アミア・カルヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アミア
Amia calva 2.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 顎口上綱 Gnathostomata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: アミア目 Amiiformes
: アミア科 Amiidae
: アミア属 Amia
: アミア・カルヴァ
A.calva
学名
Amia calva
Linnaeus, 1766
英名
Bowfin

アミア・カルヴァ(学名 Amia calva)は、北米大陸東部の淡水に生息する古代魚の一種。肉食。 英名は"Bowfin"の他、"dogfish"、"mudfish"、"grindle"(または"grinnel")、"lawyer"といった異名があり、ルイジアナ州南部では、"tchoupique"や"choupique"などとも呼ばれる。

特徴[編集]

水中の酸素濃度が薄いときは、空気呼吸も行う。体は頭部を除きガノイン鱗と呼ばれる硬鱗に覆われるが、現生種は化石種に比べガノイン層が退化しており、形状も放射状の先端部のみ円形の特殊なものである。菱形ガノイン鱗と異なり、障害物に接触した際など単体で脱落する場合がある。

食欲旺盛で昆虫、ザリガニ、魚、カエルなど様々なものを捕食する。 幼魚は特に、餌があるだけ食べようとする傾向がある。飼育環境下での死亡原因として、食べ過ぎによる腹部破裂の例がある。

長い基底の背鰭を波打たせるように泳ぎ、前進時と後進時では逆に動かす。目は良く動く。 下顎部にシャベル状の大きな咽板があり、口内には鋭い歯を備えている。口器はコイ科スズキ目の魚とは異なり伸縮可能な構造ではない。 また長い鼻管を備えている。 肉食である事から性質は荒いとされるが、個体差がある。[要出典]

雌雄の別は、尾びれ付根の眼状斑の有無で見分ける。模様があるのが雄。幼魚期には雌雄いずれも眼状斑を持つが、雌は成長と共に消失する。成熟した雄は生息域水温の上昇する繁殖期の春〜初夏に掛けて各ひれや腹部、口腔内部にエメラルドグリーンの婚姻色が現れる。

北米産の古代魚として、幼魚が観賞魚ルートで日本にも輸入される。10℃前後から30℃超の幅広い水温に適応し、10℃以上であれば摂餌行動を取る。 成魚でも雄は雌よりも大きくはならない。[要出典]

アミア目の他種は絶滅しており、本種は唯一の現生種でもある。

関連項目[編集]