アブロ ヨーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アブロ ヨーク Mk.1

アブロ ヨーク(Avro York)とは、イギリス第二次世界大戦中に使用していた4発輸送機である。アブロ マンチェスター爆撃機を原型にしてつくられた。

開発はアブロ タイプ685として、1941年から開始されている。初飛行日は1942年7月5日の事であり、多くは軍用輸送機として引き渡された。戦争後期になると旅客機として1944年BOACへ3機が引き渡された。また試作機のうちの1機が、イギリスの当時の首相であったウィンストン・チャーチルが使用する「Ascalon」という名が付けられ、1945年には連合国首脳とのヤルタ会議に出席するために使われた。また多くのVIP輸送にも使用された。

戦後旅客機として完成した18機はアルゼンチン航空南アフリカ航空、英国南アメリカ航空、英国・スカイウェイ航空に引き渡された。またベルリン封鎖ではスカイウェイ航空のヨークはベルリン市民の日用品輸送に活躍した。

各型[編集]

  • ヨーク I:民間輸送機型。
  • ヨーク C.I:イギリス空軍向け、軍用輸送機型。
  • ヨーク C.II:ブリストル ハーキュリーズエンジン搭載の試作機。

性能要目[編集]

関連項目[編集]