アプリシアトキシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アプリシアトキシン
識別情報
CAS登録番号 52659-57-1
PubChem 40465
ChemSpider 10282349
日化辞番号 J9.970H
特性
化学式 C32H47BrO10
モル質量 671.61 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

アプリシアトキシン(aplysiatoxin)は、シアノトキシンシアノバクテリア毒素)の一種である。リングビア属 (Lyngbya)、ユレモ属 (Oscillatoria)、スキゾスリックス属 (Schizothrix) のシアノバクテリアから発見されている[1]。シアノバクテリアを餌とするヒメミドリアメフラシ (Stylocheilus longicauda) から1974年に単離・構造決定された[2]。化合物名はアメフラシを表わすAplysiaとtoxin(毒素)に由来する。

1987年に全合成された[3]

類縁体[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Gordon W. Gribble (1999). “The diversity of naturally occurring organobromine compounds”. Chem. Soc. Rev. 28: 335–346. doi:10.1039/a900201d. 
  2. ^ Kato Y, Scheuer PJ (1974). “Aplysiatoxin and debromoaplysiatoxin, constituents of the marine mollusk Stylocheilus longicauda (Quoy and Gaimard, 1824)”. J. Am. Chem. Soc. 96 (7): 2245-2246. PMID 4833645. 
  3. ^ Park, P. U.; Broka, C. A.; Johnson, B. F.; Kishi, Y. (1987). “Total synthesis of debromoaplysiatoxin and aplysiatoxin”. J. Am. Chem. Soc. 109 (20): 6205–6207. doi:10.1021/ja00254a062. 

関連項目[編集]