アブレシブ摩耗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アブレシブ摩耗(アブレシブまもう:Abrasive wear)とは、摩耗形態の一つで、摩擦面間に介在する異物により、その表面が削り取られる摩耗現象のこと。輝面摩耗引っかき摩耗ざらつき摩耗凹凸摩耗研削材摩耗ともいう。

摩擦する二面の硬さの差が大きく、硬い方の表面に粗い突起が存在する場合や、摩擦面間に硬い固形異物が介在した場合に生じる。前者を二元アブレシブ摩耗、後者を三元アブレシブ摩耗という。

C重油などの低質燃料には分が多く含まれており、三元アブレシブ摩耗の原因となりやすい。

関連項目[編集]