アマガミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アマガミSSから転送)
移動: 案内検索
アマガミ
ジャンル 恋愛学園
ゲーム
ゲームジャンル 恋愛シミュレーション
対応機種 PlayStation 2
PlayStation Portable(エビコレ+版のみ)
PlayStation Vita(エビコレ+版のみ)
発売元 オリジナル版:エンターブレイン[1]
エビコレ+版:角川ゲームス
プロデューサー 坂本俊博
キャラクターデザイン 高山箕犀
シナリオ オリジナル版:坂本俊博、太田僚、あおのだいおー
エビコレ+版追加分:
塚本美夫、成井乃輝、平祐樹、猪狩暁
メディア DVD-ROM(PS2)
UMD(PSP)
PlayStation Vitaカード(PS Vita)
プレイ人数 1人
発売日 オリジナル版:2009年3月19日
エビコレ+版:2011年3月31日[2]
売上本数 オリジナル版:約8.1万本[3]
エビコレ+版【PS2】:3万2084本[4]
エビコレ+版【PSP】:13万8175本[4]
レイティング CEROC(15才以上対象)(PS2、PSP)
CEROD(17才以上対象)(PS Vita)
コンテンツアイコン 恋愛
セクシャル
キャラクター名設定 主人公のみ可
セーブファイル数 20
キャラクターボイス 主人公および一部脇役を除いた全員
漫画(長編)
漫画:アマガミ precious diary
作者 東雲太郎
出版社 白泉社
掲載誌 ヤングアニマル
レーベル ジェッツコミックス
発表号 2009年23号 - 2011年23号
巻数 全5巻
話数 本誌連載分:全32話、あいらんど読み切り分:全10話
その他 ヤングアニマルあいらんど no.9(2009年8月) - no.18(2012年3月)
読み切り特別編が毎号掲載
漫画:アマガミ Sincerely yours シンシアリーユアーズ
作者 桜小鉄
出版社 エンターブレイン[1]
掲載誌 ファミ通コミッククリア(雑誌ではなく、ウェブサイト)
レーベル ファミ通クリアコミックス
発表期間 2009年10月30日 - 2010年7月30日
巻数 全1巻
話数 全6話(単行本収録:5話)
その他 未完作品
漫画:アマガミ Love goes on !
作者 上乃龍也
出版社 アスキー・メディアワークス[5]
掲載誌 電撃マオウ
レーベル 電撃コミックス
発表号 2010年3月号 -
巻数 全3巻
その他 2011年11月号までは、奇数月号のみの隔月掲載
2012年2月号より毎号掲載(2012年秋より長期休載中)
漫画:アマガミ close to you
作者 安藤智也
出版社 角川書店
掲載誌 コンプエース
発表期間 2010年8月号
その他 作者急病につき、1話のみで連載中止
漫画:アマガミ dreamy forever
作者 虎向ひゅうら
出版社 角川書店[6]
掲載誌 コンプエース
レーベル 角川コミックス・エース
発表号 2011年2月号 - 2011年8月号
巻数 全1巻
話数 全4話
その他 偶数月号のみの隔月掲載
漫画:アマガミ わっ!
作者 歌麿
出版社 エンターブレイン[1]
掲載誌 季刊誌・amaro 2012 winter号(第1話)
同誌公式サイト上コンテンツ「amaro Trial Comic」配信(第2話以降)
発表期間 2012年6月13日(第2話) - 2013年2月13日
話数 全6話
その他 偶数月のみの隔月配信
アニメ
アニメ:アマガミSS
原作 エンターブレイン[1]
監督 平池芳正
シリーズ構成 平池芳正
脚本 平池芳正、木村暢待田堂子
キャラクターデザイン 合田浩章
音楽 大森俊之
アニメーション制作 AIC
製作 アマガミSS製作委員会、TBS
放送局 放送局参照
放送期間 2010年7月 - 2010年12月
話数 全26話(放送時:全25話)
その他 BD/DVD:全13巻
アニメ:アマガミSS+ plus
原作 エンターブレイン[1]
監督 小林智樹
シリーズ構成 木村暢
脚本 木村暢、待田堂子
キャラクターデザイン 合田浩章
音楽 大森俊之
アニメーション制作 AIC
製作 アマガミSS+製作委員会、TBS
放送局 放送局参照
放送期間 2012年1月 - 2012年3月
話数 全13話
その他 BD/DVD:全7巻
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト ゲーム漫画アニメ
ポータル ゲーム漫画アニメ

アマガミ』は、2009年エンターブレイン[1]から発売された、PlayStation 2恋愛シミュレーションゲームソフトインターネットラジオ番組を皮切りに、ドラマCD化や漫画化といったメディアミックス展開が積極的に行われ、2010年2012年の二度に渡るテレビアニメ化にも至った。

概要[編集]

過去にエンターブレインが発売した恋愛シミュレーションゲームソフト『トゥルー・ラブストーリー』シリーズや『キミキス』のスタッフが制作に携わった。前々作『True Love Story Summer Days, and yet...』と前作『キミキス』が夏を描いた作品であるのに対して、本作は冬が舞台となる。広告展開におけるキャッチコピーは、「雪降る夜に、届けたい想いがあります」。

従来作品と異なる特徴として、恋愛を甘く見た不届き者には天罰が下る、という要素が盛り込まれている。いずれ離ればなれになる、という清純なイメージの悲恋的展開がベースだった従来作と比較すると多分に毒を含んでおり、一部展開においては、かなり辛口にも発展する。さらに、「従来の、非の打ち所のない正統派ヒロインとは一味異なるタイプが据えられたメインヒロイン」、「序盤にいきなりフラれる」、「唐突に発生するバッドエンド」、「強制的にルート進行が遮断される爆弾イベント」、「鉢合わせによる修羅場を描いた涙イベント」、「特殊な状況で発生するテキタイ落ち」、「主人公と結ばれなかった場合のヒロイン達のその後」などの要素も追加されたことで、シナリオバリエーションや意外性が高まっている。また、従来では他のパソコン用アダルトゲームからの移植作などと一線を画し、コンシューマーゲーム機オリジナル作品の恋愛シミュレーションゲームは一般的にちょっとエッチな程度の描写に留められていたが、本作におけるヒロインとの一部エンディングではかなり際どい会話や描写も含まれている。

アマガミは、前作のキミキスと共通しているところが一部ある。 アマガミの舞台は『輝日東』という架空が舞台となっており一方の前作のキミキスは『輝日南』という架空の街で描かれている。 詳細は不明だが、アマガミの『輝日東』とキミキスの『輝日南』は隣街だと思われる。 アマガミでは前作のキミキスに登場したキャラクターがアマガミでは似たような名前をして登場しているが、実際は、同一人物ではない。 また、アマガミの年代設定は、前作のキミキスの7〜8年前が舞台であると思われる。 一方のキミキスはキミキスが発売された2006年で舞台だと思われ、アマガミはキミキスの7〜8年前であるため、90年代後半の1998年1999年の冬が年代設定だと思われる。 作中にはもちろん携帯電話スマホは一切登場しない。 本作の主人公(橘純一)の部屋には、初代PlayStationがモデルと思われるゲーム機がの描かれていたりする。 テレビがブラウン管だったり、当時の雰囲気を描いている。

作中BGMにおいては、通常のものに加えた別バージョンとして、1980年代におけるNEC社製パソコン・PC-8801FM音源によるクラシックモード搭載という試みもなされた。なお、メーカー公式サイトでは、オリジナルであるフルプライス版『アマガミ』に対してプレイ上の不具合の存在が公表されている[7]が、後発のエビコレ+版では改善されている。

エビコレ+(プラス)版[編集]

2011年に、PlayStation Portable対応版も加わった『エビコレ+ アマガミ』が発売された。エビコレ+とは、エンターブレインによる制作・著作ソフトの改良廉価版の名称で、「eb! collection plus」の略。ジグソーパズルやクリアポスターといった各種特典物が同梱された数量限定仕様版『エビコレ+ アマガミ Limited Edition』も同時発売。企業グループ内における各ゲーム事業部の編成統合化により、発売元は角川ゲームスとなった。広告展開におけるキャッチコピーは「聖夜に伝える、あなたへの想い」。

本編内容は、極一部のイベントなどを除いてオリジナル版と同一だが、プレイの利便性を向上させるための一部改良が施されている。さらに大きな特徴として、複数話にまたがる新規専用シナリオ上で麻雀が遊べるミニゲーム『アマガミ ぬくぬくまーじゃん』が追加された。これには『キミキス』編のストーリーも用意されており、フリー対戦モードでは、両作品のキャラクターを交えながらの対戦[8]も可能となっている。

あらすじ[編集]

主人公(デフォルト名は橘純一)は高校2年生の少年。少年は憧れの先輩・森島はるかを遠目に眺めつつ、彼女もいない寂しい学園生活を送っている。彼は過去のとある経験から、恋愛とクリスマスに苦手意識を持っていた。吐く息も白くなり始めた初冬のある日[9]、少年は憧れの先輩の卒業が迫りつつあることに気付き、2つの苦手意識を克服しようと心に決める。少年は様々な女の子と出会い、一つ一つの行動を選んで付き合いを深めた末に、いかなるクリスマスを迎えるのか。

ゲームシステム[編集]

ゲームは、従来作での移動エリア選択方式とイベントの確率発生を改め、マス目で表現された「行動マップ」から直接自分の行動を選ぶシステムを採用している。プレイヤーは「休み1」「休み2」「昼休み」「放課後」の4つの時間帯ごとに、自分の行動(起こしたい対象相手のイベント)を選んでゲームを進める。イベントの発生はこの4つの機会に留まらず、従来の「登校時」「下校時」に加えて、「休み3」「帰宅時」「就寝時」にも強制的に発生することがある。1日の行動を終えると、ヒロイン達との現在の関係を示す「好感度マップ」を確認できる点は従来作とほぼ同じだが、必須イベントを消化しないことにはその後の進展が全くなくなる。もっとも、行動マップにおける各マスは、次のイベントへの繋がりを色別表示しており、必然としてマップ自体がフローチャートに近い役割を果たしている。ランダム要素は一切排除された、手順さえ見出せば常に同じ結果が得られる仕組みで、実質的にはアドベンチャーゲーム寄りのスタイルとなっている。

また、ヒロインと一対一で会話する「会話モード」での話の進め方により、「ごほうびイベント」や「下校デート」などさまざまなイベントが発生する。ただし、従来作とは異なる点として、「会話モード」で発生したイベントは一部の例外を除いて、基本攻略とは一切無関係の要素となっている。このシステムにより、比較的容易に二股以上の恋愛関係を作り出すことができるものの、ゲームにもたらす影響は従来作よりもはるかに深刻で、場合によってはどんでん返しの結末を生むこともある。

プレイ中のセーブや各エンディングへの到達時に発生するシステムセーブにより、過去のプレイで選択した全ての履歴[10]が記録されていく仕様となっており、ある行動を選択したことが後の周回プレイにも反映され、同じ状況においても更なる別の選択肢が追加されていくこともある。行動マップのマス目を全て埋めるにはさまざまな状況を作り出す必要があり、単純に全ヒロインの攻略やイベントグラフィックの回収だけに留まらないやり込み要素が豊富となっている。

攻略日数は約40日間[11]。特定の条件(☆イベント)を満たした上で各ヒロインに割り当てられた期日に達すると一段上にランクアップし、条件を満たせなかったヒロインとは関係が希薄となっていく。この期日はゲーム期間中、二度用意されており、個々のシナリオルート分岐はこの時点で行われる。なお、最高ランク(スキルート)での攻略においても、辿った行動条件次第でBEST・GOOD・BADの、それぞれ異なるエンディングへと至る。

登場人物[編集]

輝日東(きびと)高校[12]とその周辺地域を舞台に、以下のキャラクター達が登場する。

声優はゲーム版・ドラマCD版・テレビアニメ版共通。ゲーム版は主人公の声なし。

メインキャラクター[編集]

橘 純一(たちばな じゅんいち)[13]
声:前野智昭斎藤桃子(アニメ版・幼稚園および小学生時代)
クラス:2年A組 / 部活:なし / 年齢:16歳[14] / 誕生日:12月14日[15] / 星座:射手座
家族:父・母・妹 / 通学手段:徒歩
主人公。年上好みで、高いところが苦手。一人称は「僕」。
2年前、告白した女の子からクリスマスデートの約束をすっぽかされて失恋したという苦い経験があり、それ以来恋愛やクリスマスに対して苦手意識を持っている。高校2年生も終盤に近付いてきた初冬、今年こそはクリスマスを女の子と過ごそうと一念発起する。
自宅の押入に蛍光ペンで書き入れた自前のプラネタリウムを持っており、ひどく落ち込んだときにはそこへ引きこもる癖がある。人目に付かない校内の未使用室を隠れ家として「お宝本」を秘蔵している。また、ゲームや漫画好きで、放課後はしばしばゲームセンターを訪れ、妹が持つ少女漫画も愛読している。
妹の美也に対しては、色々と手を焼きつつも結局甘やかすことが多い。
温厚な性格かつ紳士的ではあるが、特殊な性癖と大胆不敵な行動力からゲーム内では「ポルノ野郎」「セクハラ魔人」などと呼ばれることもある[16]
絢辻 詞(あやつじ つかさ)
声:名塚佳織
「天下無敵の仮面優等生」[17]
クラス:2年A組 / 部活:なし / 血液型:AB型 / 年齢:17歳 / 誕生日:10月8日 / 星座:天秤座
好きな事:勉強・テスト・読書・貯金・自分を高める行為・自分のプラン
苦手な事:昆虫や爬虫類・意地っ張りな自分・鏡・家族(特に姉)・自分の品位を下げる行為・自分のプランを邪魔する者
家族:父・母・姉 / 通学手段:徒歩 / 主人公の呼び方[18]:あなた
クラス委員と創設祭実行委員を掛け持ちする、絵に描いたような優等生。文武両道で、クラスメイトのみならず教師からも一目置かれる存在。面倒見もよく、彼女の周りにはいつも人の輪ができている。静かな場所を好み、放課後は図書室によくいる模様。
ところが学校から離れると神社や河原で一人過ごしたり、姉について拒絶反応を示す[19]などのワケありな行動も。鉄壁なまでの笑顔の影にある本心を、まだ誰も知る由はない。
ゲーム内では、一人称が「わたし」「あたし」「私」と、最終的に3つの形で表現される。この使い分けには意味があり、彼女を理解する鍵となっている。
広告展開におけるキャッチフレーズは、「私を見つけて」。
絢辻 つかさ
声:名塚佳織
「天下無敵の仮面小学生」[20]
あるイベントにて見られる、詞の小学生姿。主人公名以外、セリフが全てひらがなで表示される。
『ぬくぬくまーじゃん』フリー対戦モードでは、詞の別コスチューム扱いとして選択することができるようになる。
桜井 梨穂子(さくらい りほこ)
声:新谷良子
「ぽっちゃり幼馴染」[17]
クラス:2年B組 / 部活:茶道部 / 血液型:A型 / 年齢:17歳 / 誕生日:4月12日 / 星座:牡羊座
好きな事:人の笑顔・甘い物・世間話・歌を歌うこと・ラジオを聞くこと
苦手な事:数学・運動・悪口・怒ること
家族:父・母 / 通学手段:徒歩 / 主人公の呼び方[18]:あなた
主人公の幼稚園時代からの幼馴染み。密かに主人公を想い続けている。
自作の鼻歌を歌ったりして、いつもぼーっとしているのんびり屋。かなりのドジっ子でもあるが、どんな時も笑顔を絶やさず、男子に人気がある。
少々ぽっちゃり気味でスタイルを気にしているが、甘い物・新作スイーツ・クリーム系の食べ物に目がない。最近、そのことが高じてお菓子作りに目覚めたようで、腕前もプロ級だと言われている。
広告展開におけるキャッチフレーズは、「ず〜っと 見てるからね」。
棚町 薫(たなまち かおる)
声:佐藤利奈
「気ままでさばさばした悪友」[17]
クラス:2年A組 / 部活:なし / 血液型:B型 / 年齢:17歳 / 誕生日:8月1日 / 星座:獅子座
好きな事:明るい雰囲気・恋愛の話・悪ノリ・甘い物・炭酸飲料・掃除洗濯・新発売や季節限定など目新しいもの
苦手な事:暗い雰囲気・退屈・ノリの悪い人・カエル・中学時代のあだ名・試験やテストなど試されること・あやふやな物言い・勉強
家族:母 / 通学手段:徒歩 / バイト先:駅前のファミレス / 主人公の呼び方[18]:あんた
主人公とは中学校からの腐れ縁で、ツッコミ役。サバサバした男勝りな性格で、誰にでも分け隔てなく接するので友人が多い。詞とは、クラスの男子達の間で人気を二分している。
流行、おしゃべり、イベントが大好きで、何にでも首を突っ込むトラブルメーカー。そのため中学時代は「輝日東の核弾頭」というあだ名が付けられた。
幼少時に父を亡くして以来、母子家庭で育つ。今時の女子高生に見えるが、放課後はバイトに明け暮れており、家計の足しにしているほどしっかりしている。
オシャレで非凡なセンスの持ち主であり、特に絵画に関しては、教師達からも一目置かれている。
広告展開におけるキャッチフレーズは、「なんでもお見通しよ」。
中多 紗江(なかた さえ)
声:今野宏美
「ふかふかボディーの純情少女」[17]
クラス:1年B組 / 部活:なし / 血液型:A型 / 年齢:15歳 / 誕生日:2月14日 / 星座:水瓶座 / 身長:148cm[21]
好きな事:誠実で頼れる人物・牛乳・甘い物・穏やかな空間と時間・手紙・美也
苦手な事:地震・香水・辛い物・人を傷つける嘘
家族:父・母・祖母 / 通学手段:電車 / 主人公の呼び方[18]:先輩
最近転校してきた1年生で、美也や逢のクラスメイト。出版社社長の令嬢として厳格な家に育ち、今時の女子高生にしては珍しく素直で礼儀正しい。反面、世間知らずなところがあり、極度の人見知り。男性の前では完全に委縮してしまい、何も言えなくなってしまう。
1年生とは思えないほど魅力的なスタイルを持ち、男子のみならず女子からも熱い視線を注がれている。しかし、本人はそのことに全く気付いていない。
広告展開におけるキャッチフレーズは、「そんなに 見ないで下さい」。
七咲 逢(ななさき あい)
声:ゆかな
「面倒見のよいクールな後輩」[17]
クラス:1年B組 / 部活:水泳部 / 血液型:O型 / 年齢:15歳 / 誕生日:2月21日 / 星座:魚座
好きな事:海・部活・夜(静かだから)・弟
苦手な事:うるさい場所や人・病院・数学
家族:父・母・弟 / 通学手段:徒歩 / 主人公の呼び方[18]:先輩
美也や紗江のクラスメイト。普段はポーカーフェイスで口数も少なく、クールな態度を取る。実際は温和で、人情深く面倒見が良い。
共働きの両親を手伝って夕食を作ったり、年の離れた弟の面倒を見たりと家庭的な一面も見せている。料理上手。
運動神経抜群で、水泳部では大型ルーキーとして期待されている。だが決してそれに驕ることはなく、人知れず放課後に練習したり河原で走り込んだりと、かなりの努力家。その反面、頭の回転は早いものの勉強は不得意で、歩くのはあまり速くない。
広告展開におけるキャッチフレーズは、「ふふっ みんな見てますよ」。
森島 はるか(もりしま はるか)
声:伊藤静
「男殺しの天然女王」[17]
クラス:3年A組 / 部活:なし / 血液型:O型 / 年齢:18歳 / 誕生日:9月22日 / 星座:乙女座
好きな事:動物・植物・かわいいものや人・誰かの面倒を見ること
苦手な事:暗いところ・雷・機械の扱い・香草系の香りの強いもの・ホラースプラッタ全般
家族:父・母・兄・弟(2人) / 通学手段:電車 / 主人公の呼び方[18]:キミ
魅惑の笑顔と長身のパーフェクトボディで、学校中の男子の視線を釘付けにする3年生。創設祭のミスサンタコンテストで2年連続優勝を果たしている。主人公や梅原にとっても憧れの存在であり、高嶺の花と思われている。
本人はその美貌が周囲へ与える影響に自覚がなく、大好きな動物や年の離れた弟達とじゃれる感覚で周囲と接してしまうため、ますます悩殺されてしまう男子生徒が後を絶たないという。彼女の巻き起こす騒動は、親友の塚原が上手にフォローしているおかげで抜き差しならぬ事態に陥ることはない。
本人はしっかり者のつもりだが、極度の天然ボケで抜けているところが多い。料理は苦手の模様。
母方の祖父がイギリス人にあたるクォーターであり、本名は“森島・ラブリー・はるか”であると語っている[22]
広告展開におけるキャッチフレーズは、「ダ〜メ ちゃんとこっちを見て」。
上崎 裡沙(かみざき りさ)
声:門脇舞以
「スニーキングヒロイン」[23]
クラス:2年C組[24](アニメ版:B組) / 部活:なし / 血液型:O型 / 年齢:17歳 / 誕生日:6月23日 / 星座:蟹座 / バストサイズ:70[25]
好きな事:主人公・人の噂・占い
苦手な事:主人公にちょっかいを出す女性・自分の思い通りにならないもの・動物・牛乳・ゴーヤ
家族:祖父・祖母・父・母・妹 / 通学手段:徒歩 / 主人公の呼び方[18]:あなた、にぃに
どことなく影の薄い謎の女の子。あるきっかけにより、長期に渡って密かに主人公を想い続けている。ゆえに、どのような状況も自分に都合良く解釈しようとする傾向を持つ。普段は影からおとなしく見つめるだけだが、こうと決めたら非常に大胆かつ積極的な行動を取る。ただし、度胸という部分では至って平凡な女の子であり、言い争いなどに発展した場合も狡猾に立ち回れるというわけではない。 実は主人公の過去に関わりのある人物で、美也とも知り合い。
隠れキャラクターに当たる扱いであり、攻略過程において、中学時代のクリスマスにおける事件の真相が明かされ、後述の美也ルートへも繋がるシナリオ上の位置付けにある。
システム上の扱いもメインヒロイン6人とは大幅に異なり、6人分のエンディングを終えた段階で出現条件が開放、以後の周回では、序盤の選択肢によって任意で出現させることが可能となる。個別攻略ルートとランクアップ要素は存在せず、ゲーム最終日までは、特定条件ごとにイベントが自動発生する形式で進行する。
出現状態下において、攻略終盤、6人のいずれかにクリスマスフラグ(上崎エンディング必須条件でもある、メインヒロインのスキエンディングフラグ)を、個別に設定された特定期日[26]に立てると、該当ヒロインの存在に危機感を覚えた裡沙が引き起こす「テキタイ落ちイベント」がその後日に連動発生する。この強制イベントにより、該当ヒロインが自動的に「スキ → テキタイ」へと変化してしまい、上崎の言動に左右されない絢辻詞以外の5人は攻略不能に陥る[27]

サブキャラクター[編集]

橘 美也(たちばな みや)[28]
声:阿澄佳奈
「きまぐれ我侭甘えん坊」[17]
クラス:1年B組 / 部活:なし / 血液型:O型 / 年齢:16歳 / 誕生日:6月22日[15] / 星座:蟹座 / バストサイズ:70[25]
好きな事:テレビ・漫画・自分の気分がいいときの兄
苦手な事:勉強・ホラー・自分の気分が悪いときの兄
家族:父・母・兄 / 通学手段:徒歩 / 主人公の呼び方[18]:にぃに、お兄ちゃん
同じ高校に通う、主人公の妹。紗江や逢のクラスメイトで、主人公同様に梨穂子とは幼馴染み。「にっしっし〜」と笑う癖がある。
主人公に対し、二人きりのときは「にぃに」と呼ぶが、人前では「お兄ちゃん」と、ちょっぴり距離を置きたがる。自分のことは「みゃー」と呼んでおり、性格は猫そのもの。人見知りしないゆえ誰とでも仲良くなれるが、独占欲も強く、兄が女の子と仲良くしていると、嫉妬してふてくされてしまう。
子供っぽい言動で兄を困らせることも多いが、根は優しく素直で、内心では兄のことを人一倍気に掛けている。
幼児体型を気にしており、紗江のふかふかボディに憧れている。料理が致命的に下手。大好きな父親といまだに一緒に風呂に入っている。
前シリーズ『トゥルーラブストーリー』および、前作『キミキス』から継承された妹キャラであり、“お約束のイベント”も用意されているが、ヒロイン攻略の助言役としての側面は弱まっている[29]
一定の条件を満たした上でゲームを進めると、美也専用のイベント群を発生させる分岐選択肢が出現する。裡沙同様、個別の攻略ルートカテゴリーとランクアップ要素は存在せず、特定日の夜にのみ、固定イベントが毎時挿入される形式で進行する。エピローグを除き、他のヒロイン達との進行と干渉し合うことはない。
広告展開におけるキャッチフレーズは、「にぃにのお星様見せて!」。
高橋 麻耶(たかはし まや)
声:早水リサ
「色気十分の担当教諭」[17]
クラス:2年A組担任(日本史担当) / 血液型:O型 / 年齢:29歳 / 誕生日:10月24日 / 星座:蠍座
好きな事:ヨガジョギング・生徒との交流・お酒
苦手な事:同僚のオッサンギャグ・ギャンブル
家族:父・母・妹 / 通勤手段:車
厳しくも優しい、主人公のクラスの担任教師。ヨガとジョギングで鍛えた健康美の持ち主で、男子生徒にも人気がある。しっかり者だが、うっかりミスしてしまうことも。
未だに独身で恋人はおらず、素敵な恋を待ち続けて早5年となる。同校の卒業生で、初代ミスサンタ。実は酒乱の気がある。
ゲームの進め方次第では彼女にアタックできることもあるが、散々な結末しか待っていない[30]
梅原 正吉(うめはら まさよし)
声:寺島拓篤
「粋な親友」[17]
クラス:2年A組 / 部活:剣道部(幽霊部員気味) / 血液型:O型 / 年齢:17歳 / 誕生日:7月7日 / 星座:蟹座
好きな事:運動・和菓子等の和風物全般・剣道部の先輩
苦手な事:勉強・ナイフとフォークの扱い
家族:祖父・父・母・兄・弟 / 通学手段:徒歩
主人公の小学校時代からの悪友。主人公を「大将」と呼ぶ。互いに「お宝本」を貸し借りし合う仲で、過去の手痛い失恋から立ち直れていない主人公を叱咤激励している。明るく面倒見が良いので友人が多く、かなりの事情通。よく女の子について色々な情報を教えてくれる。
剣道部に所属しているが、憧れの先輩が受験準備で顔を見せなくなってきたため、主人公曰く、幽霊部員気味とのこと。実家は「東(あずま)寿司」という寿司屋を経営している。
伊藤 香苗(いとう かなえ)
声:松岡由貴
「梨穂子の恋の見届け人」[17]
クラス:2年B組 / 部活:なし / 血液型:B型 / 年齢:17歳 / 誕生日:5月15日 / 星座:牡牛座
好きな事:ミルク多めのコーヒー・和食・お寿司(さび抜き)・梨穂子と主人公をからかうこと
苦手な事:虫・きゅうり・スイカ・わさび・雨の日
家族:祖父・父・母・兄・弟 / 通学手段:徒歩
梨穂子の親友。梨穂子のボケにツッコミを入れたり恋の行方をからかいながらも、温かく見守っている。梨穂子を訪ねに行くと必ず取り次いでくれる。
趣味はコンピュータで、周りからはマニア扱いされている。作中登場の女子生徒としては唯一、制服にタイリボンではなくネクタイを着用。
前々作『True Love Story Summer Days, and yet...』登場ヒロイン「神谷 菜由(かみや なゆ)」が元となっており、担当声優も同一。
田中 恵子(たなか けいこ)
声:門脇舞以
「柔和で大人しい棚町薫の親友」[17]
クラス:2年A組 / 部活:なし / 血液型:O型 / 年齢:17歳 / 誕生日:6月13日 / 星座:双子座
好きな事:棚町薫・生クリームを使ったお菓子・少女マンガ
苦手な事:運動・車(すぐに酔う)・電車のラッシュ
家族:父・母・兄(2人) / 通学手段:徒歩
控え目で優柔不断な、主人公のクラスメイト。薫とは、1年の時に同じクラスになって以来の大親友。いつも強引な薫に振り回されているように見えるが、本人は薫の行動力を頼もしく感じている。最近は恋の悩みを抱えている様子。
前々作『True Love Story Summer Days, and yet...』登場の隠しヒロインが元となっており、担当声優も同一。
塚原 響(つかはら ひびき)
声:浅川悠
「はるかの親友・理解者・そして保護者」[17]
クラス:3年A組 / 部活:水泳部 / 血液型:O型 / 年齢:18歳 / 誕生日:11月1日 / 星座:蠍座
好きな事:はるかをからかう事・水泳部の後輩達・ウィンドウショッピング
苦手な事:はるかにからかわれる事・料理
家族:祖父・父・母 / 通学手段:電車
はるかの親友で、彼女の良き理解者。はるかの世話を始めとし、彼女に振られた男子のフォローまで、ソツなくこなす。
文武両道で水泳部の部長を務めており、後輩達からは慕われている。反面、笑顔に乏しく、強面と見られることに悩んでいる。
飛羽 愛歌(ひば まなか)
声:原田ひとみ
「怪しい茶道部3年生」[23]
クラス:3年A組 / 部活:茶道部 / 血液型:B型 / 年齢:18歳 / 誕生日:7月13日 / 星座:蟹座
好きな事:琉璃子・梨穂子・小動物
苦手な事:不明
家族:父・母 / 通学手段:徒歩
茶道部副部長。独特の口調と間で、不思議な存在感が漂っている。
言葉が極端に少なく何を考えているのか分かりにくい上、常に長袖を着ていて肌を露出しないなど、外見上でも謎が多い。プール利用時も水着ではなく、何故かウェットスーツを着用する。将棋がかなり上手いらしい。
キミキス』登場の「飛羽 愛美(ひば まなみ)」と酷似[31]しており、担当声優も同一。
夕月 琉璃子(ゆづき るりこ)
声:佐藤泉美
「危険な茶道部3年生」[23]
クラス:3年A組 / 部活:茶道部 / 血液型:O型 / 年齢:17歳 / 誕生日:1月27日 / 星座:水瓶座
好きな事:愛歌・梨穂子・派手なもの・粋がいいもの
苦手な事:ちゃらちゃらしたヤツ
家族:父・母 / 通学手段:徒歩
茶道部部長。梨穂子をとても可愛がっている。男勝りで乱暴な言動が多く、かなり強引なところもあるが、面倒見も良く、人情に厚い。
愛歌とコンビを組み、気に入った生徒を片っ端から部へ勧誘している。
『キミキス』登場の「夕月 薫子(ゆづき かおるこ)」と酷似[31]しており、担当声優も同一。
山口 亜弓(やまぐち あゆみ)
声:佐倉ゆき
「茶道部OG」[23]
クラス:大学生 / 部活:茶道部OG / 血液型:O型 / 年齢:20歳 / 誕生日:5月8日 / 星座:牡牛座
好きな事:茶道・琉璃子・愛歌・ドライブ・お酒
苦手な事:安酒・よっぱらい
家族:父・母・姉 / 通学手段:徒歩(高校在学時)
茶道部の先々代部長。琉璃子や愛歌とは顔見知りで、お茶会に誘うためにときどき茶道部へ顔を出す。
落ち着いた雰囲気のある、主人公曰く「大人の女性」。実は男っぽく粋な性格で、琉璃子もたじろぐほど。
絢辻 縁(あやつじ ゆかり)
声:五十嵐愛子
「絢辻詞の純粋すぎる姉」[23]
クラス:大学生 / 部活:テニス部 / 血液型:B型 / 年齢:21歳 / 誕生日:4月29日 / 星座:牡牛座
好きな事:かわいいもの・ウィンドウショッピング・紅茶・寝ること
苦手な事:虫・難解なこと
家族:父・母・妹 / 通学手段:電車
詞の姉。遠目でも分かるほどの美貌の持ち主で、非常に穏やかで純粋な性格。逆を言えば空気が読めないほどのマイペースで、作品中、はるかと一二を争う重度の天然ボケ。そのせいで詞に疎んじられていることも全く気付いていない。また、その天然ボケが引き起こした数々の所行により、子供達や犬からも避けられている。
家族仲も良好とは言えないようだが、当の本人はあまり気にしている素振りを見せない。
黒沢 典子(くろさわ のりこ)
声:田内夏子
「絢辻詞を敵対視する女の子」[23]
クラス:2年B組 / 部活:なし / 血液型:A型 / 年齢:16歳 / 誕生日:3月10日 / 星座:魚座
好きな事:主人公・権力・お金・妄想・自分に優しくしてくれる人
苦手な事:詞・自分の思い通りにならない現実
家族:父・母 / 通学手段:電車
輝日東高校が所在する市の市議会議員「黒沢 典夫」の娘で、主人公に想いを寄せている女の子。思い込みが激しい上にマイナス思考で、詞を一方的に(恋の)ライバル視している。
典型的ないじめっ子タイプで、さまざまな手を使って詞の評判を落とし、彼女を創設祭実行委員の座から引きずり下ろそうと企む。
七咲 郁夫(ななさき いくお)
声:ゆかな
「七咲逢の甘えん坊な弟」[23]
クラス:小学1年生 / 部活:なし / 血液型:O型 / 年齢:6歳 / 誕生日:1月15日 / 星座:山羊座
好きな事:ゲーム・戦隊ものなどの勧善懲悪なテレビ番組・姉の作るオムライス・イタズラ・姉・同級生のとある女の子
苦手な事:長い話・勉強・じっとしていること
家族:父・母・姉 / 通学手段:徒歩
逢の、年の離れた弟。わがままで生意気だが、無口なので何を考えているのか分かり辛い。しょっちゅうイタズラしては逢に叱られているが、彼女のことが大好き。
最近は淡い初恋に目覚めたようである。
御木本 久遠(みきもと くおん)
声:大橋隆昌
「輝日東の撃墜王」[23]
クラス:3年B組 / 部活:なし / 血液型:O型 / 年齢:18歳 / 誕生日:5月5日 / 星座:牡牛座
好きな事:はるか・女の子と遊ぶこと・ちやほやされること
苦手な事:女の子に冷たくされること
家族:父・母・兄・弟 / 通学手段:電車
はるかに想いを寄せる男子。付き合う彼女を取っ替え引っ替えしている名うてのプレイボーイ。イケメン、長身、モデル体型と3拍子揃っているため、自然とモテてしまう性質の悪いところがある。
その悪名高さゆえ、周りからは「撃墜王ミッキー」と呼ばれている。本人曰く「俺が(女性に)振られるようなことはあってはならない」そうである。
花園 聖治(はなぞの せいじ)
声:皆川達也
「はなぢ王子」[23]
クラス:2年B組 / 部活:吹奏楽部 / 血液型:A型 / 年齢:17歳 / 誕生日:7月31日 / 星座:獅子座
好きな事:はるか・クラリネット・自分磨き
苦手な事:自分を否定されること
家族:祖父・祖母・父・母・弟 / 通学手段:電車
はるかに想いを寄せる男子。自他共に認める学年一のイケメン。1年生時、体育授業中に鼻血を出したことがあり、それがきっかけで苗字の花(はな)と名前の冶(じ)を掛けて、やっかみがてら「はなぢ王子」と呼ばれている。
軽薄だが、女の子にちやほやされるための努力は欠かさない、影の努力家。
樹里 路美雄(きさと ろみお)
声:浜添伸也
「ロンリーロミオ」[23]
クラス:1年A組 / 部活:陸上部 / 血液型:O型 / 年齢:15歳 / 誕生日:12月25日 / 星座:山羊座
好きな事:はるか・年上にかわいがられること
苦手な事:かまってもらえないこと
家族:父・母・姉(2人) / 通学手段:電車
はるかに想いを寄せる男子。ルックスが可愛いため、年上の女性にちやほやされている。
弱々しいタイプに見えるが、こうと決めた相手にはしつこいほど強引にアタックする。
お金持ちの末っ子として育ったためか、逆境に弱い。名前負けしていると自分でも思っているようである。はるかと良い関係にある主人公を「認めない」らしい。
蒔原 美佳(まきはら みか)
声:原田ひとみ
「主人公が過去にあこがれていた女の子」[23]
クラス:高校2年生 / 部活:バスケット部 / 血液型:O型 / 年齢:16歳 / 誕生日:12月21日 / 星座:射手座
好きな事:イケメン・楽しいこと・おしゃべりをすること
苦手な事:退屈
家族:父・母・兄 / 通学手段:不明
主人公が中学校3年のときに好きだった、元クラスメイトの女の子。現在は隣街の輝日南(きびな)高校に通っている。
本編の二年前、主人公とのクリスマスデートをすっぽかして彼を振って、恋愛とクリスマスに対する苦手意識を与えた張本人。
今時の女子高生で、全く興味のない男の子に誘われても、勢いに任せてその場でOKしてしまうほどノリが軽い。
プロローグ時点で名前のみ挙がっており、ある条件進行下でのイベントにて登場する。進め方次第では、彼女にデートをすっぽかされた理由が明らかとなる。
マイケル・ギャラガー
声:大橋隆昌
「スタイリッシュダーツ野郎」[23]
血液型:O型 / 年齢:31歳 / 誕生日:10月10日 / 星座:天秤座
好きな事:ダーツ・お酒・ナンパ・ギャンブル・勇敢な男
苦手な事:おとなしく振る舞うこと・二日酔い
家族:父・姉・妹 / 通勤手段:自転車
日本語交じりの怪しい英語を話す、英会話教室の講師。通称「マイク・キッド」。カリフォルニア出身で、来日して3年目になる。
筋肉質の男性写真集を嬉々として購入したり、主人公とのデートをかけてダーツ勝負をしてくるなど、油断ならない趣味の持ち主。
マサ
声:無し(ゲーム版)/小野大輔(ドラマCD版)
クラス:2年A組
主人公と梅原の悪友その1。休み時間には、よく主人公とお宝本やゲームの話に花を咲かせている。
ゲーム上でグラフィックは用意されていないが、後述のドラマCDのブックレットに、キャラクターデザイン担当の高山箕犀によって新たに描かれた全身イラストが掲載されている。
ケン
声:無し(ゲーム版)/杉田智和(ドラマCD版)
クラス:2年A組
主人公と梅原の悪友その2。マサと同じく、休み時間には主人公とよく話をしている。
ゲーム上でグラフィックは用意されていないが、後述のドラマCDのブックレットに、キャラクターデザイン担当の高山箕犀によって新たに描かれた全身イラストが掲載されている。
ユウジ
声:無し(ゲーム版のみ登場)
クラス:2年A組 部活:演劇部[32]
主人公と梅原の悪友その3。休3「ヒロインは見ていた」イベント(3択)にマサと共に登場し、主人公へ質問をしてくる。
薫の叔父
声:神谷浩史
????と表記されているが、実際には薫の叔父(父親の弟)役である。ドラマCD vol.6に登場。
イカ男
声:大橋隆昌
「イナゴマスクの天敵」[20]
作中における特撮ヒーロー番組「イナゴマスク」の悪役怪人。中多紗江ルートや『アマガミ ぬくぬくまーじゃん』に登場。
きびにゃん
声:無し
「キビトランドのおうじさま」[20]
遊園地「キビトランド」のマスコットキャラクター。『アマガミ ぬくぬくまーじゃん』では、イカ男と組む悪役として登場。

エンディングテーマソング[編集]

「ずっと、このままで…」
歌:絢辻詞(cv:名塚佳織) / 作詞:日山尚 / 作曲:岩垂徳行
  • 後述の『アマガミ オリジナルサウンドトラック』にも収録。
  • 2012年2月に発売となった、アニメ『アマガミSS+ plus』のオープニングテーマ「Check my soul」とエンディングテーマ「告白」のシングルCD。これらをエンターブレイン[1]のオンラインショッピングサイト・ebten(エビテン)でセット購入すると、オリジナルの数量限定特典として、同歌手・azusaによるカバー曲のCDが付属配布された。タイトルは「ずっと、このままで… 〜azusa acoustic session〜」と冠され、その名が示す通り、曲にはアコースティックアレンジが施されている。

購入特典[編集]

ソフト発売当初、数量限定購入特典が配布された。

フルプライス版:『アマガミ 特典ドラマCD』
本編後におけるヒロインとの、バレンタインデーを始めとした日常の一コマを描いたショートドラマ集。各ヒロインごとの個別シナリオが収録。
ゲーム同様、「主人公=プレイヤー」という扱いにつき、ヒロインの一人芝居による形式で進行する。シナリオは、本編も担当した太田僚による。
エビコレ+版:『アマガミ -Various Artists- 0』
それぞれ描き手が異なる、複数の作家陣によるオムニバス漫画本。各ヒロインごとの短編漫画と、その他のショートおよび4コマ漫画が掲載。
全84ページ。巻末には、限定版『エビコレ+ アマガミ Limited Edition』付属のクリアポスターにも採用された『キミキス』未公開イラストが収録されている。書籍名が表すように、後述アンソロジーコミック『アマガミ -Various Artists-』シリーズに準じた作りとなっており、表紙カバーを外すと同様の仕掛けが施してある。
なお、元々のエビコレ+版発売予定日[2]に合わせて製本されていたため、奥付の発行日は“2011年1月27日”と印字されている。

関連商品[編集]

書籍[編集]

エンターブレイン[1]刊。エビコレ+版対応の改訂攻略本は未発売。エンターブレイン『ファミ通の攻略本』サイトにて、フルプライス(オリジナル)版との差異部分についての攻略情報ページが設けられており、ゲーム公式サイトからもリンクされている。

種別 書籍名 図書コード 発売日 備考
攻略本 アマガミ オフィシャルコンプリートガイド ISBN 978-4-7577-4908-5 2009年4月25日 開発者談話掲載、キャラクターデザイン担当・高山箕犀描き下ろしカバーイラスト
ムック TECH GIAN イレギュラーズ SUMMER ISBN 978-4-7577-5013-5 2009年7月15日 各種設定資料、および開発者談話掲載 / 雑誌扱い

CD[編集]

TWOFIVE RECORDS 発売分】

アマガミ オリジナルサウンドトラック
TRCD-10086〜10088 / 2009年4月17日発売 / 3枚組
エンディングテーマソングを含む全39曲をDisc-01と02に収録。Disc-03には、FM音源によるクラシックアレンジバージョン全35曲を別途収録。
ジャケットイラスト担当:高山箕犀。
アマガミ キャラクターソング
各担当声優による歌。ゲームBGM同様、FM音源による伴奏曲を使用したクラシックアレンジバージョンも同時収録。さらにvol.1からvol.8には、想いを一人語りするヒロインのモノローグドラマが、vol.3+4 「ナカヨシCD」とvol.7+8 「アコガレCD」においては、該当ヒロイン二人によるショートドラマが、それぞれ収録されている。
タイトル 商品コード 発売日 備考
vol.1 桜井梨穂子 「DJK」 TRCD-10089 2009年6月26日 全ジャケットイラスト担当:高山箕犀
・【vol.1〜vol.8】 描き下ろし
・【ソエンCD】 ゲーム内グラフィック流用
・【ナカヨシCD、アコガレCD】 単品盤用イラスト2枚の組み合わせ
vol.2 絢辻詞 「Afterglow」 TRCD-10090 2009年7月24日
vol.3 中多紗江 「Wish“ちょっぴりの勇気”」 TRCD-10092 2009年9月18日
vol.4 美也 「Grown up !」 TRCD-10093
vol.5 七咲逢 「trust」 TRCD-10094 2009年10月23日
vol.6 棚町薫 「Thanksgiving」 TRCD-10095 2009年11月20日
vol.7 森島はるか 「わんわんディスコフィーバー」 TRCD-10101 2010年1月22日
vol.8 塚原響 「恋の偏差値」 TRCD-10103 2010年2月19日
梅原正吉&高橋麻耶&上崎裡沙 「ソエンCD」 TRCD-10099 2010年3月19日 2009年12月29日31日開催のコミックマーケット77会場、
および通信販売にて先行販売
vol.3+4 紗江&美也 「C76限定 ナカヨシCD」 TRCD-10091 2009年8月14日 2009年8月14日〜16日開催のコミックマーケット76会場での限定販売
vol.7+8 はるか&響 「C77限定 アコガレCD」 TRCD-10098 2009年12月29日 2009年12月29日〜31日開催のコミックマーケット77会場、
および通信販売のみでの限定販売

タブリエ・コミュニケーションズ発売分】

ドラマCD 「アマガミ」
ゲーム本編後における、それぞれのヒロインとの後日談を描いた内容。2年生の3学期や3年生進級後など、時期はまちまちとなっている。
シナリオは、外部のシナリオ制作会社・シナリオ工房 月光による。
タイトル 商品コード 発売日 備考
Vol.1 「桜井梨穂子&美也」編 AMDR-0001 2009年6月26日 全ジャケットイラスト担当:高山箕犀
Vol.2 「絢辻詞」編 〜私の帰るべき場所〜 AMDR-0002 2009年7月24日
Vol.3 「七咲逢」編 〜来ちゃいました、先輩♪〜 AMDR-0003 2009年10月23日
Vol.4 「中多紗江」編 〜今年も、あなたと〜 AMDR-0004 2010年1月29日 2009年12月29日〜31日開催のコミックマーケット77会場にて先行販売
高山箕犀描き下ろしによる、マサ&ケンのイラストが同封ブックレット上にて初公開
Vol.5 「森島はるか」編 〜My Graduation〜 AMDR-0005 2010年3月26日
Vol.6 「棚町薫」編 〜創設祭は大騒ぎ!〜 AMDR-0006 2010年6月25日 Vol.4と同一の、マサ&ケンのイラストが同封ブックレットに掲載
ラジオCD 「良子と佳奈のアマガミ カミングスウィート!」
後述の同名番組をMP3形式でまとめて、新規録り下ろし分を加えたCD。各2枚組。
Vol.5以降のジャケットイラストは、後述の漫画化作品を手掛けた作家が担当している。
巻数 収録回 商品コード 発売日 備考
Vol.1 第0回〜第8回 AMRD-0001 2009年6月26日 ジャケットイラスト担当:高山箕犀(〜Vol.4)
Vol.2 第9回〜第17回 AMRD-0002 2009年9月25日 2009年8月14日〜16日開催のコミックマーケット76にて先行販売
Vol.3 第18回〜第26回 AMRD-0003 2009年10月23日
Vol.4 第27回〜第35回 AMRD-0004 2010年1月29日 2009年12月29日〜31日開催のコミックマーケット77にて先行販売
Vol.5 第36回〜第44回 AMRD-0005 2010年3月26日 ジャケットイラスト担当:桜小鉄(〜Vol.8)
Vol.6 第45回〜第53回 AMRD-0006 2010年6月25日
Vol.7 第54回〜第62回 AMRD-0007 2010年11月26日
Vol.8 第63回〜第71回 AMRD-0008 2011年1月28日
Vol.9 第72回〜第80回 AMRD-0009 2011年5月27日 ジャケットイラスト担当:オトウフ(〜Vol.20 OP/EDテーマソングCDも同様)
Vol.10 第81回〜第89回 AMRD-0010 2011年6月24日
Vol.11 第90回〜第98回 AMRD-0011 2011年7月29日
Vol.12 第99回〜第107回 AMRD-0012 2011年10月28日
Vol.13 第108回〜第116回 AMRD-0013 2011年12月30日 2011年12月23日開催の同番組公開録音にて先行販売
Vol.14 第117回〜第125回 AMRD-0014 2012年2月24日
Vol.15 第126回〜第134回 AMRD-0015 2012年3月30日
Vol.16 第135回〜第143回 TBZR-0005/0006 2012年5月9日
Vol.17 第144回〜第152回 TBZR-0029/0030 2012年7月4日
Vol.18 第153回〜第161回 TBZR-0033/0034 2012年8月1日
Vol.19 第162回〜第170回 TBZR-0045/0046 2012年12月26日
Vol.20 第171回〜第179回 TBZR-0047/0048
白泉社刊『ヤングアニマルあいらんど』誌においても、番外編となる録り下ろし番組を収録したCD-ROMが付属された。
号数 収録番組名 付属CD-ROM名 雑誌発売日
no.12 良子と佳奈のアマガミ カミングスウィート! あいらんどSP 『アマガミ precious diary』 お宝CD-ROM 2010年6月29日
no.14 良子と佳奈のアマガミ カミングスウィート! あいらんどSP2 『アマガミ precious diary』 お宝CD-ROM III 2011年2月28日
CD 「良子と佳奈のアマガミ カミングスウィート! OP/EDテーマソング 時々ドキドキ / like a flower」
PCCG-90064 / 2011年4月27日発売 / 1枚組
同番組で第97回より使用されていたテーマソング。録り下ろしラジオ同時収録。音楽CD扱いにつき、販売元はポニーキャニオン

パソコンゲーム[編集]

アマガミテトリス
『アマガミ』と『テトリス』のコラボレーションによる作品。テトリスオンラインダウンロード販売されていた。新たに書き下ろされた専用シナリオ上で、次々と立ちふさがる他キャラクターとの、テトリスによる対戦を繰り返すという内容。フルボイス仕様で、元ゲームの主人公である『橘 純一』もボイス付きの対戦キャラとして登場する。
Windows XP/Vista対応。2009年11月販売開始、2010年6月販売終了。
アマガミテトリス 〜七咲逢編〜 2009年11月2日発売
アマガミテトリス 〜森島はるか編〜 2009年11月16日発売
アマガミテトリス 〜絢辻詞編〜 2009年11月30日発売

ファンディスク[編集]

アマガミ ちょっとおまけ劇場
エンターブレイン[1]刊『TECH GIAN』誌の2011年2月号から7月号まで、6ヶ月連続企画として、アドベンチャーゲーム形式[33]の追加シナリオ集を収録したCD-ROMが付属された。ゲーム本編の後日談、または同時間軸の更なる別派生物語となる内容で、一部サブキャラクターとの恋愛展開も用意されている。音声はシナリオに合わせて新規収録のフルボイス仕様、グラフィックは大半が元ゲームからの流用。動作環境はPS2ではなく、Windows(2000/XP/Vista)上となっている。
当時、雑誌を入手しそびれたユーザーからの再版要望の声が多く寄せられたため、特別措置としてDMM.comにて期間限定ダウンロード販売も行われた。また、アニメ第2期放映記念として、二度目となるDL販売が2011年12月より実施されている。更に2012年4月より、amazon.co.jp(厳密には、販売元はAmazon Services International, Inc.) からもダウンロード販売が開始された。
ディスク 収録シナリオ 雑誌発売日 DL版販売期間【DMM】[34] DL版販売開始日【amazon】
EX1 桜井梨穂子 『梨穂子のおまじない』
棚町薫 『ファミレスに願いを』
2010年12月21日 2011年4月8日 - 同年6月30日
2011年12月9日 -
2012年4月13日
EX2 中多紗江 『紗江のドキドキ逃避行』
高橋麻耶 『Miss Santa & Mis Santa』
2011年1月21日 2011年4月15日 - 同年6月30日
2011年12月16日 -
EX3 美也 『Grown up !』
森島はるか 『我ら輝日東高校サンタ部!』
2011年2月21日 2011年4月22日 - 同年6月30日
2011年12月16日 -
EX4 七咲逢 『逢の子守唄』
塚原響 『響く想い 彼方へ』
2011年3月19日 2011年4月29日 - 同年6月30日
2011年12月22日 -
EX5 絢辻詞 『天下無敵の大貧民』
全メインヒロイン 『6人サンタ』 (前述9シナリオクリア状態で開示)
2011年4月21日 2011年5月27日 - 同年6月30日
2011年12月22日 -
EX6 美也&上崎裡沙 『僕は漫画家』
上崎裡沙 『プレゼント フォー ユー』 (『6人サンタ』クリア状態で開示)
おまけ 『ながされて……』
2011年5月21日 雑誌販売の優先都合上、初回時は未配信
2012年1月6日 -
アマガミ ジャイアニズムスペシャル
上記『TECH GIAN』編集部による、ゲーム・アニメ・漫画などのキャラクターコンテンツ雑誌『ジャイアニズム』のVol.2(2012年3月30日発売)に付属されたCD-ROMソフト。2012年12月21日よりDMM.comにてダウンロード販売も開始。
『ちょっとおまけ劇場』と同システム・同動作環境下のアドベンチャーゲーム形式で、あちらが各ヒロインごとの短編オムニバス作品集であったのに対して、こちらは全4編から構成される長編単一作品となる。内容は『エビコレ+ アマガミ』内のミニゲーム『アマガミ ぬくぬくまーじゃん』の後日談で、クリスマスイヴ当日の“裏”創設祭における、主要人物全員が入り乱れて[35]の喜劇が描かれている。シナリオ担当は塚本美夫。
  • プロローグ 〜独りぼっちのクリスマス〜
  • 前編 〜開催 裏創設祭!〜
  • 中編 〜さよならダンボール男〜
  • 後編 〜日陰男子よ、永遠に〜

漫画[編集]

複数の出版社より、さまざまな形態での漫画化作品が発表されており、2013年初頭時点での書籍化は4社10タイトルに及ぶ。

長編連載作品[編集]

アマガミ precious diary
連載シリーズ、および読み切り回ごとにヒロインが異なるオムニバス形式。
ヤングアニマル本誌では、【絢辻詞編】と【棚町薫編】の2編が連載。増刊のあいらんどでは、全ヒロイン分の読み切りが掲載された。連載分が原作ゲームにほぼ忠実な内容であるのに対して、読み切り分では、主に後日談となる漫画独自のエピソードが描かれている。
号数 ヒロイン サブタイトル 発売日 関連付録
no.9 1年生トリオ[37] ノックは無用 2009年8月21日 キミキス -various heroines-』 CD-ROM画集:公開済みカラーイラスト全収録
no.10 森島はるか ダッ君カフェ 2009年12月9日
no.11 桜井梨穂子 食べられちゃった 2010年3月29日
no.12 七咲逢 溺れてしまいそう 2010年6月29日 お宝CD-ROM:フルカラー版“食べられちゃった”収録
no.13 絢辻詞 アメとムチ 2010年10月29日 お宝CD-ROM II:フルカラー版“溺れてしまいそう”収録
no.14 美也 愛情表現 2011年2月28日 お宝CD-ROM III:フルカラー版“アメとムチ”収録
no.15 中多紗江 チャー・シュー・メン 2011年5月27日 お宝CD-ROM IV:フルカラー版“ダッ君カフェ”&“愛情表現”収録
no.16 上崎裡沙 恋人だからできること 2011年9月6日
no.17 棚町薫 女の子スイッチ 2011年12月28日 お宝CD-ROM V:フルカラー版“チャー・シュー・メン”&“恋人だからできること”収録
no.18 森島はるか(2) 卒業アルバム 2012年3月29日 お宝CD-ROM VI:フルカラー版“女の子スイッチ”収録
巻数 連載分収録編 読み切り分収録話[38] 図書コード 発売日
第1巻 絢辻詞編 16話 『キミキス -various heroines-』里仲なるみ編 ISBN 978-4-592-14701-5 2010年6月29日
第2巻 1年生トリオ[37]特別編 ISBN 978-4-592-14702-2 2010年10月29日
第3巻 棚町薫編 16話 森島はるか特別編 ISBN 978-4-592-14703-9 2011年5月27日
第4巻 桜井梨穂子特別編 ISBN 978-4-592-14704-6 2011年12月28日
第5巻 - 七咲逢、絢辻詞、美也、中多紗江、上崎裡沙、
棚町薫、森島はるか(2)、各特別編
ISBN 978-4-592-14705-3 2012年6月29日
第5巻は、あいらんどに掲載された全10本のフルカラー化コミックと、雑誌表紙などを飾った全カラーイラストを収録したDVD-ROM付属の初回限定版(ISBN 978-4-592-14795-4)も同時発売。表紙と口絵のイラストもそれぞれ異なっており、通常版が七咲逢と中多紗江、限定版が森島はるかと桜井梨穂子となっている。
アマガミ Sincerely yours シンシアリーユアーズ
絢辻詞を主軸ヒロインとして進行。原作ゲームとは内容が異なり、1年生の冬時点から開始の独自ストーリーが展開する。
全6話公開、単行本収録は5話まで。連載中止による未完作品につき、続巻なし。
アマガミ Love goes on !
シリーズごとにヒロインが異なるオムニバス形式。原作ゲームの主要エピソードを中心として、ダイジェスト的に構成されている。
巻数 収録編 読み切り番外編 図書コード 発売日
第1巻 七咲逢編 4話 1年生トリオ[37] ISBN 978-4-04-868803-1 2010年8月27日
第2巻 森島はるか編 6話 七咲逢編・後日談 ISBN 978-4-04-870843-2 2011年12月17日
第3巻 桜井梨穂子編 9話 森島はるか編・後日談 ISBN 978-4-04-891195-5 2014年3月27日
アマガミ close to you
桜井梨穂子と七咲逢のダブルヒロイン形式。作者急病につき、1話のみで連載中止。
アマガミ dreamy forever
主役は美也で、彼女の視点から兄・橘純一と森島はるかの恋模様が描かれている。全4話。単行本は巻数表記されているが、続巻なしで完結[41]
アマガミ わっ!
茶道部所属である、桜井梨穂子・夕月琉璃子・飛羽愛歌の3人が主役。作品タイトルは、茶道の「和」と茶道部の「輪」が掛けられている。全6話。
  • 著者:歌麿
  • エンターブレイン[1]amaro』2012 winter号掲載(第1話)
  • 同誌公式サイト上コンテンツ『amaro Trial Comic』配信(第2話以降 / 2012年6月13日〜2013年2月13日、隔月)

4コマおよびショート連載作品[編集]

週刊アマガミストへの道
橘純一がボケ役で、他の人物はほぼ総じてツッコミ役となるギャグ作品。作品タイトル通り、週刊ペースで発表された。
タイトルは継承していないものの、同様の漫画が後述の『マジキュー4コマ アマガミ』シリーズにも掲載されている。
形態 掲載および配信メディア 掲載期間 掲載数 備考
4コマ 週刊ファミ通(No.1059〜No.1066) 2009年3月〜同年5月 8本
ウェブサイト・ファミWeb 2009年5月〜同年11月 21本 ファミ通掲載分の続き
携帯サイト・ファミ通DX 2009年6月〜2010年12月 78本 『週刊アマガミストへの道DX』でのタイトル
ショート ウェブサイト・ファミ通コミッククリア 2010年10月22日〜同年11月26日 6回
あまがみっ!
4コマとショートの混合編成。意図的に崩した、粗い絵柄による過激ギャグ作品。全16話。
原作ゲームの前々作『True Love Story Summer Days, and yet...』や前作『キミキス』を含めた、原作および派生商品絡みの細かなネタが数々と散りばめられている。
  • 著者:ピアイ才
  • ファミ通コミッククリア配信(2010年4月30日〜2011年7月15日、月1回)
  • レーベル:ファミ通クリアコミックス(全2巻)
巻数 図書コード 発売日 備考
第1巻 ISBN 978-4-04-726951-4 2010年12月15日
第2巻 ISBN 978-4-04-727508-9 2011年9月15日 「田中さんのゆううつ」(初出:TECH GIAN 2011年8月号)巻末収録
※2012年3月30日発売の『ジャイアニズム Vol.2』(エンターブレイン刊)にて、アニメ第2期のネタで構成された『あまがみっ!出張版』が掲載された。フルカラー6ページ。
あまがみっ!SS+ plus
『あまがみっ!』と同一作風のショート漫画。作品タイトル通りアニメ第2期に基づいた内容で、番組に合わせて絢辻詞から順に、各話ごとにそれぞれのヒロインへとスポットを当てた構成となっている。全7話。
  • 著者:ピアイ才
  • ファミ通コミッククリア配信(2012年7月27日〜2013年1月25日、月1回)
アマガミニ!
各キャラクターを幼稚園児に見立てた[42]、2ページのショート漫画。「たちばなようちえん」を舞台に、橘純一先生と園児達が繰り広げるコメディ。アニメ第2期放送開始記念として企画され、番組に合わせて「つかさ編」から「みや編」までの全7話が連載された。
  • 著者:渡会けいじ
  • 白泉社『ヤングアニマル』掲載(2012年2号〜同年8号)
  • 白泉社『ヤングアニマルあいらんど』no.18掲載(「とくべつ編」4ページ / 2012年3月29日発売)
  • 白泉社『ヤングアニマルあいらんど』no.19別冊付録(本誌連載分7本と「とくべつ編」を再収録し、描き下ろしの「パーティ編」4ページを加えたもの / 2012年6月29日発売)

描き下ろしアンソロジー作品[編集]

掲載作品ごとに描き手が異なる、複数の作家陣による短編集および4コマ集。1冊あたり20名前後の作家が参加している。

『- Various Artists -』シリーズの方は、表紙カバーを外すと、同構図で服装違いとなる別バージョンのヒロインイラストが現れる仕掛けになっている。また、ゲーム『エビコレ+ アマガミ』発売時には、非売品となる購入特典『アマガミ - Various Artists - 0』が数量限定で配布された。

エンターブレイン[1]刊 / レーベル:マジキューコミックス

書籍名 図書コード 発売日 表紙イラスト
アマガミ - Various Artists - ISBN 978-4-7577-5016-6 2009年8月26日 若月さな
アマガミ - Various Artists - 2 ISBN 978-4-04-726217-1 2009年12月25日 小梅けいと
アマガミ - Various Artists - 3 ISBN 978-4-04-726480-9 2010年4月24日 平つくね
アマガミ - Various Artists - 4 ISBN 978-4-04-726708-4 2010年8月25日 よしづきくみち
アマガミ - Various Artists - 5 ISBN 978-4-04-726939-2 2010年12月24日 呉マサヒロ
アマガミ - Various Artists - 6 ISBN 978-4-04-727854-7 2012年2月25日 すめらぎ琥珀
マジキュー4コマ アマガミ ISBN 978-4-04-726578-3 2010年6月29日 いけださくら
マジキュー4コマ アマガミ 2 ISBN 978-4-04-726835-7 2010年10月25日 みずのもと
マジキュー4コマ アマガミ 3 ISBN 978-4-04-727159-3 2011年3月25日 オトウフ
マジキュー4コマ アマガミ 4 ISBN 978-4-04-727393-1 2011年6月25日 いけださくら
マジキュー4コマ アマガミ 5 ISBN 978-4-04-727805-9 2012年1月25日 みずのもと
マジキュー4コマ アマガミ 6 ISBN 978-4-04-727922-3 2012年3月24日 オトウフ
マジキュー4コマ アマガミ 7 ISBN 978-4-04-728216-2 2012年6月25日 みずのもと

上記のアンソロジーコミックに掲載された作品群の内、同一テーマの内容で寄稿し続けていた作家二名の分をそれぞれまとめて、さらに書き下ろしを追加した作品集も同レーベルから発売された。

アマガミ 〜すなおのそのあと〜
サブキャラクターである塚原響をヒロインに据えたifストーリーもの。
アマガミサマ
各ヒロインが二頭身にデフォルメされた姿をした、アマガミの神様“アマガミサマ”達を中心とした内容の4コマ漫画。作中には、原作ゲームおよび派生商品絡みの細かなネタが数々と散りばめられている。
この作品は、同作者による同人誌『大願成就!アマガミサマ』(2009年5月発行)が原点となっており、そちらの掲載作も修正を加えて大半が単行本に収録されている。
書籍名 著者 図書コード 発売日 初出
アマガミ 〜すなおのそのあと〜 真田鈴 ISBN 978-4-04-727461-7 2011年8月25日 『アマガミ -Various Artists- 1〜5』
同社・季刊漫画雑誌『amaro』vol.1
アマガミサマ オトウフ ISBN 978-4-04-727462-4 『アマガミ -Various Artists- 2〜5』
『マジキュー4コマ アマガミ 1〜4』
同人誌『大願成就!アマガミサマ』(全53本中、39本[43]が収録)
アマガミ 公式サイト 「スペシャル」ページ 2009年12月25日更新記事

インターネットラジオ[編集]

音泉のインターネットラジオ番組。『良子と佳奈のアマガミ カミングスウィート!』のタイトルで、2009年3月16日(プレ配信となる第0回)から2012年9月17日まで毎週月曜日に配信された。全180回。パーソナリティは桜井梨穂子役の新谷良子と、美也役の阿澄佳奈の2人。

テレビアニメ[編集]

アマガミSS(第1期)
2010年7月よりTBSCBCMBSBS-TBSにて順次放送された。全26話。テレビ放送は25話で終了、残り1話はBD(Blu-ray Disc)およびDVDの最終巻に収録。販売ディスクには、放送時間やテレビ規制による審査[44]の影響でカットされたテレビ未放送部分も、各メインヒロインの最終章と上崎裡沙編に追加収録されている。
作品は、ヒロインによってそれぞれ異なるストーリーが展開されるオムニバス形式を採用している。各メインヒロイン1人につき4話(章)ごとの構成で、最後の上崎裡沙編と橘美也編のみ、1話完結となっている。それぞれの時系列もまちまちで、中多紗江編においては、原作ゲームにはない夏季からスタートする。いずれも内容は、概ねゲームの「スキルート(BESTエピローグ)」もしくは「ナカヨシルート」を踏襲しているが、一部大きく展開を変えたものもある[45]。また、背景画の多くが千葉県銚子市の実在施設[46]や風景をモデルとしており、輝日東高校校舎や通学路、駅前広場などのデザインは原作とは異なっている。
視聴率は全体を通して2.0%前後で推移し、第3話(森島はるか編・第三章)においては、深夜アニメとしては高水準となる3.4%を記録した[47]
アマガミSS+ plus(第2期)
2012年1月よりTBS、サンテレビ、CBC、BS-TBSにて順次放送された。全13話。近畿圏では、近畿広域局のMBSから兵庫県域局のサンテレビへと放送局が変更となったため、同地区でサンテレビを視聴できない世帯では、BS-TBSでのみの視聴となった。
作品タイトルは『+ plus』と重複表記されているが、読みの上では『プラス』1回となる。第1期同様、ヒロインごとにストーリーが展開されるオムニバス形式で、各メインヒロイン1人につき2話ずつ、それぞれの後日談が描かれている。同じく最後の橘美也編のみ、1話完結。内容は概ねオリジナルで、一部の状況設定[48]に原作ゲームのファンディスク『アマガミ ちょっとおまけ劇場』のものが取り入れられた。なお、番組前後に表示される提供クレジットには、原作ゲームの各漫画化作品(アンソロジーコミック含む)に携わった作家陣によるイラストを、回ごとに変更しながら使用する試みがなされた。

スタッフ[編集]

補記のない人物・団体は両期共通。

  • 原作 - エンターブレイン[1](プレイステーション2用ソフト『アマガミ』)
  • 監督 - 平池芳正【第1期】、小林智樹【第2期】
  • シリーズ構成 - 平池芳正【第1期】、木村暢【第2期】
  • キャラクターデザイン - 合田浩章
  • スーパーバイザー / 構成協力 - 高山箕犀、坂本俊博
  • 総作画監督[49] - 猪股雅美・立川聖治【第2期】
  • 美術監督 - 高橋麻穂
  • 色彩設計 - 松山愛子
  • 編集 - 廣瀬清志【第1期】、右山章太【第2期】
  • コンポジットディレクター(撮影監督) - 加藤友宜
  • 音響監督 - 飯田里樹
  • 音楽 - 大森俊之
  • プロデューサー - 田中豪、中村伸一、黄樹弐悠、藤田朋洋【第1期】、林洋平・高山昌子【第2期】
  • アニメーション制作プロデューサー - 笠原直徒【第1期】、岡村繁久【第2期】
  • アニメーション制作 - AIC
  • 製作協力 - ポニーキャニオン、AIC、ムービック、エンターブレイン[1]【第2期】
  • 製作 - アマガミSS製作委員会【第1期】、アマガミSS+製作委員会【第2期】、TBS

キャスト[編集]

アマガミSS(第1期)
森島はるか編(第1話〜第4話)
棚町薫編(第5話〜第8話)
  • ファミレスの男性客、男子生徒(中多紗江編、桜井梨穂子編、絢辻詞編、上崎裡沙編、橘美也編、第2期・絢辻詞編、第2期・桜井梨穂子編【表記:男子1】、第2期・中多紗江編でも同役出演) - 大下孝太
  • 男の子 - 松岡由貴
中多紗江編(第9話〜第12話)
  • ナレーション - 中田譲治(第2期・中多紗江編でも同役出演)
  • 学食のおばちゃん[51] - 斉藤貴美子(七咲逢編、第2期・中多紗江編でも同役出演)
  • 戦闘員 - 大下孝太
  • 謎の男 - Michael Rivas
七咲逢編(第13話〜第16話)
  • 商店街のオヤジ、剣道部員、ピエロ、男性客 - 大下孝太
  • 噂の図書委員 - 花澤香菜
  • 変身ベルトの合成音声 - Michael Rivas
  • 子犬[52] - 伊藤静
  • キングファラオ - 柴田秀勝
絢辻詞編(第21話〜第24話)
アマガミSS+ plus(第2期)
絢辻詞編(第1話〜第2話)
桜井梨穂子編(第3話〜第4話)
七咲逢編(第5話〜第6話)
棚町薫編(第7話〜第8話)
中多紗江編(第9話〜第10話)
森島はるか編(第11話〜第12話)

主題歌[編集]

オープニングテーマ[編集]

第1期
i Love」(第1話〜第12話)
歌・作詞・作曲 - azusa / 編曲 - azusa、t.sato
  • 第24話では、Bパートが挿入歌として使用。
  • オープニングアニメーションの最終部分で流れる人物カットの順番は各編ごとに異なり、該当ヒロインが最終6番目となる。
君のままで」(第13話〜第26話)
歌・作詞・作曲 - azusa / 編曲 - azusa、t.sato
  • オープニングアニメーションの最終部分で振り向く人物は各編ごとに異なり、それぞれ該当ヒロインが挿入される。
第2期
Check my soul
歌・作詞・作曲 - azusa / 編曲 - azusa、t.sato&r.wat
  • 単独登場となる橘美也編を除き、オープニングアニメーションの最終部分で集合していく人物の順番は各編ごとに異なる。直前編のヒロインから逆順に登場し、該当ヒロインが最終6番目となる。

エンディングテーマ[編集]

第1期
「キミの瞳に恋してる」(第1話〜第4話)
歌 - 森島はるか(伊藤静) / 作詞 - 伏見和行 / 作曲・編曲 - 津波幸平
「きっと明日は…」(第5話〜第8話)
歌 - 棚町薫(佐藤利奈) / 作詞 - 小川マキ / 作曲・編曲 - 横山克
「あなたしか見えない」(第9話〜第12話)
歌 - 中多紗江(今野宏美) / 作詞・作曲・編曲 - 黒澤直也
「恋はみずいろ」(第13話〜第16話)
歌 - 七咲逢(ゆかな) / 作詞 - Reika / 作曲・編曲 - 津波幸平
「恋はあせらず」(第17話〜第20話)
歌 - 桜井梨穂子(新谷良子) / 作詞 - フジノタカフミ / 作曲 - 多田慎也 / 編曲 - 浜崎裕司
「嘆きの天使」(第21話〜第24話)
歌 - 絢辻詞(名塚佳織) / 作詞・作曲・編曲 - 芦沢和則
「恋のゆくえ」(第25話)
歌 - 上崎裡沙(門脇舞以) / 作詞 - Yuka-ri / 作曲 - 吉川慶 / 編曲 - pOlOn
「素敵なある日」(第26話)
歌 - 橘美也(阿澄佳奈) / 作詞 - 伏見和行 / 作曲 - 町田トシユキ / 編曲 - 伊東ヒロム
  • 曲同様、エンディングアニメーションは各編ごとに全て異なり、それぞれ該当ヒロインのみが描かれたものとなっている。
第2期
告白
歌・作詞・作曲 - azusa / 編曲 - azusa、t.sato&r.wat
  • エンディングアニメーションの最終部分で振り向く人物は各編ごとに異なり、それぞれ該当ヒロインが挿入される。

挿入歌[編集]

第1期
minamo」(第15話)
歌 - 七咲逢(ゆかな) / 作詞 - 伏見和行 / 作曲・編曲 - 津波幸平
」(第20話)
歌 - 桜井梨穂子(新谷良子) / 作詞 - 小西裕子 / 作曲 - 多田慎也 / 編曲 - 生田真心

各話リスト[編集]

話数 メインヒロイン サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督 制作局放送日 提供バック用イラスト
第1期
第1話 森島 はるか 第一章 アコガレ 平池芳正 高島大輔 合田浩章 - 2010年
7月1日
-
第2話 第二章 セッキン 木村暢 島津裕行 唐戸光博 清水貴子 杉本功 7月8日
第3話 第三章 ヤキモチ 畑博之 奥野耕太 羽野広範、宮崎修治 7月15日
第4話 最終章 レンアイ 平池芳正 島津裕行 仁昌寺義人 猪股雅美、諸石美雪 7月22日
第5話 棚町 薫 第一章 アクユウ 待田堂子 金﨑貴臣 小林智樹 竹上貴雄、北島信幸 合田浩章
杉本功
7月29日
第6話 第二章 トマドイ 安田賢司 筑紫大介 藤本さとる 杉本功
猪股雅美
合田浩章
8月5日
第7話 第三章 ウラギリ 高本宣弘 高橋順 服部憲知、羽野広範 杉本功
合田浩章
8月12日
第8話 最終章 シンテン 鎌倉由実 唐戸光博 高橋直樹、立川聖治 8月19日
第9話 中多 紗江 第一章 コウハイ 島津裕行 奥野耕太 小関雅 8月26日
第10話 第二章 トックン 高本宣弘 高島大輔 北島信幸、清水貴子 杉本功 9月2日
第11話 第三章 ヘンカク 金﨑貴臣 関田修 渡辺奈月 9月9日
第12話 最終章 コイビト 島津裕行 仁昌寺義人 猪股雅美、諸石美雪 合田浩章 9月16日
第13話 七咲 逢 第一章 サイアク 木村暢 島津裕行
唐戸光博
平池芳正
唐戸光博 竹上貴雄、高橋直樹 杉本功 9月23日
第14話 第二章 トキメキ 畑博之 許宰銑、金祈南 10月7日
第15話 第三章 ヘンシン 井出安軌 関田修 渡辺奈月、柴田志朗 杉本功
柴田志朗
10月14日
第16話 最終章 コクハク 島津裕行 奥野耕太 清水裕輔、立川聖治 杉本功
合田浩章
10月21日
第17話 桜井 梨穂子 第一章 オモイデ 待田堂子 小林智樹 北島信幸、清水貴子 10月28日
第18話 第二章 テツダイ 木村隆一 仁昌寺義人 小関雅 - 11月4日
第19話 第三章 ヒキツギ 島津裕行 関田修 渡辺奈月、柴田志朗 杉本功 11月11日
第20話 最終章 サヨナラ 篠原俊哉 唐戸光博 猪股雅美、諸石美雪
立川聖治、うめつゆきのり
合田浩章 11月18日
第21話 絢辻 詞 第一章 ハッケン 木村暢 島津裕行 高島大輔 加藤里香、竹上貴雄
高橋直樹
11月25日
第22話 第二章 ウラガワ 村木一真 奥野耕太 許宰銑、三嶽理絵 立川聖治
合田浩章
12月2日
第23話 第三章 プライド 畑博之 関田修 渡辺奈月、柴田志朗 合田浩章 12月9日
第24話 最終章 ヤクソク 島津裕行 仁昌寺義人 清水裕輔、猪股雅美
立川聖治、諸石美雪
12月16日
第25話 上崎 裡沙 シンジツ 平池芳正 唐戸光博 杉本功、北島信幸
立川聖治、猪股雅美
諸石美雪
12月23日
第26話 橘 美也 イモウト 木村暢 高島大輔
平池芳正
合田浩章、立川聖治
猪股雅美
- BD/DVDのみ
第2期
第1話 絢辻 詞 前編 ユウワク 木村暢 島津裕行 高島大輔 立川聖治 猪股雅美 2012年
1月5日
ピアイ才
第2話 後編 ケッセン 仁昌寺義人 北村友幸、小泉初栄 1月12日 みずのもと
第3話 桜井 梨穂子 前編 ユウグレ 待田堂子 小林智樹 守田芸成 明珍宇作 1月19日 歌麿
第4話 後編 フウリン 別所誠人 荒井省吾 池田広明、新井伸浩 1月26日 上乃龍也
第5話 七咲 逢 前編 ツヨガリ 木村暢 島津裕行 阿宮正和 荒尾英幸 立川聖治 2月2日 ホムンクルス
第6話 後編 トウソウ 仁昌寺義人 可児里未、小暮昌広 2月9日 大塚子虎
第7話 棚町 薫 前編 スケッチ 待田堂子 イシグロキョウヘイ 菅井翔、水上ろんど 猪股雅美 2月16日 フクダーダ
第8話 後編 ミチヅレ 別所誠人 高島大輔 加藤里香、片岡育
森前和也
2月23日 小梅けいと
第9話 中多 紗江 前編 ウタガイ 島津裕行 守田芸成 明珍宇作、辻智子 立川聖治 3月1日 オトウフ
第10話 後編 オネガイ 荒井省吾 可児里未、池田広明 3月8日 すめらぎ琥珀(前提供)
渡会けいじ(後提供)
第11話 森島 はるか 前編 セクシー 木村暢 今泉賢一 小泉初栄、今泉賢一 猪股雅美 3月15日 月野定規
第12話 後編 タビダチ 小林智樹 新井伸浩 3月22日 東雲太郎
第13話 橘 美也 オンセン 島津裕行 仁昌寺義人 山野雅明 立川聖治 3月29日 ノブヨシ侍

※各放送の日付および曜日は、午前0時以降の深夜番組も引き続き前日分扱いとする番組表上でのものであり、実際のカレンダー上ではその翌日となる。

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
第1期
関東広域圏 TBSテレビ 2010年7月1日 - 12月23日 木曜 25:25 - 25:55 TBS系列 製作局
中京広域圏 中部日本放送 2010年7月8日 - 2011年1月6日 木曜 26:00 - 26:30 あにせん
近畿広域圏 毎日放送 2010年7月15日 - 9月30日
2010年10月7日 - 2011年1月6日
木曜 25:50 - 26:20
木曜 25:55 - 26:25
毎日放送木曜深夜アニメ枠第2部
日本全域 BS-TBS 2010年7月24日 - 2011年1月15日 土曜 24:30 - 25:00 TBS系列
BSデジタル放送
TBSチャンネル 2011年4月16日 - 10月15日 土曜 26:30 - 27:00ほか CS放送 リピート放送あり
第2期
関東広域圏 TBSテレビ 2012年1月5日 - 3月29日 木曜 25:55 - 26:25 TBS系列 製作局
兵庫県 サンテレビ 2012年1月15日 - 4月8日 日曜 24:30 - 25:00 独立局
中京広域圏 中部日本放送 2012年1月19日 - 4月12日 木曜 26:30 - 27:00 TBS系列
日本全域 BS-TBS 2012年2月4日 - 4月28日 土曜 25:30 - 26:00 TBS系列
BSデジタル放送
TBSチャンネル 2012年6月12日 - 6月26日 月曜 - 木曜 27:00 - 28:00 CS放送 2話連続放送
6月20日25日は休止

関連商品[編集]

CD[編集]

販売元は全てポニーキャニオン。

オープニングテーマ
タイトル 商品コード 発売日
第1期
「i Love」 azusa PCCG-01100 2010年7月21日
「君のままで」 PCCG-01112 2010年10月20日
第2期
「Check my soul」 azusa PCCG-01229 2012年2月1日
エンディングテーマ
第1期分においては、いずれもカップリングとなるキャラクターソング各1曲が同時収録されており、七咲逢編と桜井梨穂子編では、それぞれ挿入歌として使用された。また、メインヒロイン6人分は、通常盤と特別盤の2種類の仕様にて発売。特別盤は2枚組で、下記サウンドトラック未収録分を中心とした劇中BGM各2曲と、ヒロインのモノローグも更に収録されている。
タイトル 商品コード【通常盤】 商品コード【特別盤】 発売日
第1期
「キミの瞳に恋してる」 森島はるか(cv:伊藤静) PCCG-70091 PCCG-01091 2010年7月21日
「きっと明日は…」 棚町薫(cv:佐藤利奈) PCCG-70092 PCCG-01092 2010年8月18日
「あなたしか見えない」 中多紗江(cv:今野宏美) PCCG-70093 PCCG-01093 2010年9月15日
「恋はみずいろ」 七咲逢(cv:ゆかな) PCCG-70094 PCCG-01094 2010年10月20日
「恋はあせらず」 桜井梨穂子(cv:新谷良子) PCCG-70095 PCCG-01095 2010年11月17日
「嘆きの天使」 絢辻詞(cv:名塚佳織) PCCG-70096 PCCG-01096 2010年12月15日
「恋のゆくえ」 上崎裡沙(cv:門脇舞以) PCCG-01138 - 2011年1月19日
「素敵なある日」 橘美也(cv:阿澄佳奈) PCCG-01139
第2期
「告白」 azusa PCCG-01230 2012年2月8日
アルバム
『always』は2枚組で、DISC.01がキャラクターソング集、DISC.02が新規BGMによるサウンドトラックという構成。こちらのキャラクターソングは、全てazusaが作詞を担当した。ケース内には差し替え用ジャケットにもなる、各ヒロインごとの歌詞カードが同梱されている。
なお、第2期における劇中BGMは、新規作曲分を交えつつ、第1期のものが引き続き使用されている。
タイトル 商品コード 発売日 収録曲内訳
第1期
TVアニメ「アマガミSS」 オリジナルサウンドトラック PCCG-01115 2010年12月1日 全33曲:上記エンディングテーマCD特別盤収録分の各BGMは未収録
TVアニメ「アマガミSS」 キャラクターイメージソングス For You… PCCG-01137 2010年12月15日 全8曲:合唱歌を含む、メインヒロイン6人と橘美也それぞれのキャラクターソング集
ENDING THEME COLLECTION PCCG-01213 2011年12月21日 全16曲:既発売である、上記エンディングテーマおよびカップリング各2曲の全員分を
1枚にまとめたもの
第2期
always vol.01 PCCG-01237 2012年2月22日 キャラクターソング3曲(絢辻詞、桜井梨穂子、七咲逢)、サウンドトラック7曲
always vol.02 PCCG-01238 2012年3月7日 キャラクターソング4曲(棚町薫、中多紗江、森島はるか、橘美也)、サウンドトラック7曲

Blu-ray / DVD[編集]

販売元はポニーキャニオン。各巻2話収録。第1期分のBDは初回限定生産。

第2期分には、3〜4分程の新作映像特典として「エクストラ・エピソード+ plus」が収録。また、放送時の提供クレジットに用いられた各イラストが映像収録とは別に、それぞれ個別のイラストカードとして同梱されている。

巻数 収録編 区分 商品コード【BD】 商品コード【DVD】 発売日
第1期
アマガミSS 1 森島はるか編 上巻 PCXE-50061 PCBE-53711 2010年10月20日
アマガミSS 2 下巻 PCXE-50062 PCBE-53712 2010年11月17日
アマガミSS 3 棚町薫編 上巻 PCXE-50063 PCBE-53713
アマガミSS 4 下巻 PCXE-50064 PCBE-53714 2010年12月15日
アマガミSS 5 中多紗江編 上巻 PCXE-50065 PCBE-53715
アマガミSS 6 下巻 PCXE-50066 PCBE-53716 2011年1月19日
アマガミSS 7 七咲逢編 上巻 PCXE-50067 PCBE-53717
アマガミSS 8 下巻 PCXE-50068 PCBE-53718 2011年2月16日
アマガミSS 9 桜井梨穂子編 上巻 PCXE-50069 PCBE-53719
アマガミSS 10 下巻 PCXE-50070 PCBE-53720 2011年3月16日
アマガミSS 11 絢辻詞編 上巻 PCXE-50071 PCBE-53721
アマガミSS 12 下巻 PCXE-50072 PCBE-53722 2011年4月29日
アマガミSS 13 上崎裡沙編&橘美也編 PCXE-50073 PCBE-53723
第2期
アマガミSS+ plus 1 絢辻詞編 PCXE-50161 PCBE-54031 2012年4月4日
アマガミSS+ plus 2 桜井梨穂子編 PCXE-50162 PCBE-54032 2012年5月2日
アマガミSS+ plus 3 七咲逢編 PCXE-50163 PCBE-54033 2012年6月6日
アマガミSS+ plus 4 棚町薫編 PCXE-50164 PCBE-54034 2012年7月4日
アマガミSS+ plus 5 中多紗江編 PCXE-50165 PCBE-54035 2012年8月1日
アマガミSS+ plus 6 森島はるか編 PCXE-50166 PCBE-54036 2012年9月5日
アマガミSS+ plus 7 橘美也編 PCXE-50167 PCBE-54037 2012年10月3日
新作ショートアニメーション集DVD
『アマガミSS』の第1巻から第6巻までと、第7巻から第12巻までの、それぞれの全巻購入者特典として、2点のDVDが製作された。前者が『はるか、薫、紗江サイド』、後者が『逢、梨穂子、詞サイド』と銘打たれており、入手は各ディスクケース封入の応募券による期間限定品。
主に本放送で用いられなかった原作エピソードを基にした内容で、各ヒロイン1人あたりの収録時間は5分前後。なお、BDは用意されていない。
ディスク 収録話 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督 備考
はるか、薫、紗江サイド 森島はるか編 平池芳正 唐戸光博 立川聖治 合田浩章 応募締切日:2011年4月30日[55]
発送開始日:2011年6月11日
棚町薫編 待田堂子 島津裕行
中多紗江編 高島大輔
逢、梨穂子、詞サイド 七咲逢編 木村暢 唐戸光博 応募締切日:2011年6月30日
発送開始日:2011年8月5日
桜井梨穂子編 待田堂子 山口暁生 合田浩章 -
絢辻詞編 木村暢 高島大輔 立川聖治 合田浩章
エクストラ・エピソード+ plus
『アマガミSS+ plus』各巻収録のショートエピソード。第7巻では、ピクチャードラマ『〜バレンタイン・フォー・ユー〜』を収録。
巻数 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督
1 絢辻詞編 木村暢 島津裕行 高島大輔 諸石美雪 立川聖治
2 桜井梨穂子編 小林智樹 猪股雅美
3 七咲逢編 島津裕行 仁昌寺義人 立川聖治 -
4 棚町薫編 小林智樹 諸石美雪 猪股雅美
5 中多紗江編 島津裕行 小林智樹 山野雅明
6 森島はるか編 小林智樹 猪股雅美 -

書籍[編集]

アマガミSS ビジュアルファンブック
エンターブレイン[1]刊、ISBN 978-4-04-727361-0、2011年6月10日発売。
分冊形式となっており、ヒロインブック6冊とエクストラブックの、計7冊がブックケースに収納されている。
エクストラブックを除く各表紙は、キャラクターデザイン担当・合田浩章の描き下ろしによるヒロインイラスト。ブックケース分はその集合。
『ヒロインブック』:ストーリーダイジェスト / キャラ設定 / エンディング絵コンテ / キャストコメント / ヒロインピンナップ(表紙と同一イラスト)
『エクストラブック』:版権イラスト集 / 上記、上崎裡沙編&橘美也編分紹介 / 主人公およびサブキャラ設定 / 美術設定 / 前後期 各オープニング絵コンテ/ スタッフインタビュー

食品[編集]

アマガミSS+ plus まんま肉まん
アマガミSS+ plus まんま肉まん
作中に登場する「まんま肉まん」をイメージしたタイアップ商品。第2期放送開始直後の2012年1月10日から同月30日まで、関東甲信越地区ローソンにて期間限定で販売された。同店で通常販売されている標準の肉まんに比べて甘めの味付けで、大きさは1.6倍[56]敷き紙も、それぞれハートマークに囲まれたメインヒロイン6人の顔イラストが印刷された専用仕様。店頭表示カロリー値は325kcal。


脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 現・KADOKAWAエンターブレインブランドカンパニー
  2. ^ a b 当初は1月27日と告知されていたが、その前週となる1月19日、“限定版における同梱物の一部不具合”を理由とした延期が公式サイト上にて発表された。
  3. ^ メディアクリエイトHP内「週間ソフト&ハード セルスルーランキング(2011年3月28日〜4月3日)」記事より。
  4. ^ a b エンターブレイン刊『週刊ファミ通』No.1206(2012年1月26日号)、11・13頁。
  5. ^ a b 現・KADOKAWAアスキー・メディアワークスブランドカンパニー
  6. ^ a b c 現・KADOKAWA角川書店ブランドカンパニー
  7. ^ 『アマガミ』FAQ『アマガミ』の動作に関するお詫びとお知らせ
  8. ^ 『アマガミ オフィシャルコンプリートガイド』掲載の開発者談話によると、『アマガミ』の時代設定は『キミキス』の7〜8年前と語られており、両作品のキャラクター間には本来、その分の年齢差が存在する。『アマガミ』ヒロイン達とは『キミキス』の川田知子が、『キミキス』ヒロイン達とは『アマガミ』の七咲郁夫が、それぞれ同世代に該当する。
    ぬくぬくまーじゃんストーリーモードおよび本編では、時代差も含めた、両作品の関連性が伺えるネタの数々が仕込まれている。
  9. ^ ゲームにおける期間満了日であるクリスマスイヴの40日前につき、11月14日という計算になる。
  10. ^ 文章の既読未読区分、行動マップで発生したイベント(新たなマス)、イベントにて選択肢として選んだ内容、会話モードで選択した内容(「外れ」を含む)。
  11. ^ 基本的にクリスマスイヴ当日でエンディングを迎えるが、状況次第でその翌日が発生する場合もある。
  12. ^ 本作に登場する制服のデザインは、私立札幌光星学園のものを踏襲したとされている。本作のキャラクター&ゲームデザインおよびグラフィックディレクターなどを担当した高山箕犀のブログ・高山箕犀「UDONDON」ブログより。
  13. ^ デフォルト名。苗字・名前、共に変更可能。
  14. ^ 誕生日も含め、公式データとして数値が提示されているわけではないが、留年などの過去もないので必然と導き出せる形になる。
  15. ^ a b 兄妹である主人公と美也との誕生の差が、わずか6ヶ月という計算になってしまっている。
  16. ^ 発売元のコミックス案内文やインターネットラジオ番組、公式イベントなどといった提供側媒体上でも「変態紳士」なる愛称が用いられるようになった。また、アニメ製作時において、「とにもかくにも(彼は)ただの『変態』でも『紳士』でもなく、『変態紳士』でなくてはいけない」との指示を監督および原作スタッフより強調された、と語る脚本担当・待田堂子の談話が、BD&DVD第12巻付属のブックレットに掲載されている。
  17. ^ a b c d e f g h i j k l 公式サイトのキャラクターページより。
  18. ^ a b c d e f g h 文章上では設定した主人公名が表示されるが、呼びかけの際には反映されない。例:「橘君」の部分は「あなた」と置き換えた音声が流れる。
  19. ^ 第三者に対して姉である縁のことを、「あの人」と他人行儀な呼び方をしている。
  20. ^ a b c 『アマガミ ぬくぬくまーじゃん』フリー対戦モードにおけるキャラクタープロフィールより。なお、こちらでは、前述の伊藤香苗の分だけが「梨穂子の友達」とされており、公式サイトおよび『アマガミ オフィシャルコンプリートガイド』との差異が生じている。
  21. ^ 作中にて、本人申告。
  22. ^ アニメ第1期4話のエンディングクレジットでは、“森島・L・はるか”と表記されている。ちなみに、兄弟の名は上から順に、「森島・ストロング・剛(つよし)」「森島・ジーニアス・智(さとし)」「森島・ジャスティス・正義(まさよし)」。
  23. ^ a b c d e f g h i j k l 『アマガミ オフィシャルコンプリートガイド』より。
  24. ^ 『アマガミ オフィシャルコンプリートガイド』初版第1刷にはB組と記載されているが、実際のゲーム上ではC組と自己紹介している。
  25. ^ a b ファンディスク『アマガミ ジャイアニズムスペシャル』より。なお、3年後も同サイズのまま。
  26. ^ この期日を過ぎてからフラグを立てれば、上崎の嫉妬は発生せず、通常通りにメインヒロインとのエンディングを迎えることが可能となっている。
  27. ^ エビコレ+版では、絢辻詞以外にも回避するための専用イベントが追加された。
  28. ^ デフォルトでは「橘」姓だが、主人公名入力時に苗字を変更した場合、そちらに準じる。
  29. ^ 妹から情報を貰う従来の方式と異なり、本作では、ヒロイン達との親密度は自室で確認表示されるようになった。
  30. ^ 後述の『アマガミ ちょっとおまけ劇場』にて、ある結末の続きが展開する追加シナリオが登場した。
  31. ^ a b 『アマガミ オフィシャルコンプリートガイド』掲載の開発者談話によると、両者は別人ではあるが、彼女らには明かせない裏設定が存在していると語られている。
  32. ^ 桜井梨穂子ナカヨシルートより。
  33. ^ シナリオによっては選択肢が存在せず、ゲーム要素は皆無に近い内容となっている。次項の『ジャイアニズムスペシャル』も同様で、選択肢は2箇所のみ。
  34. ^ 【第1回配信分】配信終了時間が当日18時だったことが、事前に販売サイト内で告知されていなかったため、再度、2011年7月2日0時から3日24時までの2日間のみ限定配信された。
    【第2回配信分】当初は2012年2月末までと告知されていたが、まずは3月末まで、更には6月末までと、二度に渡って期間延長となり、最終的に期限は撤廃された。
  35. ^ 設定のみ存在していた森島兄弟や、キミキスの栗生恵(くりゅう めぐみ / 小学生時)も、グラフィックおよび声なしの人物として登場。
  36. ^ 『キミキス -various heroines-』での功績からか、原作ゲーム内の市街地背景画において、「東雲」の名が書かれた看板が描かれている。
  37. ^ a b c 中多紗江、七咲逢、美也の3名を示す。
  38. ^ 『ヤングアニマル』および『ヤングアニマルあいらんど』での告知ページにおける表記より。単行本では“Extra Page”と表記。
  39. ^ 2010年10月1日の告知より、作者体調不良を理由として長期の休載状態が続いていたが、2011年4月29日に連載中止が発表された。
  40. ^ 2011年12月号に【森島はるか編スペシャルエピローグ】掲載。
  41. ^ 連載当時は【森島はるか編】と銘打たれて他ヒロイン編の予定も伺わせていたが、単行本1巻収録分掲載後に休載し、以後の動向についての案内がないまま現在へと至る。
  42. ^ 美也は純一同様に先生役として、塚原響は森島はるかの母親役として登場。
  43. ^ 相互の内容に連続性がある『ジョシコーセー イズ デッド』(P17)と『偏愛のコリーダ』(P21)の2本は、単行本においては、前者の1コマ目と後者の2コマ目以降とが合成された『ジョシコーセイ イズ デッド』(P57)として1本にまとめられている。
  44. ^ 棚町薫編での自転車二人乗り場面などが該当。
  45. ^ 顕著な例として、アニメオリジナルエピソードを多用した桜井梨穂子編が挙げられる。こちらでは、本来クライマックスとなるクリスマスイヴが第二章に位置され、その後に初詣やバレンタインデーを経て新学年を迎えるまでの様子が、第三章から最終章にて描かれている。また、同編では、実質的な主人公はヒロイン側という形が採られており、物語は終始、梨穂子の視点で進行する。
  46. ^ 一例:http://www1.ocn.ne.jp/~ichdskai/ 。作品舞台はあくまで架空の街「輝日東(きびと)」であり、現実の地理は反映されていない。作中には近郊施設として、東京都内に位置する『大江戸温泉物語』や『椿山荘』をモデルとした場所も登場している(共に中多紗江編。前者は第1期、後者は第2期。)。山並みの風景は作品独自のもので、銚子市自体は、丘陵が存在する程度の、平野部に位置する土地である。
    なお、大江戸温泉物語・お台場店の足湯内にあるフィッシュ・セラピーコーナー現地では、第1期の該当放送回を紹介したラミネートカードが掲示されている(2012年6月時点)。
  47. ^ Tの村びと. “「アマガミ」応援ツイッター”. 2011年5月22日00:02閲覧。
  48. ^ 絢辻詞編での浴室場面、七咲逢編での子守唄場面など。
  49. ^ 第1期では、オープニングクレジットによる総合表記なし。
  50. ^ 所属事務所プロフィールより。
  51. ^ 原作ゲーム版における、グラフィックおよび声なしキャラクター「食おば」に相当。
  52. ^ 原作ゲーム版における、同シチュエーションで子犬へと変化させられた森島はるかに相当。
  53. ^ a b c 原作ゲーム版における、グラフィックおよび声なしキャラクター「山崎」「田口」「磯前」の3人組に相当。第2期の3話予告では、やよい・ゆーこ・みゆきの3人も会話に参加した。
  54. ^ a b 子犬の名前。
  55. ^ 当初の2011年3月31日から締切延長している。
  56. ^ ゲーム広報担当者による公式ブログ『ちーさんのアマガミな日々。』2011年12月30日更新分より。

外部リンク[編集]

TBS 木曜25:25枠
前番組 番組名 次番組
アマガミSS
TBS 木曜25:55枠
アマガミSS+ plus