アブロ 720

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アブロ 720(Avro 720)はイギリスアブロで開発されていた戦闘機1956年に開発中止となり、飛行試験は行っていない。

1950年代に入り、イギリス空軍は高性能の迎撃機を求めていた。当時のジェットエンジンは非力な面があり、十分な高空・高速性能を得るためにロケット動力機に関心が向けられていた。イギリス空軍は1952年に作戦要求301(OR.301)を出し、ロケット動力も有する迎撃機の開発を求めた。これによりアブロ 720とサンダース・ロー SR.53の2機種の開発が開始されることとなった。

アブロ 720はジェットエンジンロケットエンジン混合動力機であり、デルタ翼を有していた。ロケットエンジンは胴体上部を占め、ノズルは機体末尾にある。液体燃料ロケットエンジンであり、酸化剤液体酸素燃料ケロシンを用いるものであった。ターボジェットエンジンは機体下部にあり、インテイクも機首下部に持つ。エンジンを胴体内に上下に装備しているため、胴体は縦長の断面であった。垂直尾翼も三角の形状であった。武装は空対空ミサイル2発が搭載予定となっていた。

サンダース・ロー SR.53は開発が継続されたものの、アブロ 720は1956年にモックアップ段階で開発中止となった。

参考文献[編集]

  • 大戦後のアメリカ・イギリス軍試作・計画機(3) イギリスその他の国々 デルタ出版 2001年9月発行