アブデルイラーフ・ベン・キーラーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アブデルイラーフ・ベン・キーラーン
عبد الإله بنكيران
Abdelilah Benkirane 2014-08-05.jpg
アブデルイラーフ・ベン・キーラーン(2014年8月)
生年月日 1954年4月8日(60歳)
出生地 モロッコの旗 フランス保護領モロッコラバト
出身校 ムハンマド5世大学アグダル校
所属政党 公正発展党

モロッコの旗 モロッコ王国首相
任期 2011年11月29日 -
元首 ムハンマド6世

任期 2008年7月20日 -
前任者 サアデディン・オスマニ

任期 1994年10月3日 - 2008年7月20日
前任者 サアデディン・オスマニ
テンプレートを表示

アブデルイラーフ・ベン・キーラーンアラビア語: عبد الإله بنكيران, ラテン文字転写: Abdelilah Benkirane1954年4月8日 - )は、モロッコ王国政治家。現在は同国首相、公正発展党党首[1][2][3]を務める。

経歴[編集]

ラバトの貧しい地区で生まれたが、もともと家族はやや内陸に入ったフェズの出身である。ベン・キーラーンが自身の模範としている父親はスーフィズムイスラム原理主義に関心があった。これは彼の母親がイスティクラル党の女性の会に参加していたことが影響している[4]

父親は彼が16歳の時に90歳で死去した。1970年代には左翼の政治活動家であった[5]。1997年11月14日よりサレ選出のモロッコ議会議員となり[6]、2008年7月にサアデディン・オスマニ英語版の後継として公正発展党党首に選出された[7]

2011年11月の総選挙において公正発展党を勝利に導き、11月29日にムハンマド6世から首相に任命[8]され、翌2012年1月3日に内閣が発足した[9]

ベン・キーラーンの政策は民主主義イスラム主義である。2011年のインタビューにおいて、「もし私が政府の一員となるならば、私は若い女性に対して、脚を覆い隠すためにスカートが何センチ必要か言うことができるが、そうはしない。それは私の仕事ではない。いかなる場合であれ、モロッコにおける市民の自由を脅かすことはできない」[10]と述べている。

家族・趣味[編集]

党の活動家と結婚し、6人の子供がいる。そのうち一番下の娘は四肢麻痺を患っている[11]チェスと音楽を好むが、下品な音楽は好きではないと言う。

脚注[編集]

  1. ^ Législatives 2011: Trois scénarios pour une victoire” (フランス語). L'économiste. 2012年1月5日閲覧。
  2. ^ Marocco: leader partito islamico, garantiremo le liberta' individuali”. Adnkronos. 2012年1月5日閲覧。
  3. ^ Fin des travaux sur la culture de la réforme au Maroc”. Le Matin. 2012年1月5日閲覧。
  4. ^ Abdelilah Benkirane, l’art de plaire et de convaincre” (フランス語). Maroc Hebdo (2011年). 2012年1月2日閲覧。
  5. ^ “Polygamy is not an option, says Morocco Islamist premier’s wife” (英語). アル=アラビーヤ. (2011年12月1日). http://english.alarabiya.net/articles/2011/12/01/180299.html 2012年1月5日閲覧。 
  6. ^ النواب حسب الترتيب الأبجدي – الولاية التشريعية 2007–2012”. Moroccan Parliament website-. 2012年1月5日閲覧。
  7. ^ Abdelilah Benkirane élu à la tête du PJD”. JDM Magazine. 2012年1月5日閲覧。
  8. ^ http://www.france24.com/fr/20111126-pjd-concertations-partis-politique-maroc-abdelilah-benkirane-suffrages-legislatives
  9. ^ モロッコで穏健イスラム政党主導の内閣発足”. YOMIURI ONLINE. 読売新聞 (2012年1月5日). 2012年1月5日閲覧。
  10. ^ Bellem, Rahim (2011年11月25日). “Benkiran : "Le Maroc a besoin d'une autre âme, islamiste"” (フランス語). ル・パリジャン. http://www.leparisien.fr/international/benkiran-le-maroc-a-besoin-d-une-autre-ame-islamiste-25-11-2011-1738359.php 2012年1月5日閲覧。 
  11. ^ “‘I do not force my daughters to wear the veil,’ says head of Morocco’s Islamist JDP head” (英語). アル=アラビーヤ. (2011年11月30日). http://english.alarabiya.net/articles/2011/11/30/180067.html 2012年1月5日閲覧。 
公職
先代:
アッバス・エル=ファッシ
モロッコの旗 モロッコ王国首相
2011年 -
次代:
(現職)
党職
先代:
サアデディン・オスマニ英語版
公正発展党党首
2008年 -
次代:
(現職)
先代:
サアデディン・オスマニ英語版
公正発展党書記長
2004年 - 2008年
次代:
アフメド・オベイディ
先代:
サアデディン・オスマニ英語版
モロッコ王国野党連合指導者
2008年 - 2011年
次代:
サラヘディン・メズーアル英語版