アブドルハキーム・アーメル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アブドルハキーム・アーメル

ムハンマド・アブドルハキーム・アーメルアラビア語: محمد عبد الحكيم عامر‎、Mohamed Abdel Hakim Amer、1919年12月11日 - 1967年9月14日)は、エジプトの軍人、政治家。 1948年第一次中東戦争に従軍、1952年には自由将校団に参加してエジプト革命を行なった。 アラブ連合共和国の第一副大統領、国防相、シリア地域の大統領代表を務めた。元帥