アブロ・カナダ CF-105

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

CF-105 アロー

地上展示されたCF-105のレプリカ

地上展示されたCF-105のレプリカ

アブロ・カナダ CF-105 アロー (Avro Canada CF-105 Arrow) は、1950年代アブロ・カナダ社オンタリオ州のマルトン(現:ミシサガ市)でカナダ空軍向けに開発を行っていた全天候要撃機(迎撃戦闘機)。アローが愛称。試作のみで採用はされなかった。

概要[編集]

冷戦期において、ソ連の超音速爆撃機を迎撃するために、従来のアブロ・カナダ CF-100 カナックの後継機として開発が行われた。エンジンの開発し直しや電子機器の開発遅延によって計画は大幅に遅れ、1958年3月に初飛行した。F-99 ボマークなどの地対空ミサイルの発達により、迎撃戦闘機の必要性を疑問視する声が生じ、本家アブロのあるイギリスでもその必要性が問われていた。開発費の高騰もあって(1機あたりの価格は当時の日本円に換算して34億円以上だった)、政権交代により1959年2月に計画は中止され、5機の試作機は廃棄された。

大型のデルタ翼の戦闘機で、開発当時は世界最強の戦闘機とも評された。当時最新鋭機であったアメリカのF-106 デルタダートをしのぐマッハ2.3以上の速度が大きな注目を集めていた。J75エンジンは当時の西側の航空機用ジェットエンジンとしては最大級の出力を誇り、戦闘機でそれを2発装備した例は開発国のアメリカですら無かった。合計出力は後のF-15戦闘機すらしのぐものであり、機体全長は24m、重量は31tを超える大型機であった。

スペック[編集]

諸元[編集]

  • 乗員:2名
  • 全長:24.64 m
  • 全幅:15.242 m
  • 全高:6.47 m
  • エンジン:P&W J75 ターボジェット ×2基
  • 推力:12,500 lbf (55.6 kN) ×2(ドライ出力)/23,500 lbf (104.53 kN) ×2(アフターバーナー使用時)
  • 総重量:31,077 kg
  • 最大離陸重量:31,077 kg

性能[編集]

  • 最大速度:マッハ 2.3以上 (2,444 km/h)
  • 戦闘行動半径:740 km

武装[編集]

参考文献[編集]

主題として扱った作品[編集]

  • カナダ・アメリカ映画『アロー』(1996年):本機の開発話を元に製作。アローは全てスクラップとされ現存するものは1機も無いが、この映画では1機だけがスクラップを免れて保管された設定となっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]