アマイモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アマイモンまたはアメイモン(Amaimon, Amaymon)は、『術士アブラメリンの聖なる魔術の書』などのグリモワールに登場する悪魔

概要[編集]

『アブラメリンの書』によれば、8人の下位王子(Eight Sub Princes)と総称される有力な悪魔の一人である。また、オリエンスパイモンアリトンと共に、四方を司る四大悪魔の一人とされるが、司る方角については北という説と東という説、南という説がある。

アレイスター・クロウリーの『777の書』によれば、四大元素の「地」の元素に対応する北の魔王とされる。

一方、『ゴエティア』では四方を司る四大悪魔はアマイモン、コルソン(Corson)、ジミマイ(Zimimay)、ゴアプ(Göap)とされ、アマイモンは東の魔王とされる。アマイモンの配下とされる東方の悪魔にはアスモデウスガープセーレなどがおり、アスモデウスがその首座だという。

マグレガー・メイザースは、『アブラメリンの書』への注釈で「アマイモン」の名がギリシア語の"maimao"の現在分詞"maimon"に由来するという説を唱えている。このmaimonに強調の接頭辞"a"を加えた"amaimon"は、「甚だしい狂暴さ、猛烈さ」を意味するのだという。

ただしギリシア語の"μαιμάω"は実際には「熱望する」という意味なので、"Ἀμαιμών"の名は「過剰な熱望を抱く者」「あまりにも貪欲な者」と解釈すべきだろう。

またメイザースは同じ注釈で、ラビ(ユダヤ教の聖職者)はアマイモンを堕天使マハザエルと同一視していたという。

参考文献[編集]

  • フレッド・ゲティングズ著 大瀧啓裕訳 『悪魔の事典』 青土社 1992年
  • マグレガー・メイザース編 松田アフラ/太宰尚訳 アレクサンドリア木星王監修 『アブラメリンの魔術』 魔女の家BOOKS <高等魔術・魔女術体系> 1990年
  • アレイスター・クロウリー編 松田アフラ訳 アレクサンドリア木星王監修 『ゲーティア・ソロモンの小さき鍵』 魔女の家BOOKS <高等魔術・魔女術体系> 1991年
  • アレイスター・クロウリー著 フランシス・キング監修 江口之隆訳 『777の書』 国書刊行会 <アレイスター・クロウリー著作集> 1992年