アマ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アマ科
Linum usitatissimum - Köhler–s Medizinal-Pflanzen-088.jpg
アマLinum usitatissimum
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: キントラノオ目 Malpighiales
: アマ科 Linaceae
学名
Linaceae
DC. ex Perleb (1818)

アマ科Linaceae)はキントラノオ目に属するの一つ。繊維と油を採るために栽培されるアマなどが含まれる。

クロンキスト体系ではコカノキ科などとともにアマ目としていた。

特徴[編集]

草本または木本で、250種ほどが世界に広く分布する(うちアマ属が200種近くを占める)が、日本に自生するのはマツバニンジン (Linum stelleroides) ただ1種である。そのほかアマ属とキバナアマ属の数種が帰化植物として見られる。

は全縁で細長いものが多く、互生。は両性の虫媒花で、5または4数性、放射相称。花は大型で赤・黄・青など美しいため観賞用に栽培されるものも多い。

分類[編集]


Hugonioideae

Hebepetalum+Roucheria




Hugonia




Durandea




Indorouchera



Philbornea






Linoideae


キバナアマ




Tirpitzia



Anisadenia






アマ属 Linum




Radiola linoides



アマ属 それ以外(CliococcaSclerolinonHesperolinon 含む)






系統[1]

2亜科に14属が属する[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b McDILL, JOSHUA R., and Beryl B. Simpson. (2011). “Molecular phylogenetics of Linaceae with complete generic sampling and data from two plastid genes”. Botanical Journal of the Linnean Society 165 (1): 64-83. doi:10.1111/j.1095-8339.2010.01096.x.