アブドゥルラザク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アブドゥルラザクアラビア語: عبد الرزاق ‎ ‘Abd al-Razzāq アブドゥッラッザーク)は、イスラム圏の男性名。ラザクと表記される名前や姓(とみなされる呼び名)は、「アブドゥル(‘Abd al-)」の部分を省略したものである。

概説[編集]

アラビア語で「奴隷、しもべ」を意味する「アブド」と、イスラーム教における唯一神であるアッラーフの異称「(日々の)糧(rizq)を与える者」を意味する「アル=ラッザーク(アッ=ラッザーク)」(al-Razzāq)を繋げたもの[1]。(アッラーフの99の美名を参照)で、「アブドゥッラッザーク」は「日々の糧を授けられる御方アッラーフのしもべ、帰依者」ほどの意味になる。「ラッザーク」は「アッラーフの99の美名」のうち、第1である「アッラーフ」に次ぐ第18位に数えられており、イスラームの聖典『クルアーン』の第51章「撒き散らす風(アッ・ザーリヤート)章」に「まことにアッラーこそは『糧を授けられる御方(al-Razzāq)』」(Q 51:58)と言及されていることに基づく。

人物[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 小杉泰「アッラー」『岩波 イスラーム辞典』 岩波書店、2002年、31頁