アポロ (クレーター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アポロ
(Apollo)
月面座標 南緯36度06分 西経151度48分 / 南緯36.1度 西経151.8度 / -36.1; -151.8座標: 南緯36度06分 西経151度48分 / 南緯36.1度 西経151.8度 / -36.1; -151.8
月面緯度 南緯 36.1 度
月面経度 西経 151.8 度
直径 538 km
深度 不明
月面余経度 日の出時点で161°
由来 アポロ計画

アポロ (Apollo) は、にある巨大な衝突クレーターであり、月の裏側の南半球に位置している。アポロの存在は、アポロの西にある巨大なオッペンハイマーでさえ小さく見える。アポロの北の周壁にはバリンジャーがあり、北の周壁を横切る状態で位置している。南東にはアンダーズがあり、その東にはクレイメノフがある。アポロの周壁は二重に存在し、内側の周壁の直径は外側の周壁の直径のおよそ半分である。双方の周壁は隕石の衝突によって激しく破壊されているために、周壁は複数の山脈によって構成された状態となっている。

アポロ内部にさまざまな大きさのクレーターが存在しており、その中でも特に大きいクレーターには名前が付けられている。ドライデンはアポロの西北西にあり、内側の周壁の外側に接触している。チャフィーは内側の周壁の南西部を横断する形で位置しており、その大きさはドライデンと同程度である。アポロの南東部にはボーマンがある。内側の周壁の内部にはレズニクマコーリフオニヅカジャーヴァスマクネアが存在している。スミスは内側の周壁北部を横断する形で存在している。アポロ内部の表面は溶岩に覆われており、周囲に比べて太陽の光を反射する割合が小さい。

外部リンク[編集]