アマドゥ・トゥマニ・トゥーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アマドゥ・トゥマニ・トゥーレ
Amadou Toumani Touré
Amadou Toure.jpg

任期 2002年6月8日2012年3月22日

マリ共和国の旗 マリ共和国
人民救済移行委員会委員長
任期 1991年3月26日1992年6月8日

出生 1948年11月4日(66歳)
Flag of French Sudan (1958-1959).svg フランス領スーダン(現マリ共和国)、モプティ
政党 無所属
配偶者 トゥーレ・ロッボ・トラオレ

アマドゥ・トゥマニ・トゥーレAmadou Toumani Touré, 1948年11月4日 - )は西アフリカマリ共和国軍人政治家2002年6月8日から同国大統領を務めたが、2012年3月21日に発生したクーデターで反乱軍より権限を奪われたと宣言されている(後述)。国民からは『アテテ(フルネームの頭文字"ATT"のフランス語読み)』と呼ばれている。

経歴[編集]

フランス領スーダン(現マリ)中部の都市モプティ出身。モプティで初等教育を受け、1966年から1969年の間はバマコ中等教育を履修した。卒業後は教師となるも、後にマリ軍に入隊し、軍学校に通った。マリ軍の空挺部隊員として着々と昇級を重ねたトゥーレは、ソ連フランスへの訓練留学の機会を与えられ、1984年には空挺部隊の司令官に就任した。

民主主義の戦士[編集]

マリでは1968年にクーデターで実権を握ったムーサ・トラオレによる長期独裁政権に対する不満が高まっており、1991年3月22日には遂に民衆蜂起が発生。それに乗じ、4日後に軍事クーデターが起き、20年以上にわたってマリを支配したトラオレ政権は打倒された。このクーデターにはトゥーレも参加しており、民政移管までの暫定政権の元首(人民救済移行委員会委員長)への就任が認められた。トゥーレは1年後の民政移管を公約し、民主的な新憲法(現行憲法)制定に力を注いだ。翌1992年には大統領選と議会選を実施。大統領選で当選を決めたマリ民主同盟(ADEMA)のアルファ・ウマル・コナレへの権限委譲をスムーズに行った。こうした経緯から、当時のトゥーレは民主主義の戦士[1]と呼ばれた。

政治家への転向[編集]

その後も精力的な活動を続け、2001年には中央アフリカアンジュ=フェリクス・パタセ政権に対して起こったクーデター(結果的に失敗)に際し、国連コフィー・アナン事務総長の特使として同国に派遣された。

また同年、軍を退役し、政治家を志すようになる。翌2002年4月28日にコナレの任期満了に伴う大統領選が予定されており、トゥーレはそれに無所属で立候補した。大統領選は予定通りに行われたが、その第1回投票で過半数を獲得する候補がおらず、コナレ政権下で財務相、環境相、都市計画相などを歴任したADEMAのスーマイラ・シセとトゥーレによる決選投票が行われることになった。決選投票は同年5月12日に実施され、トゥーレが64.35%[2]の得票率で当選。6月8日にマリ共和国第4代大統領(現行憲法下では2代目)に就任した。

大統領として[編集]

トゥーレ政権は概して変則的な構成となっている。トゥーレ自身が無所属であることから首相職には無所属の人物が当てられ、その他閣僚はマリの様々な政党の人物が参加している。その中でも、トゥーレ政権は児童基金の設立などの実績を残している。

2007年4月29日実施の大統領選ではトゥーレは再選を目指し、第1回投票で71.20%[3]の得票で当選を決めた。敗北した他の候補者は選挙結果を不正だとして受け入れを拒否する旨を示したが、諸外国の選挙監視団によれば、選挙は自由かつ公正なものだったという[4]。そして同年6月8日、トゥーレ政権の2期目がスタートした。

2012年3月21日に軍の一部がクーデターを起こし、反乱軍は権力掌握を宣言。トゥーレは大統領府から脱出したと報じられ[5]、4月8日に正式に大統領辞任を表明した[6]。4月18日にはマリ国内を脱出し、隣国セネガルへと亡命している。

参考[編集]

  1. ^ Country profile: Mali BBC 2009年11月1日閲覧(英語)。
  2. ^ Mali. Presidential Election 2002 Electoral Geography 2009年11月1日閲覧(英語)。
  3. ^ "Mali / Présidentielle: la Cour constitutionnelle valide la réélection de Touré", AFP (Maliweb.net), 2009年11月1日閲覧(フランス語)。
  4. ^ Nick Tattersall, "Toure camp claims election win", Reuters (IOL) 2009年11月1日閲覧(英語)。
  5. ^ “マリでクーデター、反乱軍が大統領府制圧 憲法停止表明”. AFPBB News (フランス通信社). (2012年3月22日). http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2867107/8680748 2012年3月22日閲覧。 
  6. ^ “マリ大統領が辞任表明、クーデターの軍政から民政移管へ”. ロイター (ロイター). (2012年4月9日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE83801B20120409?sp=true 2012年4月9日閲覧。 


公職
先代:
アルファ・ウマル・コナレ
マリ共和国の旗 マリ共和国大統領
第4代:2002 - 2012
次代:
アマドゥ・サノゴ英語版
(民主主義制定のための全国委員会委員長)
先代:
ムーサ・トラオレ
(大統領)
マリ共和国の旗 マリ共和国
人民救済移行委員会委員長

1991 - 1992
次代:
アルファ・ウマル・コナレ
(大統領)