アメリカン・バイオレンス (1981年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカンバイオレンス
The Killing of America
Violence U.S.A.
監督 シェルドン・レナン
脚本 レナード・シュレイダー
チエコ・シュレイダー
製作 レナード・シュレイダー
山本又一朗
音楽 マーク・リンゼイ
マイケル・ルイス
撮影 ウィリー・クラン
ロバート・チャールトン
トム・ハーウィッツ
ピーター・スモークラー
配給 日本の旗 東宝東和
公開 日本の旗 1981年9月5日
アメリカ合衆国の旗 1982年2月13日
上映時間 116分
製作国 日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

アメリカンバイオレンス』(原題:The Killing of America、別題:Violence U.S.A.)は、1981年公開のアメリカ・日本の合作ドキュメント映画である。

概説[編集]

山本又一朗レナード・シュレイダー共作の異色のドキュメンタリー映画だが、アメリカの凶暴な裏側を描いたモノの、いわゆる衝撃のシーンを集めたモンド映画である。タイトル通りのアメリカの暴力やショッキングなシーンを集めた映画だが、通常のモンド映画に比べユーモアを欠くことから、モンド映画としてもドキュメントとしても決して評価は高くはない。とはいえ、ベトナム人銃殺シーンは今見ても衝撃的ではあるし、母親殺しの殺人犯の生々しいインタビューも必見。ケネディ暗殺場面を前面に押し出した東宝東和ならではの予告編、TVCMは、ケネディ暗殺直撃世代以下の民間人には、むしろこっちの方が有名。1983年6月4日「ゴールデン洋画劇場」でTV初放送される。

内容[編集]

ケネディー暗殺の瞬間、銃を持つ子供がカメラめがけて撃つ、ベトナム人の処刑、猟奇犯罪者エド・ケンパー人民寺院ジム・ジョーンズジョン・レノン殺害事件の犯人の映像等の実際の映像を集めたモノ……他。

スタッフ[編集]

劇中で紹介されている事件[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]