アベル・ドゥコー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アベル・ドゥコー
Abel Decaux
AMDecaux01.jpg
基本情報
出生 1869年2月11日
フランスの旗 フランスAuffay
死没 1943年3月19日(満74歳没)
職業 作曲家オルガニスト

アベル・ドゥコーAbel Decaux 1869年2月11日 - 1943年3月19日)はフランスオルガニスト作曲家

ドゥコーはシャルル=マリー・ヴィドールアレクサンドル・ギルマンにオルガンを、ジュール・マスネに作曲を師事した[1]1900年前後の25年間にわたり、彼はパリサクレ・クール寺院のオルガニストを務めた。1923年にはアメリカに移り、ロチェスターイーストマン音楽学校オルガンの指導を行った[1]1935年にフランスに帰国した彼は、パリのフランク音楽学校[2]とグレゴリアン大学でオルガンを教えた。

ドゥコーの最も知られている作品(また本人が唯一出版した作品でもある)は「月の光 Clairs de lune」である。4つのピアノ曲で構成されており、1900年から1907年にかけて書かれ、1913年に出版された[1]。この曲は当時としては非常に先進的であり、クロード・ドビュッシーアルノルト・シェーンベルクの一部作品を予感させるものである。

「月の光」は1981年トルコのメラル・ギュネイマン(Meral Güneyman)がブリッジヴェーベルンの作品とのカップリングで録音。1996年にアメリカのピアニストであるフレデリック・チウハルモニア・ムンディラヴェルの「」、シェーンベルクの「3つのピアノ曲」とのカップリングで録音。また2006年にはカナダのピアニスト、マルカンドレ・アムランハイペリオンデュカスの「ピアノソナタ」との併録で録音した。

出典[編集]

  1. ^ a b c Hyperion Records (Abel Decaux)
  2. ^ 訳注:パリの音楽学校。1935年スコラ・カントルムの教員が、ヴァンサン・ダンディとの対立により独立して設立。(École César Franck

外部リンク[編集]