アブラハヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アブラハヤ
Phoxinus lagowskii steindachneri1.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
上目 : 骨鰾上目 Ostariophysi
: コイ目 Cypriniformes
: コイ科 Cyprinidae
亜科 : ウグイ亜科 Leuciscinae
: アブラハヤ属 Rhynchocypris
: アムールミノー R. lagowskii
亜種 : アブラハヤ R. l. steindachneri
学名
Rhynchocypris logowskii steindachneri
Sauvage, 1883
和名
アブラハヤ
英名
Amur Minnow

アブラハヤ(油鮠、Rhynchocypris logowskii steindachneri)はコイ目コイ科に属する淡水魚。鱗が小さく、体表のぬめりが強いことからアブラの名がある。

地方名:ヤマガオ、ムギクソ、ドロクソ、クソッパヨ

生態[編集]

山地の湖沼河川の中上流域の淵や淀みに生息する。低水温を好み、雑食性で底生生物や流下物、付着藻類などを食べる。産卵期は4月から7月であり、淵や平瀬の砂礫底に多くの個体が集まり集団産卵する。幼魚は浅く流れのゆるやかな所で群れて生活し、成長すると淵や淀みに移動する。

分布[編集]

日本国内の本来の分布域は、日本海側では青森県から福井県にかけて、太平洋側では青森県から岡山県の本州の河川、山地の湖沼。

日本国外では、朝鮮半島の日本海側、沿海州、中国東北部の河川。

人為放流と交雑[編集]

1970年代後半には北海道での生息が報告されている[1]が、琵琶湖産コアユの稚魚放流に伴い移入された個体と考えられ、2000年代には道南の安野呂川(厚沢部川水系)に定着したことが北海道大学大学の研究グループにより報告された[2]

2001年から2003年にかけて横浜市鶴見川水系、大岡川水系、境川水系で行われた調査によれば、本来は調査を行った水系に生息しないタカハヤが見つかったほか、タカハヤとの交雑を示すDNAを持つ個体が捕獲されているが、タカハヤとの交雑が一代雑種なのか戻し交配を経た経代個体なのかは不明である[3]

形態[編集]

全長は15cmほどになる。体色は黄褐色で鱗が小さく、不明瞭な小黒斑が散在する。体側に黒色の縦帯があり、タカハヤと比べ明瞭である。また、尾びれのくぼみがタカハヤに比べて深い傾向がある。

近縁種[編集]

タカハヤ Rhynchocypris oxycephalus jouyi

利用[編集]

漁・釣り[編集]

一本釣りまたは、サビキ釣りで釣られる。餌は、サシ赤虫がよく使われる。小河川にも生息し子供でも容易に釣ることが出来る。泳がせ釣り用の活き餌として釣られることもある。

料理[編集]

成長した親魚では骨が太くて硬いが、小ぶりなものは骨も細くて柔らかく、多少の苦みがあるが丸ごと食べられる。内臓を取り除き天ぷらフライから揚げマリネ南蛮漬けなど、いろいろな料理にされる。

脚注[編集]

出典[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]