アベビル郡 (サウスカロライナ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サウスカロライナ州アベビル郡
アベビル郡の位置を示したサウスカロライナ州の地図
郡のサウスカロライナ州内の位置
サウスカロライナ州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1785年
郡庁所在地 アベビル
最大の都市 アベビル
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

1,323 km2 (511 mi2)
1,316 km2 (508 mi2)
8 km2 (3 mi2), 0.59%
人口
 - (2010年)
 - 密度

25,417人
19.3人/km2 (50人/mi2)
標準時 東部: UTC-5/-4
ウェブサイト www.abbevillecountysc.com

アベビル郡: Abbeville County)は、アメリカ合衆国サウスカロライナ州の西部に位置するである。2010年国勢調査での人口は25,417人であり、2000年の26,167人から2.9%減少した[1]郡庁所在地アベビル市(人口5,237人[2])であり、同郡で人口最大の都市でもある。アルファベット順では国内で最初に来る郡である。

歴史[編集]

アベビル郡と郡庁所在地のアベビル市はフランスアブヴィルの町から名前が採られた[3]。領域はナインティシックス地区に入っていたが、1785年にアベビル郡と指定され、後にグリーンウッド郡マコーミック郡を作るために削られた[3]。郡内には18世紀半ばにスコットランド・アイルランド系やフランスのユグノーの農民が多く入ってきた[3]

郡政府[編集]

アベビル郡は7人の委員による郡政委員会が統治している。委員は小選挙区から選ばれている[4]

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は511平方マイル (1,323.5 km2)であり、このうち陸地508平方マイル (1,315.7 km2)、水域は3平方マイル (7.8 km2)で水域率は0.59%である[5]

主要高規格道路[編集]

  • South Carolina 20.svg サウスカロライナ州道20号線
  • South Carolina 28.svg サウスカロライナ州道28号線
  • South Carolina 72.svg サウスカロライナ州道72号線
  • US 178.svg アメリカ国道178号線
  • South Carolina 81.svg サウスカロライナ州道81号線
  • South Carolina 184.svg サウスカロライナ州道184号線
  • South Carolina 185.svg サウスカロライナ州道185号線
  • South Carolina 284.svg サウスカロライナ州道284号線

隣接する郡[編集]

国立保護地域[編集]

  • サムター国立の森(部分)

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口
1790 9,197
1800 13,553 47.4%
1810 21,156 56.1%
1820 23,167 9.5%
1830 28,149 21.5%
1840 29,351 4.3%
1850 32,318 10.1%
1860 32,385 0.2%
1870 31,129 −3.9%
1880 40,815 31.1%
1890 46,854 14.8%
1900 33,400 −28.7%
1910 34,804 4.2%
1920 27,139 −22.0%
1930 23,323 −14.1%
1940 22,931 −1.7%
1950 22,456 −2.1%
1960 21,417 −4.6%
1970 21,112 −1.4%
1980 22,627 7.2%
1990 23,862 5.5%
2000 26,167 9.7%
2010 25,417 −2.9%
U.S. Decennial Census

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。( )内は2010年データ。

基礎データ

  • 人口: 26,167人 (25,417人)
  • 世帯数: 10,131 世帯
  • 家族数: 7,284 家族
  • 人口密度: 20人/km2(52人/mi2
  • 住居数: 11,656軒
  • 住居密度: 9軒/km2(23軒/mi2

人種別人口構成

先祖による構成

  • アメリカ人:22.1%
  • アイルランド系:9.7%
  • イギリス系:6.7%
  • ドイツ系:5.5%
  • スコットランド・アイルランド系:5.3%

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 25.3%
  • 18-24歳: 9.5%
  • 25-44歳: 26.7%
  • 45-64歳: 23.8%
  • 65歳以上: 14.7%
  • 年齢の中央値: 37歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 92.1
    • 18歳以上: 88.0

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 31.7%
  • 結婚・同居している夫婦: 52.2%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 15.3%
  • 非家族世帯: 28.1%
  • 単身世帯: 25.3%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 11.3%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.51人
    • 家族: 3.00人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 32,635米ドル
    • 家族: 38,847米ドル
    • 性別
      • 男性: 30,452米ドル
      • 女性: 21,045米ドル
  • 人口1人あたり収入: 15,370米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 13.7%
    • 対家族数: 10.1%
    • 18歳未満: 17.2%
    • 65歳以上: 16.9%

都市と町[編集]

法人化自治体[編集]

  • アベビル - 郡庁所在地
  • カルフーンフォールズ
  • ドナルズ
  • デューウェスト
  • ホニーパス)一部はアンダーソン郡内)
  • ラウンズビル
  • ウェアショールズ(一部はグリーンウッド郡とローレンス郡内)

未編入の町[編集]

  • アントレビル
  • レイクセセッション

教育[編集]

公共教育学区[編集]

郡内の公立学校は全てアベビル教育学区に入っている[6]。アベビル郡成人教育学校、教育訓練センターの他、高校2校、中学校1校、小学校5校がある。他にカルフーンフォールズ・チャータースクールがある。

高等教育機関[編集]

  • アースキン・カレッジ、4年制キリスト教系教養系カレッジ、学生数575人、デューウェスト
  • ピードモント工科カレッジ、アベビル市

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - Abbeville County - accessed 2011-12-06.
  2. ^ Quickfacts.census.gov - Abbeville, South Carolina - accessed 2011-12-06.
  3. ^ a b c d e Mary Morgan (2007年3月19日). “Abbeville County”. 2007年8月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年10月15日閲覧。
  4. ^ County Council”. 2011年11月10日閲覧。
  5. ^ Census 2010 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年11月5日閲覧。
  6. ^ Abbeville County School District Listing”. 2011年11月10日閲覧。
  7. ^ Who Was Who in America, Historical Volume, 1607-1896. Chicago: Marquis Who's Who. (1963). 

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度14分 西経82度27分 / 北緯34.23度 西経82.45度 / 34.23; -82.45