アブデルイラーフ・ベン・キーラーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アブデルイラーフ・ベン・キーラーン
Abdelilah Benkirane
عبد الإله بنكيران
Benkirane cr.jpg
生年月日 1954年4月4日(60歳)?
出生地 モロッコの旗 フランス保護領モロッコ、ラバト
所属政党 公正発展党

モロッコの旗 モロッコ王国首相
任期 2011年11月29日 -
元首 ムハンマド6世

モロッコの旗 モロッコ王国野党党首
任期 2008年7月20日 - 2011年11月29日

任期 2008年7月20日 - 1994年10月3日
テンプレートを表示

アブデルイラーフ・ベン・キーラーン(Abdelilah Benkirane、アラビア語: عبد الإله بنكيران‎、1954年4月4日? - )は、モロッコ王国政治家。現在、同国首相、公正発展党党首[1][2][3]。2011年11月の総選挙において公正発展党を勝利に導き、11月29日に首相に任命され[4]、2012年1月3日に内閣が任命された[5]

1970年代には左翼の政治活動家であった[6]。1997年11月14日よりサレ選出のモロッコ議会議員となり[7]、2008年7月にサアデディン・オスマニ英語版の後継として公正発展党党首に選出された[8]

ベン・キーラーンの政策は民主主義とイスラム教主義である。2011年のインタビューにおいては次のように述べている。「もし私が政府の一員となるならば、私は若い女性に対して、脚を覆い隠すためにスカートが何センチ必要か言うことができるが、そうはしない。それは私の仕事ではない。いかなる場合であれ、モロッコにおける市民の自由を脅かすことはできない」[9]

家族[編集]

ラバトの貧しい地区で生まれたが、ベン・キーラーンの家族はもともとやや内陸に入ったフェズの出身である。彼の父親はスーフィズム神秘主義)とイスラム原理主義に関心があった。これは彼の母親が、イスティクラル党の女性の会に参加していたことが影響している[10]

下品な音楽は好きではないと言いつつも、チェスと音楽を好む。彼は父親を模範としており、ベン・キーラーンが16歳の時に90歳で死去した。彼は党の活動家と結婚し、6人の子供がいる。そのうち一番若い娘は四肢麻痺を患っている[11]

参考文献[編集]

  1. ^ Législatives 2011: Trois scénarios pour une victoire” (フランス語). L'économiste. 2012年1月5日閲覧。
  2. ^ Marocco: leader partito islamico, garantiremo le liberta' individuali”. Adnkronos. 2012年1月5日閲覧。
  3. ^ Fin des travaux sur la culture de la réforme au Maroc”. Le Matin. 2012年1月5日閲覧。
  4. ^ http://www.france24.com/fr/20111126-pjd-concertations-partis-politique-maroc-abdelilah-benkirane-suffrages-legislatives
  5. ^ モロッコで穏健イスラム政党主導の内閣発足”. YOMIURI ONLINE. 読売新聞 (2012年1月5日). 2012年1月5日閲覧。
  6. ^ “Polygamy is not an option, says Morocco Islamist premier’s wife” (英語). アル=アラビーヤ. (2011年12月1日). http://english.alarabiya.net/articles/2011/12/01/180299.html 2012年1月5日閲覧。 
  7. ^ النواب حسب الترتيب الأبجدي – الولاية التشريعية 2007–2012”. Moroccan Parliament website-. 2012年1月5日閲覧。
  8. ^ Abdelilah Benkirane élu à la tête du PJD”. JDM Magazine. 2012年1月5日閲覧。
  9. ^ Bellem, Rahim (2011年11月25日). “Benkiran : "Le Maroc a besoin d'une autre âme, islamiste"” (フランス語). ル・パリジャン. http://www.leparisien.fr/international/benkiran-le-maroc-a-besoin-d-une-autre-ame-islamiste-25-11-2011-1738359.php 2012年1月5日閲覧。 
  10. ^ Abdelilah Benkirane, l’art de plaire et de convaincre” (フランス語). Maroc Hebdo (2011年). 2012年1月2日閲覧。
  11. ^ “‘I do not force my daughters to wear the veil,’ says head of Morocco’s Islamist JDP head” (英語). アル=アラビーヤ. (2011年11月30日). http://english.alarabiya.net/articles/2011/11/30/180067.html 2012年1月5日閲覧。 


公職
先代:
アッバス・エル=ファッシ
モロッコの旗 モロッコ王国首相
2011 -
次代:
(現職)
先代:
サアデディン・オスマニ英語版
モロッコの旗 モロッコ王国野党党首
2008 - 2011
次代:
サラヘディン・メズーアル英語版
党職
先代:
サアデディン・オスマニ英語版
公正発展党党首
2008 -
次代:
(現職)
先代:
サアデディン・オスマニ英語版
公正発展党書記長
2004 - 2008
次代:
アフメド・オベイディ