アブラハム・ゴットロープ・ウェルナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アブラハム・ゴットロープ・ウェルナー
人物情報
生誕 1749年9月25日
Flag of Prussia 1892-1918.svg プロイセン王国ヴェーラウ(Wehrau、現:ポーランドの旗 ポーランドOsiecznica
死没 1817年6月30日(満67歳没)
ドイツの旗 ドイツドレスデン
国籍 ドイツの旗 ドイツ
出身校 フライブルク大学
ライプツィヒ大学
学問
研究分野 地質学
主な業績 岩石の分類
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

アブラハム・ゴットロープ・ウェルナー(Abraham Gottlob Werner、1749年9月25日 - 1817年6月30日)は、ドイツ地質学者。主な業績は鉱物分類法の基礎を築いたことと、構造地質学の分野を開拓したことである。

概要[編集]

300年来鉄鋼業に関係してきた家に生まれる。父は鋳鉄工場の管理をしていたが、ウェルナーは幼い頃からその仕事を手伝い、父の鉱物標本に興味を抱いていた。

1769年フライブルク大学で鉱山技術を学び、1771年ライプツィヒ大学で鉱山法を学んだ。1774年の在学中に出した最初の論文「鉱物の外部の特徴について」が認められ、1775年[1]から1817年にかけて、ドイツのザクセン州の町マインにあるフライベルク鉱山大学の教授を勤める。彼は、鉱物のあらゆる経済的利用やその医学への応用、土の資源や富、それの人間文化への影響などについて講義し、学生たちを引きつけた[2]。歴史的な地質学の講義は、1779年から始めた。地球の歴史についての講義はヨーロッパでは最初のもので、ウェルナーの見方が学界の多くの人に受け入れられていた[3]

ウェルナーは鉱物分類は化学構成によるべきだということは認めながら、当時の分析に精密さを期待することはできなかったため、外部の特長による分類方法や地理的分布を研究した。彼は、これらの研究のことをゲオグノジー(geognosy:地球の知識の意)といった。鉱物学などに厳密な学術用語を取り入れたのも彼である。また、地表の堅い岩石火成岩起源のものであるという層序学に基づいた考えに対して、ウェルナーは岩石は全て海洋の底に堆積して出来たものであるとする水成岩起源説を主張した。

なお教育者としても優れていたとされ、ウェルナー学派といわれる一派ができた。レオポルド・フォン・ブーフアレクサンダー・フォン・フンボルトらは彼の弟子である。

脚注[編集]

  1. ^ 26歳の若さで
  2. ^ 大久保雅弘著『地球の歴史を読みとく -ライエル「地質学原理」抄訳-』古今書院 2005年 23ページ
  3. ^ ジャック・レプチェック著、平野和子訳『ジェイムズ・ハットン -地球の年齢を発見した科学者-』春秋社 2004年 165ページ

参考文献[編集]

関連項目[編集]