アベンジャーシステム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M1097 アベンジャー
アベンジャー
基礎データ
全長 4.95m(16ft3in)
全幅 2.49m(7ft2in)
全高 2.64m(8ft8in)
重量 4,300 kg (9,500 lb)
乗員数 2名(基本)
3名(STC)
装甲・武装
主武装 FIM-92スティンガー×8発
副武装 M3P 12.7mm重機関銃×1丁
機動力
速度 89km/h(55mph)
エンジン デトロイトディーゼル
V型8気筒液冷ディーゼル
135hp(101kW)
行動距離 443km(275miles)
テンプレートを表示

AN/TWQ-1 アベンジャー防空システム(AN/TWQ-1 Avenger Air Defense System)は、アメリカ近距離防空ミサイル・システム。軽車両からスティンガー携帯式地対空ミサイルを発射できるようにしたもので、従来の自走式対空ミサイルより軽便で機動性に優れている。

概要[編集]

ミサイル発射直後

アメリカ陸軍海兵隊の近距離防空用地対空ミサイルシステムとして開発・配備された。主契約社は、ボーイング社。

M998 ハンヴィー系列の荷台に搭載されて運用されているため、対空ミサイル車両それ自体と誤解されることが多いが、システムとしては独立しており、単独あるいは他の車種での運用も可能なシステムとして設計されている。4輪駆動車に搭載したことで機動性に優れたシステムとなっている。

ハンヴィー搭載時の運用人員は2名。スティンガー地対空ミサイル4連装ポッド2基に加え、右側のポッドの下部にFN M3P 12.7mm重機関銃を装備している。短射程ではあるが撃ち放し式ミサイルを使用するため、即応性に優れたシステムとなっている。車体内から操作出来るだけでなく、車体から離れた場所から遠隔操作することも可能。

類似したシステムとしてホワイトハウス対空防衛装置がある。日本高機動車91式携帯地対空誘導弾を8基搭載した93式近距離地対空誘導弾を開発し配備している。

登場作品[編集]

映画
ゲーム
プレイヤー、AIが操作可能。

外部リンク[編集]