アミノアシルtRNA合成酵素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

それぞれのアミノ酸に対応するtRNAにアミノ酸を転移する一群の酵素アミノアシルtRNA合成酵素Aminoacyl tRNA synthetaseaaRS)と呼ぶ。アミノアシルtRNAシンテテースシンセターゼと呼ばれることもある。コドンアミノ酸の間のアダプター分子の一つ。アミノアシルtRNA合成酵素とtRNAとの特異的な相互作用はアンチコドンとさらに別の核酸塩基に依存することが多いが、いくつかのtRNAではアンチコドンが関係しないことが知られている。大きく2つのクラスに分かれ、クラスIのアミノアシルtRNA合成酵素は、アミノアシル基をtRNAの3'末端アデニル酸の2'ヒドロキシル基に転移し、クラスIIのアミノアシルtRNA合成酵素は、3'ヒドロキシル基に転移する。

関連項目[編集]