アブラハム・ファン・ベイエレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アブラハム・ファン・ベイエレン
アブラハム・ファン・ベイエレン画
『Banquet still life』(1655-1665)
マウリッツハイス美術館
生誕 1620年頃
デン・ハーグ
死去 1690年
オーフェルスキー
テンプレートを表示

アブラハム・ファン・ベイエレン(Abraham van Beijeren[1], 1620年頃- 1690年)はオランダバロック期の画家。豪華な食卓図で知られている。

生涯[編集]

デン・ハーグ生まれ。父親はガラス職人であった。ベイエレンはデルフトアムステルダムアルクマールゴーダ等に住んだ。1640年代には主に海景を描いていたが、徐々に静物画に以降していった。1650年代、1660年代には特に銀器や中国製の磁器。ガラスや果物等を描くことに集中している。また、花の絵も残している。1678年にはロッテルダム郊外のオーフェルスキーに落ち着き、1690年にその地で亡くなった。

ギャラリー[編集]

参照[編集]

  1. ^ "Beyeren"と綴る場合もある

外部リンク[編集]