アブディエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アブディエル(Abdiel、ヘブライ語:עֲבְדִּיאֵל)とは、『歴代誌』に記されている人名。ジョン・ミルトンは『失楽園』において、天使の名として採用している。

天上界の戦争時にサタン配下の天使群の中で、神に反乱を起こす命令に唯一反し、それを拒絶した天使。 神の玉座を欲し、我が手中に入れるために、先ず自分の僕の天使たちに説得を図ったサタンは、神への忠実な奉仕と忠誠行為は屈辱的な従属であると述べ、従属状態である汝ら天使達こそが本来、支配をする側の存在であると説いた。

しかしながら、天使アブディエルは説教に反意を唱える。このときアブディエル自身は、サタンも神によって創造されたのだから、創造主である神よりその力は劣るに相違ないとも発した。

そして、「虚偽の父」ともいえるサタンの、文字通り虚偽の一つとされる、自分は被造物でないからその様な事は無い、といった(サタン)自身の反論意見に、結局アブディエルは耳を貸さなかった。後、サタンに唆され、騙され、大変な悪行、失墜に加担をさせられる天使群の側から身を外し、自ら飛び去っていった。

関連項目[編集]