アベル・ボナール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アベル・ボナール

アベル・ボナール(Abel Bonnard、1883年12月19日 - 1968年5月31日)は、フランスの詩人、随筆家、政治家。

ポワティエに生まれ、パリリセ・ルイ・ル・グランで文学を学び、1906年の『親しき人々』など3冊の詩集で華々しく文壇にデビューした。1924年に紀行『シナにて』でアカデミーの文学大賞を受賞したが、右翼文学者の団体アクシオン・フランセーズに属し、シャルル・モーラスと親交を結んでファシズムに傾斜する。1932年にアカデミー・フランセーズ会員となる。1940年のナチス・ドイツによるパリ陥落後、ヴィシー政権で1942年から1944年まで文部大臣を務め、戦後にスペインへ亡命した。1960年に帰国したが、1945年から10年間の国外追放という名目的な刑を宣告され、再度スペインへ移住した。

日本では『友情論』(1928年)の著者として知られる。

日本語訳書[編集]

  • 友情論 (大塚幸男、矢野常有共訳 白水社 1940年)
    • のち大塚の単独訳で白水社、中公文庫
  • 友情論 (青柳瑞穂訳 筑摩叢書 1966年)
  • 友情論・恋愛論 (山口年臣訳 旺文社文庫 1968年)
  • 聖性の詩人フランチェスコ (大塚幸男訳 白水社 1976年)