アプリケーション・ライフサイクル・マネジメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アプリケーション・ライフサイクル・マネジメント(ALM)とは、ソフトウェア開発保守を各アプリケーションのライフサイクルにわたって継続的にプロセス管理をする考え方である。ALMは、業務管理とソフトウェア開発の融合により、要件管理設計実装検証バグトラッキング、リリース管理を、ツールを使用してそれらの促進と統一化を実現することである。

効果[編集]

アプリケーション・ライフサイクル・マネージメントの提唱者たちにより、これらのことが言われている。

  • 開発のベストプラクティスを開発のチーム間で共有することで作業効率が上がり、その時の業務用件に開発者が集中することができる
  • 品質が向上し、最終的にユーザーの期待に合致するアプリケーション開発ができる
  • コラボレーションの壁が無くなりスムーズに情報が流れる
  • シンプルなシステム開発を推進する
  • アプリケーションと設計の同期をすることで維持管理の時間を削減する
  • スキルとプロセス、技術の向上のための投資を最大化できる
  • 状況に合わせるための時間を削減し、変化するビジネス戦略に合致するための柔軟性が向上する

デメリット[編集]

アプリケーション・ライフサイクル・マネージメントの反論者たちにより、これらのことが言われている。

ALMツールの分類[編集]

統合開発環境(IDE)が発展し続けているように、ツールメーカーは製品群をさらに統合している。IDEは、純粋なコーディングを超えて、アーキテクチャや開発、管理面、ALM全体までの方法を提供している。共通のユーザーインターフェイスやメタモデル、プロセスエンジンがこれらの製品群を証明するものであり、またUMLのような標準的なアーキテクチャーや技術を使用してALMのチームメンバーが情報共有することができる。

品質