アブラハム・ロビンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アブラハム・ロビンソンAbraham Robinson, 1918年10月6日 - 1974年4月11日)はドイツのヴァルデンブルク(現在はポーランドヴァウブジフ)出身のユダヤ系数学者論理学者。専門は数理論理学モデル理論。1962年からイェール大学で、1967年からカリフォルニア大学ロサンゼルス校で教鞭を執った。

ライプニッツ流の無限小無限大を合理化した超準解析を考え出した。

アメリカ合衆国コネチカット州で死去。