アポカリプト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アポカリプト
Apocalypto
監督 メル・ギブソン
脚本 メル・ギブソン
ファルハド・サフィニア
製作 ブルース・デイヴィ
メル・ギブソン
製作総指揮 ネッド・ダウド
ヴィッキー・クリスチアンソン
音楽 ジェームズ・ホーナー
撮影 ディーン・セムラー
編集 ジョン・ライト
ケヴィン・スティット
配給 アメリカ合衆国の旗 ブエナ・ビスタ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年12月8日
日本の旗 2007年6月9日
上映時間 139分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 マヤ語
製作費 $40,000,000[1]
興行収入 $50,866,635[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$120,654,337[1] 世界の旗
テンプレートを表示

アポカリプト』(原題: Apocalypto)は、2006年アメリカ映画。監督はメル・ギブソンR-15指定作品。

概要[編集]

スペイン人侵略直前のユカタン半島を舞台に、生贄にされそうになった捕虜の脱走と生き残りを掛けた逃走を描く。全編通じて、マヤ語を使った映画となっている。

宣伝の際には「マヤ文明の衰退を描く作品」として宣伝されていたが、マヤ文明自体の衰退は描かれておらず、作品は終始逃走活劇である。

米国では、激しい暴力シーンが続くことからR指定作品となった。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジャガー ルディ・ヤングブラッド 高橋広樹
セブン ダリア・エルナンデス 甲斐田裕子
ミドル・アイ ヘラルド・タラセーナ 東地宏樹
ゼロ・ウルフ ラオウル・トルヒーヨ 飯塚昭三
女性・若い マイラ・セリヴルオ
ブランテッド ジョナサン・ブリュワー
フリント・スカイ モリス・バードイエローヘッド

評価[編集]

非英語作品、出演俳優は無名揃い、レイティングがR指定、そして公開前に監督のメル・ギブソンの逮捕とユダヤ人蔑視発言などの騒動も起こったが、それにも関わらず全米で、公開初週の週末(2006年12月8日 - 10日)の興行収入は初登場1位を記録した。前述した監督の不祥事事件がプラスになったのではとも言われている(事件についてはメディアによって連日報道されていた)。しかし、スタートの週末に稼ぎ出した興行収入(約1500万ドル)は監督の前作『パッション』と比べると、低調である。

映画評論家の町山智浩は「この作品のストーリー構成や演出は、コーネル・ワイルド監督が66年に発表した映画『裸のジャングル』(原題: The naked prey)の影響が顕著であり、重要なシーンは完全に盗作と言ってよいほど似通っている」と評論している[2]

受賞・ノミネート[編集]

第79回アカデミー賞
第64回ゴールデングローブ賞
第60回英国アカデミー賞
  • ノミネート:外国語映画賞
第12回放送映画批評家協会賞
  • ノミネート:外国語映画賞

脚注[編集]

  1. ^ a b c Apocalypto (2006)”. Box Office Mojo. 2009年11月20日閲覧。
  2. ^ EnterJam 町山智浩のアメリカ映画特電 第58回(町山智浩のアメリカ映画特電の公式サイト、iTunesより試聴可能)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]