アミメチョウチョウウオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アミメチョウチョウウオ
Bep chaetodon xanthurus.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : スズキ亜目 Percoidei
: チョウチョウウオ科
Chaetodontidae
: チョウチョウウオ属 Chaetodon
: アミメチョウチョウウオ
C. xanthurus
学名
Chaetodon xanthurus
Bleeker, 1857
英名
Pearlscale butterflyfish

アミメチョウチョウウオ(学名:Chaetodon xanthurus)は、スズキ目スズキ亜目チョウチョウウオ科に属する魚類。


形態[編集]

  • 全長約15cm。チョウチョウウオ科では小型なほうである。
  • 白地に網目模様。
  • 目を通る太い黒帯と、上頭部には黒点。
  • 体側の後部からオレンジ色。尾もオレンジ。

似た種[編集]

良く似た種でベニオチョウチョウウオマダガスカルバタフライフィッシュレッドバックバタフライフィッシュがいる。また、名前が似ていて混同しそうな名前のアミチョウチョウウオもいるがこちらは見ただけで違いが解かる。

ベニオチョウチョウウオは、白地にくの字状の黒色横帯が並ぶこと、目を通る黒帯の上にある黒点がないことで見分けられる。下の2種は本種より、ベニオチョウに近い特徴を持つ。

マダガスカルバタフライフィッシュは、模様の入り方は上のベニオチョウに似る。しかし、目を通る黒帯の上にある黒点がある。そのほかは、アミメチョウとベニオチョウの中間的な姿をしている。

レッドバックバタフライフィッシュは、紅海原産の種である。模様の入り方はマダガスカルバタフライフィッシュに準じているが、目を通る黒帯がオレンジ色帯、体側の後部から赤色。尾もクリーム色地に赤色の横帯が通る。

生態[編集]

この種は黒潮に乗って流れ着くということは少なく、日本近海では見られない。しかし、ショップでは良く扱われる魚である。日本では、幼魚もあまり観察されないためおそらく個体数も少ない。 おもに岩礁域やサンゴ礁を好んで生息しており、あまり移動しない。サンゴのポリプを好んで食べている姿が見られる。警戒心が強く観察には苦労を要する。

深いところを好むため、水深20メートルほどいくとかなりの数がいることもある。小笠原では類似したベニオチョウのほうが個体数が多い。シルバーグレーの地色にやや大きめの黒い網目模様、後端部は鮮やかなオレンジ色をしている。

分布[編集]

フィリピン沿岸でよく見られる。、日本では沖縄小笠原で少数観察されている。また、伊豆半島(相模湾)でも成魚がいた記録がある。また、深いところにいることから(水深20メートル以深に多くいる)観察例も少ないものとされる。

人とのかかわり[編集]

観賞魚としてかかわりがある。似たような模様のベニオチョウといっしょに入荷されてくることも多い。飼育に関していえば、雑食性のため飼育しやすいほうだが、サンゴのポリプのほうを好む傾向で餌付けしにくいこともある。落ち着いた環境を整えた上で餌付けをする。この種は、気が弱いところがあるので、組み合わせにも十分注意が必要。

関連項目[編集]