アムステルダム・スローテルダイク駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オランダ鉄道 アムステルダム・スローテルダイク駅
駅舎(2006年9月9日)
駅舎(2006年9月9日)
Station Amsterdam Sloterdijk
所在地 オランダの旗 Westpoort, Amsterdam, Netherlands
所属事業者 オランダ鉄道(NS)
駅構造 高架駅
ホーム 4面8線
開業年月日 1956年(仮駅)
1983年5月29日(現在の駅が開業)
乗入路線 3 路線
所属路線 アムステルダム-ロッテルダム線オランダ語版
キロ程 ?km(アムステルダム中央起点)
所属路線 デン・ヘルダー-アムステルダム線オランダ語版
キロ程 ?km(デン・ヘルダー起点)
所属路線 アムステルダム中央-スキポール線オランダ語版
キロ程 ?km(アムステルダム中央起点)
メトロ スローテルダイク駅
ホーム(2008年6月2日)
ホーム(2008年6月2日)
Station Sloterdijk
(?km) De Vlugtlaan
所在地 オランダの旗 Westpoort, Amsterdam, Netherlands
所属事業者 アムステルダム市営交通会社(GVB)
所属路線 50号線
キロ程 ?km(イソラートル通り起点)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1997年

アムステルダム・スローテルダイク駅Station Amsterdam Sloterdijk スタシオン・アムステルダム・スローテルダイク)はオランダアムステルダム市街地北西部のウエストポールト地区(Westpoort)にあるオランダ鉄道(NS)。また隣接するアムステルダム市営交通会社(GVB)スローテルダイク駅Station Sloterdijk)を含めた駅のこと。

主な路線[編集]

オランダ鉄道(NS)[編集]

アムステルダム中央駅方面

  • 1時間に16~20本

スキポール駅方面

  • 1時間に4本

ハールレム方面

  • 1時間に6本

ザーンダム駅方面

  • 1時間に8~10本

アムステルダム市営交通会社(GVB)[編集]

駅構造[編集]

NSはアムステルダム中央駅ハールレムを結ぶ東西路線に島式3面6線のホームを持つ地上駅と、アムステルダム中央駅スキポール駅を結ぶ南北路線に島式1面2線のホームを持つ高架駅。両路線はこの駅で直角に上下交差している。また、GVBは島式1面2線のホームを持つ高架駅。

NS駅の切符売り場や売店などがあるメインコンコースは交差する両線の間の中二階にあり、GVBのメトロ駅コンコースと一体となっている。トラムやバスの停留所がある駅前広場も、この中二階と同じレベルにあり、駅前広場となっている。

エレベータ及びエスカレータは完備。駅構内に窓口(切符予約・販売、サービス窓口)、自動券売機、売店(ETOS, AKO, Kiosk)、コンビニ(Albert Heijn to go)、ファストフードレストラン(Smuller's, C'est du pain )などが設置されている。

駅周辺[編集]

この駅はアムステルダム市街北西部の港湾地区に隣接しており、駅周辺には新しいオフィスビルが建ち並び、少し離れたところには物流基地などが建ち並んでいる。なお、この駅があるアムステルダム市のウエストポールト区はアムステルダムで最も居住人口の少ない区であるが、オフィスや物流拠点への通勤者や交差する各路線の乗り換え客で、駅での乗降客は多い。

歴史[編集]

1956年アムステルダム中央駅ハールレムを結ぶ路線の中間にある仮設駅として開業した。この駅は現在の駅の少し南側にあった。1983年に、ザーンダム駅行きの列車が発着する駅として、現在の駅の位置にスローテルダイク北駅という名前で新駅が建設された。このとき、1956年に開業したハールレム行き列車が発着する駅はスローテルダイク南駅と改名している。その後、工事のためスローテルダイク南駅が1985年一旦閉鎖された後、1986年アムステルダム中央駅スキポール駅を結ぶ路線の中間駅が開業したときに、両線の乗換えを行う現在の形となっている。

トラム12系統は現在の駅が建設された1982年に乗り入れている。その後、1997年にはNSの路線と平行してGVBのメトロ路線が開通し駅が設けられた。

外部リンク[編集]