アブドゥルアズィーズ・カミロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アブドゥルアズィーズ・カミロフ
Abdulaziz Komilov
Abdulaziz kamilov.jpg
生年月日 1947年11月6日(67歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of Uzbek SSR.svg ウズベク・ソビエト社会主義共和国ヤンギユル

任期 2012年2月11日 -
元首 イスラム・カリモフ
任期 1994年2月25日 - 2003年3月14日[1]
元首 イスラム・カリモフ

任期 2008年2月11日 - 2012年2月11日
元首 イスラム・カリモフ
テンプレートを表示

アブドゥルアズィーズ・ハフィーザヴィチ・カミロフ (ウズベク語: Abdulaziz Xafizovich Komilovロシア語: Абдулазиз Хафизович Камилов, ラテン文字転写: Abdulaziz Khafizovich Komilov1947年11月16日 - ) はウズベキスタン政治家である。2013年現在外務大臣を務めている[2]。アブドゥルアズィズ・カミロフやアブドゥラジズ・カミロフとも表記される[3][4]

経歴[編集]

生い立ち[編集]

1947年11月16日にウズベク・ソビエト社会主義共和国タシュケント州ヤンギユルで生まれた。ソビエト連邦外務省外交アカデミー英語版を卒業し、1978年から1980年にかけてソビエト連邦科学アカデミーの東洋学研究部門の大学院生として歴史学を研究、博士号を取得した[2]

政治家としてのキャリア[編集]

カミロフは1973年から1976年までソビエト連邦レバノン大使のアタッシェ英語版として勤務した。1980年から1984年まで、ソビエト連邦シリア大使館の第二秘書として勤務し、1984年から1988年まではソビエト連邦外務省の中東部書記長を務めた。1988年から1991年までソビエト連邦科学アカデミー世界経済国際関係研究所の研究員として勤務した後、1991年から1992年までロシア連邦ウズベキスタン大使館参事官を務めた。1992年から1994年まで、ウズベキスタン国家保安庁の副長官に就任した。1994年、ウズベキスタン外務省の外務大臣に任命された[2]。同時に、1998年から2003年まで世界経済外交大学の学長を務めた。2003年3月14日まで外務大臣を務めた後、サディク・サファエフにその任を譲った[1]。これはウトキル・スルタノフ首相が辞任する数ヶ月前の出来事であった。彼はその後大統領国家補佐官に任命された。

その後2003年12月4日にワシントンD.C.に駐在する在アメリカ合衆国特命全権大使及び在カナダ大使に任命された[5]。2008年、加えて在ブラジル特命全権大使を兼務することとなった[2]。2010年より外務省の第一次官を務め[6]、2012年2月より外務大臣を務めている。

受賞[編集]

特命全権大使の資格を有する。カミロフはウズベキスタンの国家褒章である「Mekhnat Shukhrati」と「Uzbekiston belgisi」を受賞している。

アラビア語英語に堪能である。結婚しており息子を儲けている[2]

脚注[編集]

外部リンク[編集]