アメリカナミガイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカナミガイ
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 二枚貝綱 Bivalvia
亜綱 : 異歯亜綱 Heterodonta
: ナミガイ科 Hiatellidae
: ナミガイ属 Panopea
: アメリカナミガイ P. generosa
学名
Panopea generosa
( Gould1850)
和名
アメリカナミガイ
英名
Pacific Geoduck

アメリカナミガイ海松食水松食、学名 Panopea generosa)は、二枚貝綱バカガイ科の1種。ミルガイ(海松貝)、あるいはミルクイガイ(海松食貝)とも呼ばれる。

形態[編集]

殻長20cmほどの大きな二枚貝で、殻表は暗褐色の殻皮で被われる。

生態[編集]

浅瀬の砂泥底に、深い穴を掘って暮らす。

日本における食材[編集]

中華料理屋で値札付きで飼育されるアメリカナミガイ

ミルクイの代用食材として利用される種に、通称「白みる(白ミル)」のナミガイ Panopea japonica (A.Adams1850) やアメリカナミガイがいる。ナミガイは千葉県東京湾兵庫県播磨灘山口県周防灘愛知県三河湾などが主産地で殻付きの活きたものが売られ、アメリカナミガイはカナダなどからの輸入品が回転寿司などの「みる貝」によく利用される。