マッケンナ
製作 ジョン・モリッシー
製作総指揮 ビル・カラッロ
キアリー・ピーク
スティーヴ・ティッシュ
ローレンス・ターマン
出演者 エドワード・ノートン
エドワード・ファーロング
音楽 アン・ダッドリー
撮影 トニー・ケイ
編集 アラン・ハイム
ジェリー・グリーンバーグ
配給 アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
日本の旗 日本ヘラルド
公開 アメリカ合衆国の旗 1998年10月30日
日本の旗 2000年2月19日
上映時間 119分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $20,000,000[1]
興行収入 $23,875,127[1]
テンプレートを表示

アメリカン・ヒストリーX』(American History X)は1998年に制作されたアメリカ合衆国の映画

白人至上主義に傾倒する白人の兄弟を通して、アメリカが抱える人種問題・貧富の差を浮き彫りにした問題作。それまでCM制作に携わっていたトニー・ケイの初監督作品。

ストーリー[編集]

白人至上主義に傾倒するダニーの元に、兄デレクが三年ぶりに帰ってくる。デレクは三年前に黒人の車泥棒を殺した罪で服役していたのだ。兄の帰宅にダニーは喜びを隠せない。なぜなら、父親を黒人に殺害されたダニーは、兄のデレクを三年間崇拝し続ける日々の中で、兄以上に白人至上主義に身を染めていた。

しかし、三年ぶりに会うデレクは、以前とはまるで別人のように穏やかで公平な人間になっていた。彼は刑務所の中で何を見たのだろうか。そして、現代アメリカにいまだ蔓延る差別意識。衝撃の結末を提示しながら、同時にアメリカの慢性的な問題を印象的に描いた作品。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
デレク・ヴィンヤード エドワード・ノートン 家中宏
ダニー・ヴィンヤード エドワード・ファーロング 浪川大輔
ドリス・ヴィンヤード ビヴァリー・ダンジェロ 火野カチコ
ダヴィナ・ヴィンヤード ジェニファー・リーン 加藤優子
デニス・ヴィンヤード ウィリアム・ラス 津田英三
セス・ライアン イーサン・サプリー 遠藤純一
ステイシー フェアルザ・バルク 亀井芳子
ボブ・スウィーニー エイヴリー・ブルックス 池田勝
マーリー エリオット・グールド 有本欽隆
ラモント ガイ・トリー 二又一成
キャメロン・アレクサンダー ステイシー・キーチ 有本欽隆

スタッフ[編集]

  • 監督 - トニー・ケイ
  • 製作 - ジョン・モリッシー
  • 脚本 - デイヴィッド・マッケンナ
  • 撮影 - トニー・ケイ
  • 音楽 - アン・ダッドリー
  • 美術 - ジョン・ゲイリー・スティール
  • 編集 - アラン・ハイム、ジェリー・グリーンバーグ
  • 衣装(デザイン) - ダグ・ホール
  • 製作総指揮 - ビル・カラーロ、キアリー・ピーク、スティーヴ・ティッシュ、ローレンス・ターマン

備考[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]