アミノシクロプロパンカルボン酸オキシダーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アミノシクロプロパンカルボン酸オキシダーゼ
識別子
EC番号 1.14.17.4
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum

アミノシクロプロパンカルボン酸オキシダーゼ(aminocyclopropanecarboxylate oxidase)は、システインメチオニン代謝酵素の一つで、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

1-アミノシクロプロパン-1-カルボン酸 + アスコルビン酸 + O2 \rightleftharpoons エチレン + シアニド + デヒドロアスコルビン酸 + CO2 + 2 H2O

この酵素の基質1-アミノシクロプロパン-1-カルボン酸アスコルビン酸O2で、生成物はエチレンシアニドデヒドロアスコルビン酸CO2H2Oである。

組織名は1-aminocyclopropane-1-carboxylate oxygenase (ethylene-forming)で、別名にACC oxidase、ethylene-forming enzymeがある。

参考文献[編集]