アメリカの民主政治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アメリカの民主政治』(あめりかのみんしゅせいじ、: De la démocratie en Amérique、全2巻、第1巻は1835年、第2巻は1840年)はアレクシス・ド・トクヴィルが1830年代のアメリカの強さ・弱さについてフランス語で書いた古典的著書。原著の題名の逐語訳は『アメリカの民主制について』だが、通常は『アメリカの民主政治』と訳されている。本書はアメリカの民主制についての古典的説明とみなされており、重要な参考文献としてずっと利用され続けている。

トクヴィルのアメリカ視察[編集]

フランス政府は1831年、25歳のトクヴィルとGustave de Beaumontを、アメリカの刑務所制度を研究させるためにアメリカに派遣した。彼らは同年5月にニューヨーク市に到着し、9ヶ月間アメリカを旅して過ごした。この間、彼らは刑務所についてだけではなく、アメリカの経済政治体制を含む同国社会のあらゆる側面についてノートをとった。二人はまたカナダを訪問して、1831年の夏に当時のローワー・カナダ(現在のケベック州)とアッパー・カナダ(現在のオンタリオ州)で数日間すごした。

彼らは1832年2月にフランスに帰国したあと、1833年に "Du système pénitentiaire aux États-Unis et de son application en France" という題の自分らのレポートを提出した。Beaumontはほどなくアメリカにおける人種間関係についての小説を書いた。

内容[編集]

『アメリカの民主政治』は「他の多くの場所では失敗している共和制議会制民主主義が、なぜアメリカでは上手くいっているのか」の分析に主な焦点を当てている。彼はアメリカの民主制にある有効な諸特徴を、自分の故国フランスにおける民主制に含まれる数々の失敗と自分が見なしていることに適用しようと努めている。また、トクヴィルはアメリカの民主制の将来について推測し、民主制にとって脅威となる可能性のあることや民主制が危険なものとなる可能性について論じている。これらの脅威や危険についての見解には「民主制には「ソフトな専制政治 (soft despotism) 」へと悪化する傾向があるだけではなく、多数派の専制を生み出す危険性もある」という彼の信念が含まれる。「宗教がアメリカで強力な役割を果たしていることは政教分離に起因していて、全政党がその分離を好ましく思っている」ことを彼は観察した。彼はこのこととフランスの事情を照らし合わせたわけだが、フランスには民主主義者たちと信心家たちの対立があり、彼にはこの対立が有害であることがわかった。彼はこの対立を教会と政府のつながりと関連づけている。

重要性[編集]

『アメリカの民主政治』は19世紀に数多くの版で出版された。本書はヨーロッパとアメリカの両方でたちどころに評判になり、20世紀までには政治学社会学歴史学の古典的著書となった。本書はよく政治学・社会学を専攻する学部生に対して課題図書に指定される。トクヴィルの著書は、後に正しいことが実証される数多くの予測をしていることでしばしば高く評価される。トクヴィルは奴隷制度廃止をめぐる論争が(実際に南北戦争でそうなったように)アメリカを分裂させる可能性を正しく予測した。他方でアメリカのどの州でも独立を宣言できるだろうと彼は予測した。彼はアメリカとロシアがライバルの超大国として台頭することも予測した(両国は実際に、ロシアはソ連の一部として、第二次世界大戦後に米ソ二大国による冷戦体制となった)。

アメリカの民主制には

  • 世論による専制政治
  • 多数派による暴政
  • 知的自由の欠如

といった形で悪化する可能性があると考えられている。そしてこれらは政権の評判を落とし、政治家の資質、学問、そして文学を最低のレベルに落とすと彼は考えている。

『アメリカの民主政治』は党派根性が凶暴になることや、賢人の判断が無知な者の偏見よりも下位に置かれることを予測した。

参考文献[編集]

関連項目[編集]